新着商品一覧今すぐ見る
適切なフレームサイズの選び方とは?

ライダーは数時間同じ姿勢をとる必要があるため、ロードライディングは非常に厳しいものです。そのため、ロードライダーにとってはフィット感が肝心な点になります。

この記事では、フレームジオメトリの基本的な知識と、適切なフレームを見つけるための4つの手順について説明します。

フレームの選び方1

自転車のフレームは、フロントトライアングルとリアトライアングルで構成され、わずか8つの部分でフレームを構成するシンプルな構造です。各自転車には、身体に接触する3つの部分があります。それはハンドルバー、サドルとペダルです。

これら3つの部分の空間的な位置は、ライダーの体の比率、強さ、柔軟性によって決まるライダーのフィット感を決定します。

したがって、ライダーの理想的な接触点の位置を測定することから始めて、試行錯誤を続けたり、プロの自転車フィッターを使用したりすることができます。

これは過去数十年で急速に発展しました。

自転車でのライダーの位置

 フレームサイズの選び方

ボトムブラケットに対するハンドルバーとシートの位置をテストして、各接点を決定します。通常、ハンドルバーとシートの中心点として概略図を描きます、これは、ハンドルバーのサイズやシート形状の違いによる影響を除くことができるためです。ペダルの場合、その接点位置はクランクの長さによって決まります。

ステップ1:フレームの高さ

フレーム

どのライダーにとっても、フレームの高さが重要です。ハンドルの高さやシートの高さなど、許容される最大値と最小値があります。これは、フレームのサイズを決めるときに最初に測定するものです。

過去には、ロードフレームは水平フレームであり、シートチューブの長さがフレームの主要な高さを決定していました。コンプレッションフレームの導入後(1990)、ヘッドチューブの高さは妥当な代用値になりましたが、その後で導入されたスタック値の方が信頼性が高くなりました。

スタックの高さは、ヘッドチューブの上部からボトムブラケットの中心までの垂直距離を表します。これは、シートチューブのの長さと同等の現代的な値であり、ライダーがフレームが適切かどうかを迅速に判断できます。

重要なことは、スタックの高さにはヘッドセットの上の部分が含まれていないため、スタックの高さはフレームに対して30mm高くなります。 フレームのスタックの高さには特別なフロントフォークが含まれています。これは、ロードバイクには標準的な長さのフロントフォークがないため、ブランドによって変化があります。

ステップ2:フレームの長さ

フレームを圧縮する前に、トップチューブの長さ(ヘッドチューブの中心からステムの中心までを測定)はフレームの長さを表し、ステムからシートチューブまでの水平距離が得られるため、理想的なステム長を簡単に計算できます。

フレーム

トップチューブが傾斜しているフレームは、トップチューブの水平長さが実際のトップチューブ長よりも長く、ほとんどの自転車メーカーが同等のトップチューブ長を持っているので、従来のフレームと同じくらい簡単に判断できます。

水平トップチューブの長さは、ステムの角度の影響を受け、より信頼性の高いフレーム長測定を提供する必要があるため、ボトムブラケットの中心からヘッドチューブの上部までの水平距離測定は、リーチと呼ばれます。

市場にはさまざまなステムがあり、ほとんどが10mmの長さに制限されているため、ライダーがミリメートルレベルのフィット感を実現したい場合は、フレームの長さに注意する必要があります。 ステムの長さがフレームのコントロールに影響することにも注意してください。通常、長いステム(> 100mm)はハンドルのステアリング応答を遅くし、短いステム(<100mm)はステアリング応答を速くしますが、フレームヘッドチューブの角度とトレイル値にも影響されます。

ステップ3:サドルを後ろに下げた「後ろ乗り」

サドルの前後位置は、ハンドルからの距離を調整する上ではそれほど重要ではありませんが、大腿部の筋肉に大きな影響を与えるため、ライダーの効率を最大限に高めるには、正確な位置が必要です。 ほとんどのシートチューブにより、サドルは前後の距離(<1mm)を正確に調整できます。

調整範囲の制限は、シートポストの長さです。シートチューブを別のオフセットに交換することもできます。特に、特別なシートポストデザインを使用してる多くの自転車が増えてきたが、これはそれほど効果的ではありません。最後に、シートチューブの角度は、サドルの後方への移動の総量を決定するため、新しいフレームを測定する際に考える重要なデータです。

ライダーがより多くのバックモーションを必要とする場合は、小さいライザーアングル(73°以下)を選びます。逆に、ライダーがバックモーションを必要としない場合は、より大きいライザーアングル(74°以上)を選択します。 

ステップ4:その他の測定

フレーム

フロントセンターの測定値は、ボトムブラケットから前輪の中心までの距離を表します。これは、つま先が車輪に触れるかどうかを決定する重要なデータです。 このデータは、フレームのフロントエクステンション、ヘッドチューブの角度、フォークのレーキ(rake)に依存します。 前輪半径(330mm~)、クランク長、ペダル軸に対する足の長さ(少なくとも60mm)に適合させる必要があります。

この値は560mm以上です。大きなフレームなら問題はありません。特に大きなタイヤを使用したり、ライダーの足が長い場合は、小さなフレームが影響を受けやすくなります。 そこで、自転車を購入するときはフロントセンターを考える必要があります。

股下の長さは、上部管と地面の間の距離を表します。トップチューブが傾斜している場合は、通常、平均値が使用されます。 この値は、足が地面に引っかかるかどうかを決定します。

フレームサイズの例

フレームサイズ

ライダーの理想的なハンドルとシート位置

ライダーが新しいフレームを探している場合、Giant DefyとTCR Advanced Discの2つの選択肢があります。 このライダーはすでにフィットして、最適なデータを知っています。

DefyのM / Lサイズは非常に良いフィット感を提供します。スタックの高さはハンドルの位置に最適です。市販の完成車で使用されている110mmステムは変更する必要がありません。 同時に、このフレームのサドルでは理想的な後ろにずらすも実現できます。

 フレーム

TCR Advanced Discは同じM / Lサイズを使用しております。フレームはスタックの高さ(562mm vs.586mm)およびより長いヘッドチューブ(570mm vs.560mm)が減少されましたが、それでもうまく使えられます。その結果、より短いステム(100mm)を交換し、ヘッドセットワッシャー(27mm)をいくつか使用して、理想的なハンドルの高さを実現するする必要があります。

もちろん、どちらの自転車もライダーが満足させられ、ステムの長さとヘッドチューブ角度(73°vs.72.5°)の違いにもかかわらず、TCR Advanced DiscはDefyよりも速く回転します。しかし、TCRを購入するときは、ステムを自分で交換する必要があります。

適切なフレームサイズと間違ったフレームサイズの違い

自転車は、より短いライザーによって提供される追加の調整機能のおかげで、幅広いライダーにフィットできるコンプレッションフレームを導入しています。 異なる長さとオフセットのシートポスト、および異なる長さと角度のステムを使用すると、フレームをわずかに大きくまたは小さく調整できます。

ただし、調整範囲にも限界があり、例えばステムが短く、ワッシャーが50mmを超えると、自転車のバランス、姿勢、取り扱いに影響します。 サドルがボトムブラケットの後方への移動すぎる場合、ライダーの体重はより大きなレバレッジの作用を持ち、ライダーの体重がより大きなレバレッジ効果を生み出し、それに対応してステムが伸びると、フロントフォークステアリングのレバレッジの作用も大きくなります。

店に行ってフィットをしなくても、最も基本的なデータを知って(フィットソフトウェアを使用して身体パラメーターを測定)、上記の4つの手順を使用して適切なフレームサイズを選択する必要があります。

 

 関連の記事おすすめ

【驚異的】ヒルクライムホイールの効果とメリットを解説

ピストバイクが気になる人へ

ロードバイクのブレーキ ①リムブレーキ編

ロードバイクのブレーキ ②ディスクブレーキ編

ICAN AERO40カーボンホイール Jonny Pinkさんのの熱いインプレ!

中華カーボンホイール購入ガイド

自転車ホイールの基礎知識

安いディスクブレーキホイールはどう?【安物はやめるべき理由】

【街乗り用ならアルミ一択です】自転車のフレームにはどんな種類があるのか

  • Sep 02, 2020
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません