新着商品一覧今すぐ見る
ロードバイクのスポークを語る

ロードバイクのスポークについて語る人はあまり多くありませんが、実は、とても気になるパーツです。とはいえ、スポークの情報はきわめて少なく、性能差もあまりないのでは、と考えがちです。とんでもありません。また、コストダウンの可能性のあるパーツですが、私達ICANは、決して手を抜きません。その内容をこれからお見せします。

スポークの進化

スポークは車輪と共に進化して来ました。馬車の時代は木製のスポークでした。これも、強度と軽量化を図ってのことでした。自動車は、と言えば、60年代の前半までは、スチールのスポークホイールが軽量と高性能の象徴でした。フェラーリ、マセラーティ、ジャガーといった名だたるスポーツカーにスポークホイールは採用されていました。やがて、自動車は、アルミの軽量ホイールに主流が移ります。これに対し、自転車は、スポークホイールが主流のまま現在に至っています。径が大きく、荷重のかからない自転車には、この方法が適しています。ロードレースのバイクは今でもスポークが主流であることからも、そのことがうかがい知れます。

スポークに望まれる要素

自転車は、人力で走るので、力には限りがあります。ペダルの力を無駄なく車輪に伝えるには、自転車は軽量でなくてはなりません。特にホイール。そして、スポークも軽量でなくてはなりません。また、回転と前進の激しい動きはホイールを酷使しており、丈夫でなければなりません。スポークにも丈夫さが求められます。さらに、ロードバイクでは、空力の良さも求められます。

これらのことは、当たり前のようでいて、スポークにおいては軽視されがちなことです。私達ICANのエンジニアは、ICANのホイールにふさわしいスポークを探し求めました。その結果、私達が採用したのは、これからお話する3種類のスポークです。軽量、丈夫さ、空力性能すべてを兼ね備えた逸品ぞろいです。

ロードバイクスポーク

DT AERO 35 エアロスポーク搭載されたカーボンホイール

 

CN Mac 494 エアロスポーク

CNというスポークのメーカ-名を聞いてピンと来る人は少ないでしょう。しかし、あなたのホイールにもCNのスポークが使われているかもしれません。CNは50年以上の歴史を持つ老舗で、それは、技術の蓄積による途方もなく大きなアドバンテージを持っていることと同義です。CN Mac 494スポークは写真でご覧の通り、断面が平たい空力構造になっています。現在のエアロスポークはほとんどすべてこの形状に準じています。

CNは、価格からは信じられない高品質なスポークをつくります。ICANのホイールが低価格で高品質なのもCNに負うところが大です。この後ご紹介するSapim(サピム)ほどは有名ではありませんが、CNがMac494ほどの品質のスポークを造り続けるなら、状況は一変するでしょう。このスポークは、ICANのエントリーレベルの製品に使われています。

PILLAR AERO 1432 エアロスポーク

PILLAR(ピラー)社は台湾の会社で、30年にわたって世界中の自転車メーカーにスポークを供給して来ました。毎月100万本以上の製品を送り出しています。CNと同じく、ひそかにあなたの自転車にも使われているかもしれません。

Pillar社は、自転車業界で独自の道を歩み、自社製品について、多くの特許を有しています。その典型的な例が、このAERO1432です。冷間鍛造というプロセスにより、強度が20%アップしています。鍛造品の品質の良さは言うまでもないでしょう。スポークの空気抵抗を高めるため、風洞実験を経て開発されているのも注目に値します。

Sapim CX-Ray エアロスポーク

ロードバイクスポーク

 

2020 50mmエアロスポーク搭載されたカーボンホイール

スポーク界のスーパースターともいえる存在のSapim(サピム) CX-Rayです。この製品は多くのライバル達の目標となっています。Sapimがこれほどまでに業界をリードしている理由のひとつに、100年以上の歴史を有していることがあげられます。素晴らしい技術の蓄積によって、私達ICAN製品のレベルアップにも貢献しています。CX-Rayはエアロスポークの最高峰です。素晴らしく軽量で、剛性があり、他のどんなスポークよりも耐久性があります。このスポークは、FL、Aero、DTというICANの上位シリーズに使われています。あらゆる意味でベストなスポークたち

これまで見てきた通り、ICANホイールは、納得できるベストなスポークを、それぞれの価格帯に応じて厳選して採用しています。どのホイールセットを選んでも、最高のコストパフォーマンスを発揮するスポークが使われているのです。ICANのエンジニア達は頑固で神経質です。気に入らない製品を世に送り出すことには決して合意しません。

新しいカーボンホイールを購入する時は、あらゆる情報に当たって、最良の選択をしてください。同じバイク好きとして、ICANはそのための情報を共有できることを歓びに感じます。どしどし質問・お問合わせをお寄せください。最大限のお返事を差し上げます。

 

自転車の記事一覧はこちら

ロードバイクのブレーキ ①リムブレーキ編

ロードバイクのブレーキ ②ディスクブレーキ編

ICAN AERO40カーボンホイール Jonny Pinkさんのの熱いインプレ!

中華カーボンホイール購入ガイド

自転車ホイールの基礎知識

安いディスクブレーキホイールはどう?【安物はやめるべき理由】

【街乗り用ならアルミ一択です】自転車のフレームにはどんな種類があるのか

  • Aug 03, 2020
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません