2019DTハブホイール人気ランキング
様々な自転車のタイヤの仕様は何を意味するか
Aug 16, 2019

様々な自転車のタイヤの仕様は何を意味するか

  皆さんは、タイヤのサイズに関して、ロードバイク用とグラベルバイク用が存在することを既にご存知だと思います。私達は、ワイドなタイヤで、速度維持性能を低下させにくいタイヤの研究を開始しました。それらは、今よりも速度を上げやすくなおかつ快適性を高めます。問題点は、どのようにして、あなたが必要なタイヤを見つけるかということです。どのタイヤがあなたのホイールのリムに合うか?タイヤのサイズは?タイヤの側面には、いろいろなサイズの情報が書かれていて、わかりにくいものです。私達は、お客様のために、サイズ表を作成しました。 どのサイズのタイヤが必要か? あなたが快適性を求めるなら答えは簡単。サイズの大きいタイヤをつけることで乗り心地は向上しますが、あなたのホイールのリムに適するか、フレームとフロントフォークの間にクリアランスはあるか、です。しかし、多くのメーカーはあなたのホイールに対応する最大サイズを明記しています。 ロードバイク用タイヤのサイズ適応表はあるか はい。ございます。あなたがタイヤについて特に他に知ることがなければ、あなたのリムに対応するタイヤのクイックガイドを読むだけです! 上記の表は、リムの内幅とリムに対応するタイヤのサイズを表しています。あなたが赤い枠のところのタイヤをつけたい場合、不適切なタイヤをつけることでリスクを伴います。 なるべく避けましょう。ご覧の通り、リムは様々なタイヤのサイズに対応します。そして、あなたのライディングにあったリムを選ぶ価値があります。今、モダンライディングスタイルにフィットするために私達は、18.25の内部幅の軽いエアロホイールを採用しています。  ERTOとは何か  あなたは、メーカーが新しいスタンダードを愛することを知っていますか?アイデアは、その期間の間、自転車業界は毎週私達に与えていました。幸いにも、我々はそれから離れました。だけれども、これはERTOと共にある必要があるのか?国々は、独自のタイヤを測る方法があります。それらのすべてのスタンダードが消費者に悪夢をもたらしています。それらは、すべてを簡単に、タイヤのサイズの世界標準のガイドを作成することを決断しました。その新しい方法は、E.T.R.T.Oシステムと呼ばれ、あなたは見たことがあるかもしれません。それは、ヨーロッパのタイヤとリムの技術組織です。その組織は、ISOの一部に採用されました。世界組織として標準化しました。ERTO規格に与えられた特定の名前はISO5775です。6種類の26inchタイヤが使用されていたということでナビゲートする必要がないので、とても容易です。 ERTOは何のタイヤのサイズのマーキングを教えるか ISO/ERTOの標準システムは2つの数字を使用します。まず最初に、ワイドのタイヤがどれぐらい膨らむかです。また、このガイドはほとんどのメーカーに値します。異なるリムがこの幅に影響します。あなたのリムはあなたのタイヤの形に変えることができ、次のガイドで推奨するサイズを見ることができます。  二つ目は、ホイール・タイヤ・リムのサイズが人々を混乱させます。混乱させる理由として、この数字は殆どの人々が日々の会話の中で使うホイールとタイヤの数字の値ではないからです。ERTO組織のもとであなたのホイールが622mm、700cと呼ばれるものでしたら、あなたは適切にフランス方式を使用することができます。622は、マウンテンバイクの29と同じです。マウンテンバイクは一般的に「インチ」という表現が使われます。例外を除き、新しい標準は27.5です。それはたまに、650bのようにフランス方式でサイズを説明されることがある。ご存知の通り650aや650cもあります。ERTOのもとでは584mmです。文字のない650タイヤは幅が狭く、文字を上に移動すると、フランスのシステムでタイヤが広くなります。フランス方式は、サイズを測定するためにタイヤの外径を計ります。Iso/ERTO方式は内径を計ります。インチ方式はERTOやフランス方式よりも具体的ではないため、測定にはあまり優れていません。 なので、あなたが622x35mmを探しているならロードバイクよりも、グラベルやシクロクロスの方がバリエーションは多いようです。ERTOの番号が記載されたチューブを購入するととても楽です。間違ったチューブを購入することもありません。  どのタイヤのサイズがICAN FLとAERO RIMに適応させることができるか  弊社のエアロホイールとfast and lightホイールは空力を考慮したリムの形になっています。...
もっと読む
2019年によりお得にエアロを手に!
Aug 09, 2019

2019年によりお得にエアロを手に!

エアロはロードサイクリングにおいて新しく重要な開発が行われているところです。サイクリングメディアをチェックすると、あらゆる種類のハイエンドエアロバイクを見つけるでしょう。問題はこれらの製品の多くが、私たち全員の手の届く範囲を超えていることです。  確かに私たちは全員が1万ドルのエアロロードバイクが欲しいと思ってはいますが、それは私たちの収入の大きな部分を占めておりますが多くの人はそれでも欲しいと思うでしょう。はい、人々は一生懸命、購入しようとしますが、自分自身を破産させずにエアロを手に入れることができますか? 中国製のエアロを手に 自転車のフォーラムに参加すれば、中国のカーボンバイクとホイールに関する言及が見られるでしょう。いくつかの悪意のある売り手のせいで、「中国製」という言葉は一部の人々に少しの悪いイメージを与えるかもしれません。そのため信頼性があるブラントを選んだほうが賢いです。 フォーラムを色々と検索していると、何人かの人々がそれを果たすブランドを見つけた人がいました。それは私たちのブランド、ICAN(アイカン)です。 顧客より色々と好評を得ていたICANは世界中においていくつかの海外倉庫があり、迅速にお届けすることが可能でしょう。 中国製カーボンエアロホイール  ディープセクションエアロホイールはあなたにエアロによる大きなメリットをもたらします。これはエアロホイールにアップグレードすればすぐわかります。エアロホイールを初めて乗ったときは、まるでロケットブースターを自転車に追加したかのように感じます。その理由は優れたディープセクションリムが、空気の流れをきちんとコントロールするからです。空気の流れがホイールの上を通過するとき、リムの形状に従わなければなりません。そこで空気は前進推力を生み出し、少ない力でより速いスピードに達すことが実現できます。  細くて先端の尖ったリムは失速させ、ドラッグを作ります。より新しいエアロシェイプでは この失速点に到達する前に、通過できる風の角度が大きくなります。広いほど速いのです。問題は、幅の広いカーボンファイバー製のディープセクションホイールには多額の費用がかかることです。  ICAN Aero 55は代表的なエアロホイールの一つです。  エアロレンジはICANのホイールレンジの中で最新のものです。 ICAN Aero 55は東レT700とT800カーボンファイバーを組み合わせて作られています。空力上の利点を得るだけでなく、頑丈でかなり軽いです。最も魅力があることは1400g以下の55mmディップホイールセットがたっだ75,000円とかなりお買い得です。 チューブレスレディ対応で、あなたはチューブレスを愛することもできます。チューブのないやや幅広のタイヤ走ると、快適さが増すだけでなく、幅広で丸みのあるタイヤにカーボンリムがうまく収まります。こうすることで空気の流れをよりスムーズにして長く保つことができます。抵抗が減り、快適さが増します。それはとても素晴らしい組み合わせです。   中国製のカーボンファイバーエアロフレーム あなたはすでにエアロホイールセットを持っているとしましょう。そして新しいエアロロードバイクを買いたい時にICANのエアロフレームを見てみましょう。ICANはホイールだけでなく、エアロフレームやフォークなども提供しています。手頃な価格でより多くの空力を得るホイールやカーボンフレームが手に入れることができます。 そこでICAN AERO007と呼ばれるフレームを見てみましょう。私はここでいくつかのジェームズボンドのジョークをクラックしたかったのですが、フレームセットのウェブサイトがぼんやりとしているのでそれを打ってしまいました。フレームセットの価格は57,100円で、今まで見たことのない配色で提供されています。あなたのフレームに夢の色で塗装したいでしょう。エアロフレームは硬いですが、技術が進歩するにつれて、特にチューブレスタイヤをホイールに装着してタイヤのPSIを少し落とすことにより、より快適になることがわかりました。 中国製のエアロバイク...
もっと読む
楽しく通勤するには?
Aug 02, 2019

楽しく通勤するには?

ラストワンマイル問題と呼ばれる交通問題があります。ラストワンマイル問題が交通問題に使われるとき、それは人々が出勤時にどうやってバス停や駅から仕事先まで行くのかに関係しています。私たち自転車乗りにとって明らかな答えは自転車です。 自転車業界もこれに熱心で、都市部での自転車利用にはさまざまな解決策があります。折りたたみ自転車が手に入ります。ハイブリッド車もあります。これらの解決策の問題点は、それらが時々少し控えめであることです。彼らはあまりにも実用的過ぎて、サイクリングとしての楽しみがなくなってしまったかのようです。 これは是正ことができると思いました。私たちはあなたが仕事に行くのに乗り、1日の残りの時間があなたの気分の高みで溶けてしまうほど爽快な気分になってほしいのです。風が髪に吹き込むのを感じます。あなたの自転車が耳から耳へと微笑んでくれるように、また再び子どもになったときの気持ちを思い出させてくれるようなサイクリングをしたいのです。 あらゆるディスクブレーキ付ハイブリッド自転車を都会的な自転車に変えるために、私たちはAero35ディスクホイールをお届けします。 Aero35 デイスクホイールセット Aero35は頑丈なホイールセットです。ロードバイク専用ではありません。東レT700とT800のカーボンファイバーを組み合わせて作られたこれらの製品は自転車をより軽く、より速くするためのアップグレードです。新しいホイールセットは、新しい自転車を手に入れたような気分にさせる優れた方法です。Aeroホイールは、新しい自転車だけでなく、まったく異なる自転車を手に入れたような気分にさせてくれます。 私たちのエアロホイールはとても軽いです。従来のFast and Lightシリーズよりも約100g軽くなりました。これらのホイールの軽さは、あなたが信号からのスタートを助け、あなたの自転車を素早く簡単に加速させるでしょう。 いったん速度を上げてしまえば、これらのホイールを失いたくないと思うでしょう。幅が広くて丸みのあるリムプロファイルのエアロ機能は、空気を切るのに役立ちます。誰かのすぐ後ろに座らなくても交通渋滞を起草しているかのようになります。 チューブレスレディパフォーマンス 街乗りや通勤で一日を台無しにする最も手っ取り早い方法の一つは、パンクすることです。パンクすることで晴れた日を、まるで雨の日にように変えてしまいます。Aero35のホイールセットはチューブレス対応になっているのはそのためです。 チューブレスタイヤとシーラントを装着すれば、通りに捨てられたゴミやがれきなどに悩まされることはなくなります。また、タイヤの空気圧を低くすることもできるので快適性も向上します。都会を走ってるときに、でこぼこのある道にに悩まされたり、疲労に苦しむことは少なくなります。 私たちのホイールは低い空気圧と幅広いタイヤでエアロの利点をもたらします。タイヤ幅が広いとタイヤとリムの周りの空気の流れをガイドするのに役立ちます。空気抵抗が少ないほど、より少ない労力でより速くなります。 35mm ディープリム リムは深さが35mmなので、脇道を通り過ぎるときに突然風に吹かれてもふらついたりすることはありません。私たちの35mmの深さのリムは、ほとんどのヨーの角度で横風をカットできるように設計されており、不快な驚きからあなたを保護します。 私たちは私たちのカーボンファイバー製のリムに誇りに思ってます。高品質で強度と軽量性を兼ね備え、しかも手頃な価格であることから、ロードバイクの世界で長年愛されてきました。 都会の自転車乗りにこれらの全く同じ資質が提供される時が来ました。...
もっと読む
ロードバイクを12速に!
Jul 22, 2019

ロードバイクを12速に!

あなたのロードバイクを新しいSRAM 12-seed groupsetsを使って、アップグレードしたいですか?又は、とても軽量なAXS cassetteを使いたいですか?AXS casstleを使用したい場合は、XDRのフリーボディが必要になるでしょう。 XDRとは XDRは、XDroadの略で、マウンテンバイク用のsramのXDドライバとして成功を収めています。XDR又はXDの隠れたアイデアとして、標準のフリーハブボディに現在装備されているよりも、小さい歯車作ることで、SRAMがより幅広いギアレンジを作るようにしたことです。 最大の問題点は、HG系のフリーハブに10tの歯車を装着させることでした。フリーハブのボディは10tの歯車よりも大きく、それらに10tのサイズを装着させるのは大変難しいことでした。注意点で、11速を装着したい場合は、フリーボディが長くなるのでホイールを変える必要がありました。 2つ目の問題点は、XDRドライバを軽くすることでした。XDRドライバを使用すると、11速のカセットと同じ幅のフリーハブに12速のカセットを取り付けることができます。つまり、交換するのはただ一つだけでよく、ホイールを交換する必要はありません。ご安心を。XDRドライバは11速HGフリーハブをベースにしているため、1.8mm、XDドライバよりも長くなります。 XDRカセットはドライバーにネジで固定されていて、10tスプロケットはドライバー本体のすぐ後ろに収まります。この方法により、ベアリングを長持ちさせることができます。そして、HGフリーハブはドライバボディと同じ長さです。 どのホイールがあなたのXDRドライバに適応するか 私達は、多くのホイールにXDRドライバが合うように設計しました。エアロシリーズでは、軽く、速くをモットーにいたしました。そのXDRドライバは、ノバテックと弊社独自ブランドのハブに適応するように設計されました。あなたが、どれを買ったかご存知でない場合、メールでお送りください。直ぐに対処いたします。 私達のドライバに適応するノバテックのロードバイクの、ハブのコードはAS511SB/FS522SBです。ディスクホイール用のハブのコードは、D411SB/D412SB, D791SB/D792SB, ファットバイクハブD201SB/S202SBです。 また、DTswissが240sと350sのハブセットように独自のXDRドライバを作成しています。なので、あなたがそれらのホイールセットを購入したなら、ホイールセットをムダにすることはありません。あなたが、ヘルプを必要としたり、もっと知りたい場合は私達に、メールを送ってください。私達、ICANはお客様のために全力を尽くします。 こちらの動画をご覧いただく通り、あなたのホイールを新しい SRAM AXSのグループセットに交換することはとても簡単です。それは、ホイールをまるごと変えるより、少ないコストで済みます。SRAMは、あなたがご存知の通り、XDRドライバへハブを交換するのが、どれくらい簡単か、ショートビデオを公開しています。数分のビデオを御覧ください。 さあ、あなたが12速へ変わるときです!  ...
もっと読む
フルサスペンションファットバイクとは?
Jul 13, 2019

フルサスペンションファットバイクとは?

ファットバイクはもともとは硬いスチール製の自転車で、マウンテンバイクも硬いスチールの自転車として生まれました。だから、いつかカーボンファイバーのフルサスペンションのファットバイクが登場するのは自然なことです。問題はそれに必要性があるかどうかです。 これでファットバイクは他の自転車で行けない場所にも行けることがわかります。フルサスペンションファットバイクを手に入れることで非常に険しい地形をミックスに加えることができます。この完全なファットバイクは建物の2階から落としても大丈夫だと確信しています。 フルサスペンションのグリップ ファットバイクがどこにでも行ける理由の1つは、グリップ力があることと沈下抵抗力があることです。グリップ力を使えば山羊のように登ることができます。これでファットバイクに完全なサスペンションを取り付けることができ、グリップが確実に地面に固定されたかのようなバイクが手に入ります。 サスペンションは快適さだけではありません。タイヤが確実に地面を走るようにすることです。グリップは硬い自転車よりもサスペンションフォークの方が衝突しにくいということです。ファットバイクはもともとゴム面を下にしておくのが得意でした。フルサスペンションモデルにジャンプするということは、あなたがほとんど常に直立していることを意味します 。 私たちは皆、その考えが好きです。友達と一緒にライドに出かけていて全員が小さな油をこぼしていて私はささいなことは何も深刻ではないと言ったのに、あなたはそんなことをしないのは素晴らしいことです。一日中スーパーヒーロー気分を味わえる。フルサスペンションファットバイクなら間違いないですよ。それが私は彼らを推薦しなければならないと思う理由です。彼らはライド能力をレベルアップします。  私はそこで横になっていてあなたにフルサスペンションファットバイクのアイデアを売ろうとしているだけだと言うことができます。ただマウンテンバイクのインストラクターになろうと思ったらファットバイクはほとんどのコースで禁止されています。人々が気に入らないからといって禁止されるわけではない。それはコースとスキルのセクションを簡単に修了できるからです。 自転車に乗る時間があまりない 以前のように車に乗る時間がないと、仕事も、家族も、友人もみんな邪魔になる。ほとんどの乗車時間は自分の能力の低下を食い止めるために費やされていることがわかるでしょう。 2014年にSalsaはフルサスペンションのファットバイクを世界に紹介しました。SalsaはアルミフレームのBucksawを持ってきてくれました。Salsa・Bucksawは数年間はラインナップに留まっていましたが、2019年に悲しいことにSalsaのラインナップから外されました。これはSalsaが今年はグラベルバイクを多く提供しているからかもしれなません。Bucksawから得られることは、後に続くすべてのフルサスペンションファットバイクの基準を高くしたことです。幸いなことにSN04ではICANはそのハードルを下げていません。実際、私は彼らがSalsaの品質に合わせることでより高い基準を設定したかもしれないが、あなたにSalsaと同じ価格を請求しないことを提案します。  ICAN SN04 フルサスペンションファットバイク 安くできる理由はBucksawには派手な名前がついていて、派手なマーケティングでクールな色で来たからです。ICANはそれを行いません。なのでSN04が名前になります。ファットバイクの黎明期を思い起こさせるように、SNは雪を短くしたものです。04は4台目のファットバイクで、ICANで製造した初のフルサスペンションファットバイクです。文字通り自転車に目録のタイトルをつけることで消費者はお金を節約ができます。 もう1つの安い理由はカーボンファイバーの、そのままのブラックだからです。ご希望であればカスタムペイントを1つご用意できます。また塗装をしないと、かなりの節約になります。最後のポイントはICANから直接購入することで、自転車から利益を得る必要のある中間業者をすべて排除できるということだ。 直接販売するということは手頃な価格で工場から家まで直接、素晴らしい自転車を手に入れることができるということです。あなたが買っているのは、100ミリトラベル量のフルサスペンションファットバイクです。ICANはRock Shoxのサスペンションをうまくフィットさせています。業界トップクラスのBlutoフォークをフロントに、Monarch XXをバックに搭載。個人的にはMonarch XXは重量のあるバイクに正しくセットアップするためのシンプルで良いショックだと思います。...
もっと読む
2:1スポークパターンがコスパ最高!
Jul 06, 2019

2:1スポークパターンがコスパ最高!

それは土曜日の夜であり、あなたはチェーンギャングに乗って出かけて、友達が束を通って楽に浮遊していました、彼らが起草していたときにペダルを踏むように見えなかったがただ空中を切るように見えました。 夜の終わりに、それをどうやっていたか彼らに尋ねると、それが新しいホイールであることが分かりました、Fulcrum speed 40c ホイールは「フリースピードのようなものだ」と言われています。 あなたは家に帰って、これらの不思議なホイールをGoogle検索すると友達が自由とはどういう意味だと考えているのが不思議に思うようになる。ありがたいことにICANはFL40シリーズのホイールを背負っています。非常によく似たホイールセットがありますが同じ価格ではありません。 ICAN 40mmホイールは新カーボンファイバー採用 ICANもFulcrumも、重量、剛性、空気力学のバランスを取る必要がありました。これを実現するために、どちらもカーボンファイバー製のリムを採用しています。ICANは高弾性率の東レT700カーボン繊維からリムを構成しており、Fulcrumはリムがカーボン繊維であることを示しているだけです。どちらの会社も40mmの深さのリムを採用していますが、その理由について少し説明します。 あなたはピカピカの新しいロードバイクを買いましたが、それにはボックスセクションのアルミリムが付いており、皆さんはホイールをアップグレードする必要があるとあなたに言っています。既製品の自転車はホイールアップグレードが必要だと言われますが、なぜICANはそうではないのかを知りたければ、を見るべきでしょう。ICAN ロードバイクを見るべきでしょう。 ホイールのアップグレードが必要になったのですね。風が強いときもあるのでどんな気象条件でも速く走れるセットがいいですね。そのため40mmの深さのリムを使用しました。このリムの深さはどのような気象条件でも機能します。生け垣で一休みしても、風の強い日でも道路の反対側に飛んでいくことはありません。 自転車のICANリムもFulcrum40mmリムも、ボックスセクションのリムと比較するとちょうど自転車にターボチャージャーを取り付けたような感じです。あなたは自分が思ってもみなかったスピードを見つけるでしょう。自転車で速く走れるようになり、仲間を引き寄せるのも簡単になります。 リムの深さを40mmにするために両社はより広いカーボン繊維リムをスペックしました。どちらも25mm幅のリムを使用しています。23mm幅のタイヤを捨てて、25mmまたは28mmタイヤを探すことができます。速く走ろうとするのにタイヤの幅を広げようとするのは直感に反するように思えるかもしれませんが、新しい科学的研究によると幅25mmまたは28mmのタイヤは幅23mmのタイヤよりもスピードが速いそうです。 広い幅はスピードを速くする さらに重要なことに25mmまたは28mm幅のタイヤを使用すると、タイヤに110psiの圧力をかけなくても低圧で走行できます。25mm幅のカーボンファイバー製リムを使用するとタイヤの形状が幅23mmのタイヤよりも幅の広いタイヤとの接触面積が小さくなります。転がり抵抗が小さいほど、より少ないパワーでより速く行くでしょう。 転がり抵抗が低くなるだけでなくタイヤの幅が広ければ、リムにずっと空力的にフィットします。これはタイヤとリムの幅の広い組み合わせが空気を乱気流に変えるのではなくホイールに保持するからです。これもまたStravaで新しいPBを設定しようとしているときに数ワットを節約するのに役立ちます。 先ほど述べたようにタイヤの幅を広げればタイヤの空気圧を下げることができます。FulcrumホイールよりもICANホイールの方が優れている点で、ICANはチューブレス・レディです。これにより広いリムを最大限に活用できるようになります。チューブレスタイヤをICANのホイールに装着するとパンクの心配をせずに一日中過ごすことができます。フルクラムでしたらパンク修理キットを持っていくか高圧で動かして快適さを取り去った方が良いでしょう。 2:1 スポークパターンは未来の主流 ...
もっと読む
グラベルバイクとシクロクロスバイクの違いは何ですか?
Jun 29, 2019

グラベルバイクとシクロクロスバイクの違いは何ですか?

グラベルバイクが必要だと書かれたサイクリングメディアをたくさん見たことがあるかもしれません。グラベルバイクとシクロクロスバイクの違いを理解しようとしているのではないでしょうか。私たちはあなたのための答えを持っていて、それがただのマーケティングではないことを知ってください。 グラベルバイクとは何ですか?グラベルバイクは、グラベルトラック、運河の側道、オフロードセクションでも乗ることができるロードバイクです。これらの自転車はロードバイクよりも強度があり、より幅の広いタイヤを装着することができ、またサイクリングやツーリングに行くためのさまざまなマウントが付いていることもあります。 クロスバイクはグラベルバイクは違う種類です。自転車業界がクロスバイクを買うようにだましているのではないかと心配する人もいるかもしれません。 グラベルバイクとシクロクロスバイクのジオメトリー グラベルバイクをどう使うかと、ロスバイクをどう使うかを考えると、なぜ別のジオメトリが必要なのかがわかります。グラベルバイクだとサドルに数日も、場合によっては何日も乗ることになります。あなたは荒野に出て、あなたが選んだルートはあなたにいくつかの驚きを与えるかもしれません。自転車で乗り上げることもあるので安定した乗り物が必要です。荒れた田舎道を走るときに投げ出されないような自転車がいいですね。 シクロクロスは冬のぬかるんだ野原を走るったりするものです。サドルから乗り降りして障害物を飛び越えたり、自転車を四隅にぶつけたり、溝を避けたり、氷や雪に対処したりするのに1時間を費やすことになるでしょう。この自転車はスプリントスタイルのイベントで速く走るように設計されています。 つまりシクロクロスバイクはグラベルバイクよりもアグレッシブな角度を持つ傾向にあるということです。一つは持久力のために設計され、もう一つはスプリントのために設計されています。 グラベルバイクの進化の一部は、エントリーレベルのクロスバイクが、以前はウォーターボルトマウントやフェンダー、パニエ型のマウントが付いていたことにあります。これはあなた達がより良い買い物をするために設計されました。通勤にも使う人はそれらを購入し、週末にシクロクロスに浸かることができます。現在ではこれらのマウントは一般的にグラベルバイクに使用されており、グラベルバイクとクロスバイクの間には大きな違いが1つあります。 シクロクロスバイクのスタンドオーバーハイト シクロクロスのフレームには肩掛け用のフレームが付いています。そのためクロスバイクはロードバイクよりも前三角が大きく見えます。またオフロード時のクリアランスのためにボトムブラケットの高さも高くなっていました。これらを合わせると普通のロードバイクよりもスタンドオーバーハイトが高くなります。それで人々はスタンドオーバーハイトに合わせてサイズダウンします。 トップチューブが短くなるため、これはしたくありません。もう1つの問題はスタックの高さです。レースバイクのようなクロスバイクはスタックの高さが低いのが特徴です。 スタックハイトとは何ですか? スタックハイトはバイクのフィッティングにおいて重要な測定値です。フレームのボトムブラケットの中心からフレームのヘッドチューブの上部中央までの垂直距離を測定します。 グラベルバイクのスタックハイトはコミューターにフィット あなたはプロライダーが、ステムを叩いてるのを見たことがあるでしょう。彼らは可能な限りステムを低くし、バイクのスタックに何も追加していません。中にはスタックを下げてる人もいるかもしれません。しかしこれらの人々はマッサージ師、カイロプラクター、医者を呼んでいる。彼らはまた生活のために自転車に乗ったりしないでしょう。一日中机に向かって座っているとしたら、プロライダーのように柔軟になれるでしょうか? 答えはおそらくノーですう。それがスタックが重要な理由です。あなたは低いスタックの高さに合わせて曲げることができますか?ほとんどの人はできません。シクロクロスバイクはレーサー用に低いスタックを持つように設計されています。小さな自転車に乗るとこのスタックはさらに小さくなります。あなたがこれするならばヨガを始めたくなるでしょう。 グラベルバイクの方がスタックが大きいです。どうして彼らはこうするのか?ヘッドチューブの長さはクロスバイクよりも長いです。これで低いスタックよりも少し上に座ることになります。そうすると背骨や腰への負担が少なくなります。腰痛が少なく足の付け根の痛みを和らげる効果があります。誰も足の付け根に痛みを求めません。自転車に乗るのがもっと効率的だと感じるかもしれません。 あなたが通勤で使うなら、より高いスタックの方がいいです。 グラベルバイクとシクロクロスのヘッドアングル 自転車のフレームのヘッドチューブの話はこれで終わりではありません。シクロクロスのフレームはレース用に設計されています。高速で回ったりするように設計されています。グラベルバイクは快適さを追求して設計されており、十分な負荷をかけたツーリングが可能です。 したがってこの2つの自転車には異なるヘッドアングルが必要です。クロスバイクはヘッドアングルが72度から73度くらいになります。するとグラベルバイクの方がアングルが浅いことがわかります。アングルを浅くすると、特にグラベルを満載した状態で降下する場合に、より安定した状態になります。...
もっと読む
ショッピングカート
0
カートに商品はありません