新着商品一覧今すぐ見る
ミニベロ性能アップの決め手 : カーボンホイール

ミニベロとは、小径ホイールを付けた自転車全般のことを指します。ミニベロが市民権を得るようになって久しいですが、特に日本では、狭い道路事情もあって、広い層から一定の支持を得ています。

ここでは、スポーツタイプのミニベロを想定してお話を進めます。すでにご存じの方も多いでしょうが、趣味の対象としてもミニベロは面白い存在なのです。まずは、そのあたりのお話から始めましょう。

 

ミニベロの魅力

 街中で乗りやすい

タイヤが小さいことのメリットが存分に発揮されるのが街中です。全長が短いので、取り回しが非常にラクです。幅の狭いハンドルに取り換えると、さらにコンパクトさが際立ちます。また、信号などでストップ&ゴーを強いられるときも、漕ぎ出しが軽いのであまり苦になりません。さらに、自宅で室内保管をするときも、スペースが比較的少なくてすむのも大きなメリットでしょう。

② デザインのバリエーションが豊富

何でもアリと言っていいほど、様々な形のミニベロがあります。

  • フレームの形にそれぞれ個性がある
  • 折りたたみか、そうでないかが選べる
  • ホイールサイズが8インチから20インチまでたくさんある
  • ハンドル形状もアップライトからドロップまで多種多様
  • 街中指向、グラベル指向、ロード指向、携行指向、BMXなど様々なタイプがある

③ カスタマイズが自由である

ロードバイクのように、堅苦しい決まりがありません。したがって、ミニベロを手に入れると、どこかカスタマイズしたくなるものです。軽量化を工夫するか、ホイールやギアなどの交換で走行性能を上げるか、色やパーツに凝るか、オシャレに振るか、何をどうしようと自由です。

 

ICAN ミニベロホイール 詳しく見る

したがって、ロードバイク乗りなどが、普段の足に、趣味でミニベロを持つケースはよく見かけます。ロードバイクのおさがりのパーツをミニベロに組み込むなどは、自転車趣味の醍醐味ではないでしょうか。

 

ミニベロの短所

ミニベロの至らないところもお話ししておきましょう。

  • サイズが大雑把  ロードバイクにお乗りの方は、ミニベロにもジャストのサイズを求めたくなるでしょうが、比較的小柄な体型に合うフリーサイズのものが多いようです。しかし、20インチ(451)タイヤのミニベロには、大きなフレームのものも用意されているケースが多いようです。
  • 段差が苦手  街乗りすると、段差によく出くわしますが、ミニベロの小径タイヤは段差が苦手です。スピードを落として段差を乗り越えるしかありません。もっとも、細いタイヤを履いた自転車は、全体的に段差は苦手なのですが。
  • スピードは出ない  とはいえ、20インチのスポーツモデルなら、街中でロードバイクを追いかけるくらいのことはできます。おそらく、この記事を読んでくださっているライダーの方の中にも、レーサー気分のミニベロ乗りがきっといることでしょう。
  • 直進性が頼りない  小径のものほどその傾向が強いですが、20インチ(451)のミニベロならほとんど気になりません。
  • 長距離には向かない  やはり700Cなどの大きなタイヤが遠出には向いています。しかし、スポーツモデルなら、中距離程度はこなせるものです。

ICAN ミニベロホイール 詳しく見る

 

ミニベロを性能アップさせる方法

さて、ここからが今回の本題です。ミニベロの場合はスピードが足らない時、フロント側のギアの歯数を多くすることで、遅さをカバーすることができます。しかし、本当にミニベロの性能をアップさせたければ、まずは軽量化が第一のステップとなります。

① タイヤを軽量化する

自転車の軽量化のもっとも手軽な方法は、まずタイヤを多少軽量なものに交換することです。軽量チューブへの交換も効果的ですが、それはパンクの確率を高くするため、実用性重視のミニベロにはあまりおすすめできません。

② ホイールを軽量なものに交換する

次にクローズアップされるのが、ホイールの交換による軽量化です。ミニベロのホイールは通常の半分くらいの大きさなので、充分に軽いのでは、と思われるかもしれませんが、構造や必要パーツは大径のものと変わらず、思ったほど軽くできないのが実情です。

ホイールの材質には、アルミとカーボンがあります。クラシックなバイクでシルバーのパーツを使用したものは、アルミ素材のホイールがよく似合います。これに対し、現代的なプロフィールを持つ大多数のバイクなら、カーボンの戦闘的なデザインを選んでもよくマッチするでしょう。

問題は、市販されているホイールの種類が少ないことです。ICANではこの問題に対処するため、ミニベロホイールのラインアップを充実させています。

ICAN ミニベロホイール 詳しく見る

 

ICANのミニベロ用カーボンホイール

ICANでは、次にご紹介するモデルを中心に、ミニベロ用ホイールを各種取り揃えています。デザインは、スポーティなバトンホイール形状になっており、ドレスアップ効果も抜群です。価格は、すべて2本セット、税込です。

  • 16インチ(349)  46,904円
  • 20インチ(406)  52,100円
  • 20インチ(451)  
  • 24インチ(520)  53,384円

以上は、すべてICANのスタイリッシュなロゴ付ですが、ロゴなしのモデルも選べます。また、手組ホイールのためのリム単体も各サイズ用意されています。サイズに関して、20インチには、規格の違いで406と451の2種類があるので注意が必要です。ICANのすべての製品には2年間保証が付いています。信頼性に自信があるからこそできるサービスです。

ICAN ミニベロホイール 詳しく見る

まとめ

ホイールを換えると、ミニベロは驚くほど軽く走れるようになります。その違いに感激し、次はサドル、次はハンドルなどと深みにはまってゆくバイク乗りは多いでしょう。我々ICANはそんなあなたに微笑んでもらえるような製品づくりを続けます。どうぞ、いっぱい楽しんでください。精一杯応援します。

 

 関連記事おすすめ

ロードバイクのブレーキ ①リムブレーキ編

ロードバイクのブレーキ ②ディスクブレーキ編

中華カーボンホイール購入ガイド

自転車ホイールの基礎知識

安いディスクブレーキホイールはどう?【安物はやめるべき理由】

【街乗り用ならアルミ一択です】自転車のフレームにはどんな種類があるのか

 

  • Jul 03, 2020
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません