新着商品一覧今すぐ見る
BMXが気になる人へ

 BMX(バイシクルモトクロス)のパーク競技がオリンピック種目に採用されたことから、BMXへの注目が高まっています。ここでは、BMXの競技種目について、そして、それに応じた車体の違い、乗り方などについてお話します。これは、BMXに興味はあるけれど、きっかけが掴めないという方に贈るセレナーデです。

BMX BIKE

 

BMX競技の種類

BMX競技は、大まかに分けて二つに分類されます。速さを競うレーシングと、技を競うフリースタイル(トリック)です。さらに、フリースタイルは、パークストリートフラットランドに分かれます。

順にご説明しましょう。

① レーシング

レーシングは、2008年の北京オリンピックから正式種目となりました。1周350mのアップダウンのあるコースを、4~8人の選手が同時に走り、タイムを競うものです。オートバイのモトクロス競技の自転車版ということで、BMXの語源にもなっています。見どころは最大5mのジャンプです。自転車の基本的な技が凝縮されており、ここから他の自転車競技に巣立つライダーも数多くいます。

② パーク

フリースタイルパークは2020年東京オリンピックから正式種目となりました。日本では、中村輪夢選手などが活躍中で、現在もっとも注目されている競技と言っていいでしょう。これは、「パーク」という様々な形のジャンプ台が設置された広場でジャンプ時などの技を競い合う競技です。スケートボードやスキーにも似た種目がありますが、そのひときわダイナミックな演技で観客を魅了します。

 

③ ストリート

フリースタイルストリートは、その名の通り、街の中で繰り広げられるパフォーマンスです。単に走り回るだけでなく、壁、柵、階段、手すりなどあらゆるものがステージになり、複雑なジャンプなどの技を競います。始まりは、ちょっとヤンチャな若者の遊び&競技でしたが、クローズドされたスペースで競技も開催されており、その身近で迫力のある演技がファンの心をつかんでいます。

 

④ フラットランド

フリースタイルフラットランドは、障害物は使わず、完全にフラットなスペースでアクロバティックな技を競うものです。複雑な姿勢でバランスをとったり、スピンしたりする意外性と美しさが見ものです。わずかなスペースでも行えるので、街のちょっとしたイベントにも最適で、今後ますますその場を増やしていくものと期待されます。

折りたたみ自転車ホイール

BMXカーボンホイール・折りたたみ自転車カーボンホイール 詳しく見る

 

BMX選び方・買い方

BMXはそれぞれの競技に適したタイプに細分化されています。やはり、最初はBMXに詳しいショップに相談するのがベストでしょう。乗り方や乗る場所、さらには仲間まで得られる可能性が高くなります。それぞれのタイプのスペックを表にしました。

 

フレーム

ハンドル

タイヤ

ギア

レーシング

軽量・強度・耐久性重視

上位はアルミ製

トップチューブ20~21インチ

大きくライズ

クロスバー付

ステム長50㎜

フォーク突出15~30㎜

20インチ

1.75~2.125㎝

ブロックパターン

フロント3ピース

クランク長170~180㎜

40T-13~18T

フリースタイル

⇈ 同じ

強度・耐久性重視のクロモリ製

⇈ 同じ

⇈ 同じ

⇈ 同じ

ストリート

⇈ 同じ

ペグ付き※

⇈ 同じ

⇈ 同じ

⇈ 同じ

フラットランド

トップチューブ1.75~1.95インチ

ブレーキケーブルはジャイロで繋がり自由に回転

ペグ4個付※

狭めの幅

4~8ピース構成

ステム長35~40㎜

フォーク突出0~15㎜

20インチ

1.75~2.125㎝

スリックパターン

アメリカンバルブ

ギアの重要性低い

18~25T-9Tの

コンパクトなもの

クランク長135~165㎜

※「ペグ」というのは前後の車軸に付ける短い筒状のパーツのことです。

フラットランド用のペグは主に足を乗せるために使うので、ローレット加工された滑りにくいものを4か所すべてに使います。これに対し、他のフリースタイルでは、手すりに乗せて滑らせて使うことが多く、ローレット加工のない滑りやすいものを必要に応じて使います。この表でわかるのは、バイク機材が、大まかに分けて、①レーシング/フリースタイル/ストリート ②フラットランド の2種類に分かれる、ということです。フラットランドが動的でなく静的なバランス重視の競技であることから、当然の結果と言えるでしょう。

このように、乗るスタイルによりバイクの設計も異なることから、まず、どのようなスタイルで乗りたいのかを決める必要があります。ただし、上の表ではあげていませんが、街乗り専用のモデルもあります。定価約4.5万円以下のモデルは街乗り用と考えていいでしょう。つまり、乗るスタイルを決めて、本格的に始めたいのなら、45,000円より上のモデルを選ぶのがオススメということになります。そして、大切なのは体に合ったサイズのバイクを選ぶことです。ロードバイクほど厳密なサイズではありませんので、比較的選びやすいと思います。

 

身長          〈 単位:㎝〉

トップチューブ長 〈 単位:インチ〉

レーシング・フリースタイル・ストリート

~165

~175

175~

~20

20~20.5

20.5~21

フラットランド

~165

~175

175~

18~18.5

18.5~19

19

※この表は20インチのタイヤを前提にしています。

折りたたみ自転車ホイール

BMXカーボンホイール・折りたたみ自転車カーボンホイール 詳しく見る

 

BMX基本的乗り方

BMXをそれらしく乗るためには以下のテクニックをマスターしたいものです。

バニーホップ(ジャンプ)が目標です。早い人で1日あればマスターすることも可能です。

① 立ち乗り     シートに座らず走らせる

② 静止       ペダルに足を乗せたままバランスをとる

③ 前輪を浮かす 走りながら体重移動で前輪をジャンプさせる

④ 後輪を浮かす 同様に後輪をジャンプさせる

⑤ ブレーキ      ブレーキングしながらリアを滑らせて横向きに止まる

⑥ バニーホップ  前輪ジャンプの直後、後輪をジャンプさせる

BMXの乗り方は、様々な動画が出ていますので動画サイトをご参照ください。

 

まとめ

いかがだったでしょう。BMXは、買ってからが勝負だということに気付かれたと思います。バイクが小柄で扱いやすいことから、練習機としても最適かと思います。これで身に付けたテクニックはどんなバイクにも役立ちます。BMXやMTBのライダーは落車しない、とよく言われますが、基本的な体重移動が完全に身に付いているのは強みです。値段も手頃、構造もシンプルなBMXの車体がいとおしく思えて来ませんか?

BMXの性能をアップさせる高性能ホイールをICANはラインアップしています。

折りたたみ自転車ホイール

BMXカーボンホイール・折りたたみ自転車カーボンホイール 詳しく見る

 

  • Aug 15, 2020
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません