2019最高のDTハブホイール7%OFF
AEROシリーズとFLシリーズのホイールセットの違いは一体何ですか?

私たちICANは私たちの カーボンファイバーエアロロードバイクホイールをとても誇りに思っています。FLシリーズのカーボンホイールはエアロホイールのデザインの頂点にあると感じました。2019年に、同じようなこのデザインを採用し、優れた品質を備えた軽量ホイールセットを実現するためにエンジニアリングを推進しました。私たちは2019年はカーボンホイールロードバイク用のエアロシリーズをお届けします。 

私たちのベストセラー商品

2018年はFLエアロバイク用ホイールセットが最も売れた製品でした。そして私たちは購入された方々からのフィードバックを聞くことに追われていました。彼らのフィードバックをエンジニアに伝え、FLシリーズをより良いものにするよう依頼しました。それは難しい問題でしたが私たちはエンジニアたちがが提供できると感じました。私たちの顧客が望んだことの1つは、ほとんどすべてのロードバイク製品と同じです。 彼らはホイールセットをもっと軽くしたかったのです。

FLホイールセットよりエアロを軽くする

FLシリーズの安定性についてのお客様からのフィードバックのおかげで、多くの人がFLシリーズはレールの上を曲がるようなものだと感じ、最も技術的なコースではホイールを信頼しと感じました。またFLシリーズのチューブレスのセットアップのしやすさについても多くのフィードバックがありました。このフィードバックを有効に活用することで実際にうまく機能しているのと同じリム形状を維持する必要があることがわかりました。最後に、FLシリーズにはない新しいリムをシリーズに追加しました。35mmディープホイール は2019年の新しいリムです。

私たちは同じ形状を維持する必要があることがわかっているので、お客様を怒らせたくありません。 つまりカーボンファイバーの積層やリムの構造を変える方法を考えなければならなかったのです。 これはあなたが思っているほど簡単ではありませんし、これには多くの複雑な作業とコンピュータモデリングを伴います。私たちのFLシリーズでは 東レ T700の使用に限界があり、解決策を見つける必要がありました。 

私たちは日本の会社にある東レに行き、彼らのカーボンファイバーを覗き、それぞれのカーボンファイバー製品の異なる特性を調査しました。彼らがどのようにホイールの感覚を変わるかについて詳しく分析しました。 当社のエンジニアは実績あるハンドリングと剛性を維持しなければならないことを知っていました。それは容易なことではありませんでしたが価値があることには間違いありません。

ついに彼らは結論に達しました。FLシリーズのホイールを軽量化し、品質を維持するための最善の方法は、 東レ T700T800カーボンファイバー を組み合わせて使用することでした。内部のレイアップは異なりますが外観と品質はすべて維持されています。 そして新しいエアロシリーズのホイールが誕生しました。

新しいエアロリムはFLシリーズの性能をすべて備えていますが、もっと軽くなっています。同じくらい空力がよく、頑丈で丈夫、そして私たちは一輪あたり100グラムくらい削ることができました。詳しくは下に貼ったチャートを見てください。

 

エアロ

FL

 

 リム深さ

フロント(g)

リア(g)

合計(g)

フロント(g)

リア(g)

合計(g)

35C

534.85 

715.70 

1250.55

 

 

 

40C

559.85 

733.85 

1293.7

619.00 

784.00 

1403

50C

591.90 

764.50 

1356.4

653.00 

825.00 

1478

55C

560.00 

780.00 

1340

669.00 

839.00 

1508

86C

740.00 

900.00 

1640

795.00 

 973.00

1768

下にFLとAeroのリムのイメージがあります。 これらはとても似ているので違いはほとんど感知できません。 違いを確認する簡単な方法はシリアル番号です。 エアロリムのシリアル番号はSLで最後にあります。

SLはスーパーライトの略です。これは私たちの新しいAeroホイールに与えられる最も簡単で信頼できる説明の一つです。

FLシリーズとエアロシリーズ

ブレーキ面の耐熱性向上

多くの人が心配しているカーボンホイールの問題の1つにブレーキ面があります。FLシリーズでは、240℉(約115℃)までの熱に対応できるブレーキ面を用意し、私たちはトップに走っていました。私たちは常にカーボンファイバーのホイールの耐熱性を向上させたいと思っています。

FLシリーズホイールブレーキ面

図2、当社のFLリムブレーキ面

私たちのエンジニアはホイールを軽くすることで負担を感じていたのかもしれませんが、私たちは今、技術と自転車工学をさらに推し進めています。当社のホイールリムは、他のホイールが好まない温度にも耐えることができます。新型エアロシリーズでは、300℉(約149℃)までの耐熱性を実現しました。これで長いアルペンの下り坂を心配する必要がなくなり、安全に下りることができます。

エアロシリーズのホイールブレーキ面

図3、新しいICANエアロのブレーキング面

新しい軽量なR01ロードバイクハブセット

そこで私たちのエンジニアたちは、リムを改良する仕事をするならリムに取り付けたハブも見直した方がいいと感じました。よくできたカーボンファイバー製のリムの美しさを見ると、ハブが見逃されることがあります。FLシリーズで見られるように当社オリジナルのR01ハブは、私たちが台湾で作り上げたOEM部品でした。

私たちのエンジニアはFLシリーズのシールドベアリングR01ハブを分解し、改善に着手しました。すでに超軽量化されたハブセットでは見つけるのが困難だった余分な重量を削り落とし、フロントハブから2本のスポークを取り外すことができました。余分なスポークの除去によってフロントハブは18個のスポークに減り、さらに リアハブは24個のスポークを持ち、パワーの伝達を補助しています。

R01ハブ

図4、新しいR01は超軽量の芸術と精密の作品です。

新しいAeroシリーズR01ハブは現在市場で入手可能な最高級の精密なシールドベアリングハブの1つです。 このハブなら簡単にスピードアップさせるために無駄なエネルギーを浪費することはありません。

Sapimスポーク

私たちののFLホイールセットはSapim CX-Ray スポークを使用して製造されています。 私たちはより良いスポークセットを見つけることができるかどうか見るために私たちのエンジニアを派遣しました。 彼らは他のほとんどの軽量スポークがも曲がり過ぎていることを発見しました。 Sapim CX-Rayスポークほど軽いものは見つけられず、曲がることもありませんでした。

私たちの新しいエアロホイールがロードバイクホイールの基準になることを望みました。 私たちはFLホイールと同じSapim CX-Rayスポークを使い続けることにしました。

しかしAeroシリーズのプロジェクトはこれで終わりではありません、そして今年の後半にあなたはディスクブレーキを装った私たちのAEROホイールセットを見ることを期待することができます。 私たちのR01ハブとは異なるディスクブレーキハブセットをご希望の場合は DT Swiss 240Sハブ か 350Sハブの選択もあります。

2019年は私たちのエアロシリーズが超軽量になった年です。超軽量化は新年の抱負になるのではないでしょうか?

AEROシリーズのディスクホイールセットを組み立てており、既に発売いたしました!

 

  • Apr 26, 2019
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す
ショッピングカート
0
カートに商品はありません