新着商品一覧今すぐ見る
カーボンフレーム?アルミフレーム?どっちを選択しますか? さっさと見ていきましょう!

新しいバイクを購入する際に、アルミフレームまたはカーボンフレームを買うことを迷ったことがありますか?

アルミフレームが重いとか、金属疲労することが心配ですか?

カーボンフレームは高価で壊れやすく、倒れると壊れてしまうのではないかと心配ですか?

実際は、それはすべての初心者が最初に入門するときにある疑問です。現在、主流の自転車フレームの素材は、スチールフレーム、アルミフレーム、カーボンフレーム、チタンフレームに大別できます。 この記事では、アルミフレームとカーボンフレームの材料、特性、長所と短所を分析して、自分に合ったフレームを選択できるようにします。

 

カーボンフレーム

カーボンフレームは「高価」で「軽量」であり、エントリーレベルのTCRADV完成車の価格は約160,000円です。エントリーレベルのカーボンフレームはアルミフレームよりもはるかに高いですが、非常に軽量で衝撃吸収性に優れているため、日常の乗り心地が向上します。 ではカーボンファイバー材料の組成は何ですか? その特徴は何ですか?

カーボンファイバー(CF)は、炭素含有量が95%を超える新しいタイプの高強度、高弾性繊維です。 炭素化・黒鉛化後、フレーク状のグラファイト微結晶などの有機繊維を繊維軸方向に積み上げて得られる微結晶性グラファイト材料です。

これは、炭化及び黒鉛化の後に、繊維軸方向に沿って鱗片状黒鉛微結晶及び他の有機繊維を積み重ねることにより得られる微結晶黒鉛材料です。

通常、炭素繊維フィラメントの形で製造されます。この「炭素モノフィラメント」は束を形成し、「炭素繊維束」になり、さらに使用するために炭素繊維布に織り込まれます。

T1000、M40などの業界の言葉をよく聞いてたですけど、これは何の意味ですか? Tシリーズは主に強度を強調し、Mシリーズは弾力性を重視しています。

カーボンファイバー製品は、1種類のカーボンクロスだけでなく、さまざまな編組クロスを積み重ねてカーボンファイバーの強度を高めています。 フレームについても同様です。たとえば、ボトムブラケット、フロントフォーク、チェーンステーなどは、受けた力が強いため、高強度のカーボンファイバークロスを使用します。

しかし、カーボンフレームにはまだ欠点があります。カーボンフレームの各部を取り付けるのは工夫する必要があります。過度の力でカーボンフレームが破損するのを防ぐために、トルクレンチで締める必要があります。また、メンテナンスと修理するときには滑り止めゴムを購入する必要があります。

まとめ:

価格:普通の場合、カーボンフレームの値段は何万円から20万円以上で販売されており、ほとんどの大メーカーのカーボンフレームは20万円を超えています。 カーボンバイクの価格は一般的に15万円以上です。

タイプ:レーシング用

メリット:軽く、快適性が高い

デメリット:高価で、メンテナンスには特別な工具が必要です

ヒント:カーボンファイバーの素材は金属のように変形したり疲労したりせず、瞬時に破損する可能性があります。自転車に乗る時には落車や衝突などのトラブルの恐れがあるかもしれませんが、普通の場合にはカーボンファイバーの強度を心配する必要はありません。

もし手に入れたばかりの自転車が損傷を受けった場合、修理はできますか? カーボンフレームは修理可能ですが、どの部分も修理できるわけではないので、できるだけ専門業者にお問い合わせください。

しかし、初めてのカーボンフレームを購入する場合、初心者の方々にとって、有名なブランドのカーボンフレームの市場価格が高価でなかなか手に入れません。値段にこだわるなら、結局は安いほうのを選ぶでしょう。

有名ブランドのカーボンフレームを購入することをお勧めしますが、品質が高く、低価のカーボンフレームもここ数年間多く製造されました。とりあえず購入前にネットで調べたり、よく周りの人の意見を聞いてみましょう!

カーボンフレームの性能を向上させるために、一流ブランドは独自のカーボンフレームテクノロジーを採用します。フレームは何回もテストを経る必要があります。パフォーマンスを向上させるために、フレームの各部位で色んな方法でカーボンファイバーを積み重ねます。 カーボンフレームは、さまざまなモジュラスカーボンクロスを使用し、優れたパフォーマンスを備えたカーボンファイバーフレームを作成します!

 

フレーム材質:アルミ

カーボン繊維が「貴族」であるならば、アルミは「国民の恋人」と呼ぶことができます。人生の初めてのロードバイクとして、多くの人々はほとんどアルミのロードバイクを選びました。アルミは市場の主流の材料の1つです。アルミニウム合金は、主流の材料として、あまりに合金の種類が多く、また特徴も異なるので、JIS規格ではそれぞれ番号を付けて区別しています。アルミニウム合金には、柔らかい性質を持っていますが、硬いのもあります。強度や重量、値段なども色々違っています。

現在、違うレベルと様々な規格の自転車はアルミのフレームが多く採用されています、しかも、カーボンフレームよりも軽量で、とても良い素材と言えます。そのため、多くの人が、初めての自転車はアルミ自転車にすることになっています。

 

カーボンフレーム

▲Emonda ALR Disc 

アルミカーのメリットは、軽量でありながら、カーボンファイバーよりも手頃な価格(コメンカル、ニコライ、バンシーなどを除く)です。デメリットは、カーボンファイバー素材よりも硬く、衝撃吸収性が低いため、快適性が損なわれることです。

アルミニウム合金は、今後も自転車製造の主原料として長く使用でき、軽量・高性能・高コスト性能を兼ね備えており、初心者や経験者の主な選択肢となるでしょう。

まとめ:

価格:低価格帯から高価格帯まで

メリット:比較的錆びにくく、軽いというイメージのある素材ですので、扱いやすいです。あらゆる種類の自転車に適しています。

デメリット:フレームは振動吸収性はあまりよくなく、複数のパイプを使用するとチューブが細くなり、フレームが壊れやすくなってしまいます。

ロードバイクを選ぶ時は、自分に合ったサイズのものを選ぶことが最も重要と言えます。ただし、フレームの素材の種類に関係なく、自分に合うかどうかを試してから 、また確認したほうがおすすめです。

 

 

 

  • Jan 09, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません