新着商品一覧今すぐ見る
 スポーツ自転車 入門編

私達ICANはスポーツ自転車が大好きなスタッフ揃いです。しかし、一口にスポーツ自転車と言っても様々なタイプがあります。そして、そのどれもが独自の魅力を持っているので、まったく困ってしまいます。ここでは、主にロードバイク、クロスバイク、MTB(マウンテンバイク)、BMXについて、その魅力を、それぞれのポジションを踏まえながら語っていきたいと思います。

スポーツ自転車は欲しいけれど、何を買っていいかわからない......そんなあなたのための入門編です。最後までお付き合いいただければうれしいです。

ロードバイクとクロスバイク

この二つのジャンルを一緒にしたのには訳があります。最初に、スポーティーな自転車が欲しいと思った時、このどちらにすべきか迷うケースが実に多いのです。

①どちらを選ぶべきか

考えてみてください。今まで2万円の自転車に乗っていた人が、いきなり5万10万の自転車を買うのです。とりあえず、これらのエントリークラスのものを狙ってみようか、というケースが多いのではないでしょうか。。クロスバイクなら5万円、ロードバイクなら10万円がその最低線上の値段です。そして、どちらを選ぶべきかは、使用目的によって自然に導き出されます。

ツーリングだけでなく、通勤、通学など実用的な使い方もしたいなら、迷わずクロスバイクがいいでしょう。ロードバイクに実用性は求められません。たとえば、ロードバイクはスタンドを付けないのが流儀です。無駄な重量物は排除したいからです。その一点をとっても、ロードバイクに実用性はありません。盗難の心配も、ロードバイクの方が高くなります。どこでも気軽に停めるわけにはゆきません。

スポーツ自転車

 

②クロスバイクの買い方

クロスバイクというのはロードバイクとMTBのハイブリッドというのがもともとの出発点です。その中には、ロード寄りの機種からMTB寄りの機種まで様々なものがあります。お勧めしたいのはその中間あたりの性格の機種です。

自転車には、変速機やブレーキなどの機械部品があり、それらをまとめて「コンポーネント」(コンポ)と言います。それが、ロード用のコンポを使っているか、MTB用のコンポを使っているかで、どちら寄りの性格付けかがわかります。見分け方は、簡単です。クランク・ペダルに付いているチェーンリングという大きな歯車が何枚なのか見ることです。2枚ならロード用、3枚ならMTB用です。

中間機種には2枚3枚どちらのタイプも見られますが、お勧めしたいのは、ギアが2枚のロードタイプのものです。近年、クロスバイクには3枚のギアは必要ない、という考えが徐々に広まりつつあり、ゆくゆくは2枚化していく可能性があること、それに何より、ギア一枚分の重量が加わり重いこと、さらに、3枚のギアは調整が難しいことなどが理由です。

 

③クロスバイクとロードバイクの決定的な違いは何か?

では、クロスとロードの決定的な違いについてお話します。フレームの設計(ジオメトリーと言います)が、クロスは安定志向、ロードは運動性志向になっているのです。それを一目で見分ける方法をお教えしましょう。

腰掛けるサドルからペダル軸(BB)に向かって縦に伸びるパイプ(シートチューブ)にまず注目してください。そして、それと後輪がどれだけ接近しているかを見るのです。ロードバイクはこれがギリギリに接近しているのに対し、クロスバイクは数センチ離れています。さらに前輪を支えるフォークがクロスの方が寝ています。この結果、クロスの方が2つのタイヤの間隔が長くなり、これが安定性につながるのです。これに対し、ロードは2つのタイヤの間隔が短くなり、その結果、機敏な動きや加速力が得られます。

 

④それぞれのおすすめ価格帯

クロスバイクは5~7万円のもの、ロードバイクは、考え方にもよりますが、コンポにシマノの105を使っている15万円程度のものが後悔しないグレードでしょう。いずれも体格に見合ったサイズを選ぶ必要があります。

参考記事:ロードバイク初心者のための選び方・買い方

 

スポーツ自転車

ICANロードバイク: TAURUS 167,300円(税込)

すばらしくコストパフォーマンスの高いICANイチオシのロードバイクです。エアロカーボンフレーム、高剛性設計、7.85kg(52㎝モデル)、シマノ105フルセット

 

MTB(マウンテンバイク)

ロードバイクがスポーツの道具として捉えられているように、MTBもスポーツの道具です。海外では、むしろMTBの方がロードバイクより人口が多いと言われていますが、日本では、そのことが実感として伝わりません。まずは、MTBがどのようにしてスポーツになり得るのか、そのあたりからお話していきましょう。

 

①MTBを使った3種類の競技

険しい山道をハイスピードで下るダウンヒル、山道を含めてバリエーションに富んだコースで下り区間のタイムを競うエンデューロ、山道を登りと下りで駆け巡るクロスカントリー、MTBのレースとしては、主にこの3つが代表的なものです。使用するMTBも、競技に応じてフリーライド、オールマウンテン、トレイルに分かれ、さらに雪道・泥道用のファットバイクというものもあります。

並のナマった体力では、最初はMTBを御しきれないものです。初心者なら、ちょっとダウンヒルを試しただけで、ヒザとウデはガクガクになるでしょう。なかなかチャレンジに値するスポーツなのです。

 

②街乗り用としてのMTB

MTBでスポーツを楽しむ人は、MTBを愛するゆえに、街中での用途にも使いたくなります。現在、街中を走るMTBはこのような人の乗るバイクと、MTBを街乗りにしている人達のバイクに分かれます。

しかし、MTBを街中で乗るには、不便なケースが多々現れて来るものです。何と言ってもMTBはガタイがデカいです。特に、日本の狭い街中では取り回しがやっかいなシーンが発生します。1990年前後にMTBの大ブームが起こりましたが、今ではすっかり鳴りを潜めているのは、そういう事情もあるでしょう。

面白いのは、ブーム終了後、カッコよさに惹かれMTBを手に入れた人たちです。街で乗っているうちに、やはり山道に分け入ってみたくなるのが人情というものです。こうして、MTB人口は再び増加する......はずなのですが、実際はそうでもありません。

日本にMTBコースがなかなかないのが最大のネックのようです。あっても、そこまでのアプローチには車を使わなくてはならず、何かと不便です。さらに、自然保護の観点から、コースの情報が広く行き渡らないのが現実です。踏み入れた所が私有地だった、というのもよくあるケースです。

 

③MTBの本当の楽しさ

おそらく、自転車の形をした乗り物で、こんなに楽しいものは地球上には他にないと思います。しかも、要求される技術が高度です。ロードバイク乗りがMTBを知ると、テクニックがグンと上達すると言われていますが、「そんなこと、当然だよ」 とMTB乗り達は思うでしょう。

 

④MTBの買い方

仲間がMTBをやっている、というのが一番溶け込みやすい方法でしょう。ダウンヒル、エンデューロ、クロスカントリー、このどれを選ぶかで、MTBのタイプも変わってきます。価格は入門用にはズバリ10万円程度のものがおすすめです。

参考記事:マウンテンバイクの選び方

 

スポーツ自転車

ICANファットバイク: 249.970円(税込)

 

BMX

BMXはMTBと共に、オリンピックの競技種目になっており、注目されるジャンルです。

 

①BMXにもいろいろある

BMXには、大別して、レース、ストリート、フラットランドの3つの種目があり、オリンピックでは、モトクロスコースのような荒地で競うレースと、スケートボードに似たコースで技を競う(ストリートのひとつである)パークという2種類の競技が採用されています。さらに、フラットランドというのは、平地でバランスや回転の技を競うものですが、現在の日本で人気なのは、主にストリートとフラットランドです。

 

②BMXは難しい?

自己流で技をマスターするのは難しいかもしれません。友人・知人の直接の教えを受けるのが上達への近道です。あるいは、動画サイトで乗り方を参考にすると、1日でBMXらしい乗り方ができるようになるかもしれません。バニーホップ(ジャンプ)ができれば、一気にBMXの楽しさを享受できるようになります。しかし、くれぐれも、無謀なチャレンジはしないよう、心の抑えは必要でしょう。

 

③BMXの買い方

一口にBMXと言っても、種目によってバイクの構造に違いがあるため、自分がどのジャンルをやりたいのか、見極める必要があります。本格的に始めたいなら、45,000円以上というのが目安です。適切なサイズ選びも大切です。

 

その他のスポーツバイク

①ピストバイク

ロードバイクに似た形のピストというジャンルのクラシックバイクが、一時、街で話題になりました。本来は競輪用のバイクですが、これがすさまじくカッコいいのです。主に街乗りの用途に向いています。無駄を完全に省いたその形は、ブレーキすら備わっていません。のちに街乗りの安全性からブレーキ装着が義務付けられた経緯があります。変速機もないので、軽量化にも貢献します。種類は少ないですが、予算に応じてお好みのものが選べます。

 

②スポーツミニベロ

主に16~20インチの小径タイヤを履いたバイクです。中には、ロードバイクのような構成のものもあり、ちょっと趣味的でオシャレなバイクです。小柄で取り回しがよく、街乗りのスポーティーな足として重宝します。

参考記事:ミニベロ性能アップの決め手:カーボンホイール

 

まとめ

今回は、スポーツバイクに興味を持ちながら、あと一歩が踏み出せないでいる方に向けての記事としました。人生は楽しむためにあります。迷ってなんかいられません。行動がすべてです。ICANでは、あなたの疑問や相談にどんどんお答えしますので、ご遠慮なくご利用ください。ICANは、あなたのバイクライフを後押しします!

 

  • Jul 10, 2020
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません