自転車に乗る10つのメリット

自転車に乗るのはいいレジャースポーツだと言われていますが、より正確に言えば、オランダの研究によりますと、自転車に乗ることで長生きできることが指摘されています。特に、コロナ流行の影響を受け、自宅で仕事をしたり、隔離したりする人もおり、多くの人が外出を減らし、各地のジムも閉店しており、毎日長時間座っていられない時間が増加し、身体の活動量も減少しています。自転車も人気があり、自転車で運動するにも、通勤用途としても、社交的な距離を保ち、体の健康を維持しやすくなります。

サイクリングメリット

アメリカ公衆衛生ジャーナルに発表されたオランダの研究によりますと、オランダ人は平均的に週75分自転車に乗っています。これらのライダーの平均寿命は、自転車に乗っていない人に比べて平均に6カ月多く生きることができ、自転車に乗ることも死亡率の低下と関連性があることがわりました。

もちろんオランダ自身は人々の自転車に乗ることを奨励しています。オランダは大規模な自転車線を敷設し、路面が平らで、車道もはっきりと表示されています。同時にオランダは自転車の乗車にも明確な規範があり、警察もよく自転車に乗って法を執行し、交通ルールに従わずに自転車に乗っている人や駐車自転車を駐車している人に対しては、厳格に処罰します。それに対して、オランダ人は自転車に乗る時に自分が尊重されて保護されていると感じますので、オランダ人も自転車に乗るのが好きです。

 

サイクリングの10つのメリット

自転車乗りは環境に優しいだけでなく、人の健康にも下記のようなメリットがあります。

1、心臓病のリスクを下げます。自転車に乗ると血液の流れが促進され、血管を強化して心臓を健康にすることができます。

2、気分を明るくします。運動はホルモン「脳内ホルモン」を分泌し、より明るく楽しい気持ちになります。

3、自分自身の免疫力を高めます。自転車に乗ると抵抗力が強くなり、コロナウイルスに攻撃されにくく、慢性病の発生を遅らせます。

4、ダイエットができます。運動強度に応じて自転車に乗ると1時間あたり約200~400カロリーのカロリーを消費することができます。

5、体型を丈夫にすることができます。自転車に乗るとお尻、腿筋、下腿筋などの下肢筋肉を鍛えることができ、長期自転車でヒップ型を丈夫に美しくすることができます。

6、脳老化を予防できます。運動医学の研究では、自転車に乗る際に左右の足を交互に踏むことで、左右の脳の機能をバランス良く発展させ、脳の老化を予防できることが指摘されています。

7、心肺機能を向上させます。自転車は良い有酸素運動ですので、一定の強度を維持させやすく、「最大酸素摂取量」と「心肺耐力」を向上させることができます。

8、皮下脂肪と内臓脂肪を効率的に燃焼させることができます。長時間と強度を維持する有酸素運動は、体に蓄えられた皮下脂肪や内臓脂肪を効率的に燃焼させることができます。

9、神経系の敏捷性を保つことができます。自転車には手眼と四肢の協調が必要があり、神経系に敏捷性を保持させ、全身の関節、靭帯もそれなりにトレーニングされています。

10、性機能の改善もできます。自転車に乗ることは心臓、心血管に非常にメリットがあり、そして人体の「脳内顎」の分泌を刺激し、人の気持ちを楽しませ、性能力も増強することができます。

ということで、皆さん、ぜひ自転車に一度乗ってみましょう!

 

関連記事: スチール、アルミニウム、チタン、またはカーボンロードバイク、どちらが選んたほうがいいですか?

 

  • Jan 31, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません