新着商品一覧今すぐ見る
スチール、アルミニウム、チタン、またはカーボンロードバイク、どちらを選んたほうがいいですか?

新しいロードバイクを購入すると時、選択肢がものすごくありますから、気に入りのロードバイクを入手するのは難しい決断になる可能性があるでしょう。 価格、仕様、ライディングスタイル、ブランド、さらには色など、選択をフィルタリングするために使用できる多くの要素があります。

 

ロードバイクフレームの素材に応じて選択できる場合もあります。 ロードバイクの製造に使用される一般的な素材は、スチール、アルミニウム、チタン、カーボンファイバーの4つで、材料はバイクの乗り心地と目的に影響を与える可能性がありますため、決定する前に主な違いを知っておくとよいでしょう。

一部の人々にとって、材料の選択は非常に重要です。フレームは新しいロードバイクの心臓部で、予算の大部分がそこにあり、素材がその中で大きな役割を果たすことができるので、賢明に選択することが重要です。

正しく選択するのに役立つ各素材の主要な属性を見てみましょう。

 

アルミニウム 

▲icanアルミロードバイクホイール

 

アルミニウムは最も一般的な素材です。主にロードバイクに手頃な価格帯で使用されています。 硬くて軽いフレームを提供するため、ロードバイクのフレームに最適です。 長い間にアルミニウムフレームは不快な乗り心地を提供するものも指摘されましたが、剛性はその設計の機能です。最新のアルミニウムフレームは過スムーズな乗り心地を提供することができるようになります。

 

アルミニウムはほとんどの大手ブランドがエントリーレベルのバイク用にされているかもしれませんが、プレミアムオプションがたくさんありますので、エントリーレベルのロードバイクに使用されているという理由だけで過小評価をしないでください。 ハイエンドパフォーマンスアルミニウムの可能性の例として、超軽量のKinesis Aetheinまたは新しいSpecializedAllezはそのものです。アルミニウムは現在、関心の復活を楽しんでいると言っても過言ではありません。 一部のメーカーはこの素材で軽量的なフレームを実現するために取り込んでいます。

予算が限られている場合、または、レース用に軽くて硬いフレームが必要である場合、アルミニウムを購入してください。

 

スチール

昔はスチールが唯一のフレーム素材の選択でしたので、新しいロードバイクを購入するのは比較的簡単でした。スチールは今でもその場所を持っており、スムーズな乗り心地で有名です。そのため、ツーリングやオーダックスのサイクリストはまだそれに傾いていますが、最新のスチールチューブセットは、高性能スチールロードバイクへの新たな関心を生み出しました。 マディソンジェネシスが数年前にVolare953で証明したように、レースでも。スチールは最近大規模なメーカーでは使用されていませんが、取り扱いが簡単であるため、 英国の急成長する特注産業。 カスタマイズされたフレームが必要な場合は、スチールが適しています。 

特注のフレームが必要な場合、またはスムーズな乗り心地を好み、少し余分な重量を気にしないため、スチールを購入してください。

 

▲ICAN カーボンロードバイク

 

チタン

チタンは、その伝説的な乗り心地、しなやかさ、衝撃吸収性のために非常に望ましい材料です。また、スチールよりも軽く、アルミニウムよりも強く、防食性があり、表面を研磨できるという事実は、寿命が続くことを意味します。 材料がまだ命じている高値札を相殺するために、それは数十年前に使用されたほど高価ではありませんが。

 

チタンは高性能のレースバイクを作るために使用でき、私たちは何年にもわたっていくつかの良い例に乗りましたが、それはしばしばスポーティなオーダックスと通年のバイク、長距離サイクリングの快適さを促進するように設計されたバイクのために予約されています。

ロードバイクを一生持ち、軽量でスムーズな乗り心地を重視するため、チタンを購入してください。

 

カーボンファイバー

AERO A9 - ICAN Wheels Japan

▲ICAN カーボンロードバイク

 

多くのサイクリストにとって、カーボンファイバー以外の選択肢はありません。これは、レースの世界で支配的な素材で、4つのフレーム素材の中で最も軽くて硬いですが、最も高価になることもあります。とはいえ、フレームの価格は劇的に下がっています。 近年では、グランドの下でカーボンバイクを購入できるようになりました。

 

カーボンは素材の中で最も柔軟性があり、バイクの乗り方を調整するための幅広い範囲をデザイナーに提供します。また、チューブの形状に制限されることはありません。このトレックマドンのように、エアロロードバイクはこの汎用性の良い例です。

ただし、カーボンファイバーフレームはすべて同じではありません。安価なカーボンファイバーと高価なカーボンファイバーには、使用するファイバーの種類、製造方法、その他の大きな影響を与える重要な要素に至るまで、大きな違いがあります。カーボンファイバーは比較的簡単に操作できます。 設計者は、軽量、快適さ、剛性など、必要なプロパティの特定のバランスを備えたフレームを作成します。

予算があり、最軽量で硬いロードバイクが必要な場合、またはエアロに行きたいという理由でカーボンを購入することがおすすめです。

 

  • Jan 07, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません