新着商品一覧今すぐ見る
ICAN AERO50ディスクブレーキホイールはどう?

こんにちは、ICANです。今回はディスクブレーキについてお話しをしたいと思います。

皆さんは多分ご存じかと思いますが、UCIはディスクブレーキが2018年からロードレースでの使用が許可されました。それを切っ掛けに、ディスクブレーキはヨーロッパをはじめ、世界中においてますます人気が増えてきますよね。それはなぜでしょう?その理由を考えたことがありますか?あるいはディスクブレーキ最大のメリットは何でしょう?

はい、それは「制動力が高い」ということです。

「カーボンリムでも安心して長い下りをこなせるようになること」とよく言われていますね。何故かというと、ディスクブレーキならリムではなく、ディスクを挟んで止まります。それはリムに熱が入らない、誰でも安心して下れるでしょう。しかもリムが摩耗しなくなるため、ホイール本体の耐用年数は大幅に伸びるでしょう。雨でも通勤でもガンガン使えます。これはリムブレーキが逆立ちしても不可能な、絶大なメリットです。

ディスクブレーキホイール

ICAN AERO50 ディスクブレーキホイール 詳しく見る

また、スルーアクスル化によって、クイックリリース以上にガッチリ固定されるので、剛性が上がると思われています。だが、ディスクブレーキはメリットがあれば、デメリットもあります。それはリムブレーキバイクに比べ、重量が重く、価格も少し高くなります。でもその以上の価値があると思います。

ディスクブレーキの種類について

機械式ディスクブレーキと油圧ディスクブレーキ2つがあります。詳しくは別途でご紹介いたします。

ICAN AERO50 ディスクブレーキホイール

ディスクブレーキホイール

ICAN AERO50 ディスクブレーキホイール 詳しく見る

 

AERO50 ディスクブレーキホイールは東レの 「T700」 と 「T800」 のカーボン繊維を組み合わせて作られています。同等品のホイールセットよりかなり軽くなりました。東レの「T700」 のみを採用されている「FLシリーズ」のホイールセットより120gも軽くなりました。フロントホイールは61g、リアホイールは60gの軽量化が実現されました。 こちらのエアロ50のホイール前後セットの重量は合計でただ1430グラムです。フロント: 645+-10g  リア: 785+-10gです。体重制限は125kgです。

ディスクブレーキホイール

ICAN AERO50 ディスクブレーキホイール 詳しく見る

 リムの幅は25mmで、標準的なホイールセットよりもわずかに広くなっています。ホイール幅が広くなったら、転がり抵抗が良くなります、また、安定性に優れています。AEROシリーズのリムハイトには6つのオプションがあります。ヒルクライムに向けのホイールを求める方に35mm、40mmと45mmを推奨します。エアロ効果を狙い、高速で走りたいと思う方に、リムハイトの高いホイールの50mm、55mmと86mmのほうをおすすめします。

こちらのエアロ50ホイールはクリンチャーとチューブレスタイヤに対応します。タイヤのサイズは23mmから45mm幅広く対応できます。リムの表面に小さい穴が一個あります。これは排水の為に作った穴です。リムが膨らまないようにこの穴を作りました。また、スポークは超軽量のSapimのCX-Rayを採用され、ニップルはSapimセキュアロックが使用されています。このニップルは通常ニップルよりロック抵抗が大きく、緩みが難いです。

ディスクブレーキホイール

ICAN AERO50 ディスクブレーキホイール 詳しく見る

このホイールセットの値段は前後セット合計でただ¥76,670になります。軽量でコスパ高いと思わないでしょうか?また、色んな安心のサービスも提供しております。まずは、無料アクセサリーがたくさんあり、レーキパッドとリムテープとクイックリリースが付きます。

皆さんはどう思いますか? もしよかったら、是非検討してみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事おすすめ

ICANはアルミホイールalu27が新発売開始!

おすすめのロードバイクアルミホイール

中華カーボンホイール購入ガイド

自転車ホイールの基礎知識

安いディスクブレーキホイールはどう?【安物はやめるべき理由】

【街乗り用ならアルミ一択です】自転車のフレームにはどんな種類があるのか

  • Jun 18, 2020
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません