新着商品一覧今すぐ見る
 ロードバイクのカーボン樹脂 大研究

カーボンロードバイクに使われている「カーボン」、イメージでは知っていても、なぜ軽量なのか、なぜ高価なのか、など知らないことが多すぎると思いませんか?ここでは、カーボンの世界を少し紐解いてみたいと思うのです。できるだけ学術的な説明は避けて、わかりやすく説明していきます。最後までご覧いただければうれしいです。

カーボンとは?カーボン樹脂とは?

① 材質

私達が「カーボン」と言う時、それは「カーボンファイバーを樹脂で固めたもの」 くらいの認識になるのではないでしょうか。実際、簡単に言えばその通りで、以下のステップを踏んでカーボンの素材は作られます。

1) 1000度の高温でアクリル繊維を焼き、炭化させた繊維をつくる

2) このきわめて細い繊維を織り込んで布状のカーボンクロスをつくる

3) カーボンクロスに樹脂を染み込ませ、プリプレグシートをつくる

TORAYから自転車メーカーであるICANに納入されるのはこの状態のものです。まだ柔軟性のある材質です。生地にはグレードがありますし、織り方にも平織、綾織といった違いがあります。ガラス繊維の5~25倍という高価なものです。

② 製法

ICANに届いたカーボン素材のプリプレグシートは、当社エンジニアの設計通りにコンピューター制御でカットされ、そこからは人の手で型に沿って貼付けられていきます。部位によって重ねる枚数も変えています。繊維の方向は強度に関わるので重要です。パイプ状の部位は、きれいな空洞部分を確保するため、内部に風船や成形材料を仕込みます。すべては綿密に計算されており、製品の品質にバラツキはほとんどありません。また、気泡の発生を極力抑える独自の技術も駆使しています。

このあと、いよいよオートクレーブという圧力釜で焼き上げるのです。出来上がったものは、完全に硬化していて、すでに製品の原型を見ることができます。このあと、研磨、穴あけ、塗装などの仕上げを経て、製品検査後、完成へと至ります。カーボンの完成品は、設計次第で剛性をある程度調整できます。しかし、剛性を上げすぎると引張強度が低くなります。それぞれの部材として最適な特性を見つけることも、エンジニアの腕の見せどころです。

なお、これらは、ドライカーボンという剛性が高く軽量な最高の方法ですが、他にウエットカーボンという、圧力釜を使わないで硬化樹脂を染み込ませ、自然乾燥させる方法もあります。自動車などにはよく使われる方法ですが、当社ではこの方法は採用していません。

③ 用途

カーボンファイバーは、自転車では主にフレーム、ホイールに使用されますが、細かく見れば、ハンドル、ステム、シートポスト、コンポーネントパーツなど様々な箇所に使われているのに気付くでしょう。

④ メリット

高強度・高剛性である  鋼の引張強度の7~9倍という高さです。

軽量である  同じ強度のアルミ材の2/3の軽さです。

設計自由度が高い  ファイバーの組合せにより自由に構造・強度を設計できます。

⑤ デメリット

コストが高い  製品化には大変な数の工程を経る必要があります。

紫外線に弱い 屋外では、変色、品質劣化の恐れがあります。

衝撃に弱い  想定外の箇所の衝撃・曲げに弱いです。

リサイクルが難しい  複合素材であるCFRPを回収する技術の開発はまだです。

導電性がある  絶縁性がないということで、メリットでもありデメリットでもあります。

 

カーボンロードバイクのフレーム

フレームはメインの三角部分とその他の部分を別体で作ります。出来るだけ小さなパーツの方が精度を高く作れますが、全体の剛性を考えると、大きく一体の方がよく、その最適解を計算しての結果です。研磨にかかる手間も相当なもので、この部分は人手に頼るしか方法がありません。各部の穴開けはコンピューター制御で機械が正確に行います。カーボンの塗装は、実は難しく、これにも特別な技術を要します。チェック工程も厳密に行います。

ICANのフレーム製造工程が動画でご覧になれます。

 

カーボンロードバイクのホイール

ホイールの製作は格別に神経を使うものです。製作の出来は完成後のチェックですべて顕わになります。とはいえ、材料のカッティングはコンピューター制御された機械が正確に行います。組付けは人手に頼らざるを得ませんが、見事にマニュアル化された製造工程で、誤差を少なく保っています。精度・剛性はもちろんのこと、その仕上げの美しさも、ICANの得意とするところです。

こちらはICANのホイール製造工程の動画です。

 

まとめ

カーボンファイバーという技術、生まれは日本だということはご存じでしたか?このため、ほとんどのカーボン素材はTORAYをはじめとした日本企業が供給しています。現在のところ、軽量・高剛性の素材として、カーボンファイバー以上の素材はありません。更なる技術開発の余地もありますし、それによる量産化、低価格化の可能性も秘めており、カーボンファイバーの未来は明るいものと言えるでしょう。この未来につながる材質を、私達ICANは大切に進化させ、さらに素晴らしい製品を作ることに燃えています。もちろん、現在の製品ラインアップの完成度にも、私達は誇りを持っています。どの製品をご注文いただいても、決してあなたの期待を裏切ることはないことをお約束します。

 

 

自転車の記事一覧はこちら

BMXが気になる人へ

【驚異的】ヒルクライムホイールの効果とメリットを解説

ピストバイクが気になる人へ

ロードバイクのブレーキ ①リムブレーキ編

ロードバイクのブレーキ ②ディスクブレーキ編

ICAN AERO40カーボンホイール Jonny Pinkさんのの熱いインプレ!

中華カーボンホイール購入ガイド

自転車ホイールの基礎知識

安いディスクブレーキホイールはどう?【安物はやめるべき理由】

【街乗り用ならアルミ一択です】自転車のフレームにはどんな種類があるのか

  • Aug 18, 2020
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません