新着商品一覧今すぐ見る
ロードバイクの定番 カーボンクリンチャーホイール

ロードバイクに乗り、ホイール/タイヤに関心がある、というのは、すでに立派なロードバイク乗りの証です。

ロードバイクの軽量化の最初のステップが軽量ホイールへの交換であることも当然ご存じでしょう。

ここではお茶話感覚で、ホイール談義をはじめてみることにしましょう。

ホイールって大事だね

自転車の中で回転する部分、もちろん、チェーンホイールなどのギア類も回転しますが、最大の回転部分はホイール/タイヤです。

特に外周部の軽量化はもっとも望まれるところで、リム/タイヤに注目が集まります。

 

リムをアルミからカーボンに置き換えると、約200~500gの軽量化が可能となります。

この重量差は歴然としており、バイクのフィーリングを一変させます。

 

カーボン登場のおかげで、リムハイトの高い(重量のかさむ)エアロホイールが軽量に造られるようになりました。

エアロホイール化することで、スピードアップがねらえます。横風の影響が気になるところですが、風をいなす設計により、従来ほど気にならなくなっています。

もっともバランスの良い40~50㎜のリムハイトであればオールラウンドに乗りこなすことが可能です。

 

エアロホイールは多分にファッション的にとらえられる傾向がありますが、装着時の存在感の大きさを目にすれば、それも当然でしょう。

ロードバイクはスポーツの道具であると同時に趣味の対象でもあるという事実が、こういった情緒的な価値観を生み出していて興味深いところです。

 

カーボンクリンチャーの良さ

クリンチャータイヤ(チューブの入ったタイヤ)はチューブラータイヤより歴史は浅いですが、ロードバイクのタイヤとして十二分に熟成されており、現在もっとも支持の多いタイプのタイヤです。

 

タイヤの選択肢もふんだんにあり、求める用途にかなりの確度で応えることが可能です。

そして、ご存じの通り、パンク時の対応のしやすさは群を抜いています。

 

タイヤの中に入れるチューブについてもお話しましょう。

チューブ素材には、ブチルと軽量なラテックスがあり、一般的に用いられるのはブチルです。

このブチルには軽量ブチル製のものがあり、ホイール/タイヤの軽量化には有効です。

ただし、組み付けには細心の注意が必要であること、リム打ちパンクにも弱いため、段差に気をつけなければなりません。

さらに軽量なラテックスは、実用性を度外視したレース用といってよく、空気抜けも早くなります。

 

ホイールと同時にこれらのパーツを軽量化することも有効な方法だと言えます。

 

カーボンホイールが高価な理由

次の動画を見れば、カーボンホイールがなぜ高価なのかがお解りいただけると思います。

 

つまり、カーボン製品は、ホイールにしろ、フレームにしろ、手作業の比率がとても高いのです。また、高度な設計、制作の技術が要求されることは言うまでもありません。

 

材料となるカーボン繊維は、TORAYのT700とT800が代表的なものです。

TORAYの努力によりカーボン繊維の普及が早まったと言われ、いわば、カーボン素材の元祖であり、業界をリードする存在です。

 

ひとくちにカーボン繊維といっても、織り方、糸の太さ、弾性・強度という二律背反する条件、繊維を固めるエポキシ樹脂の種類、など様々な要素が加わり、恐ろしく多様なバリエーションが存在します。

 

私達ICANのエンジニアにとっては、どの規格のカーボンをどこにどう使うか、という点で、腕の見せどころとなります。

ICANホイールは、お求めやすい価格設定ながら、高い品質を誇っています。

 

【参考記事】ロードバイクのクリンチャータイヤを知ろう

 

ICANのカーボンクリンチャーホイール

当社はいわゆる「中華ホイール」の中でも最高峰に位置し、最新の設計と設備により、世界中に製品を送り出しています。

 

ICANのカーボンクリンチャーホイールは、すべてTORAYのT700とT800のカーボン素材を使用してカーボンリムを制作し、スポーク、ハブなどのパーツには、製品に見合った自社または一流メーカーのものを厳選して採用しています。

 

品質検査を重視しているのもICANの特徴で、完成した製品はすべてハイレベルなICANクオリティを満たしています。そのあらわれが2年間保証とUCI認定です。

 

以下に、代表的なモデルをご紹介します。

 

DT AERO50  107,000円(税込、送料無料)

リム素材にTORAY T800とT700を使用した上位モデルです。

リムハイト50㎜にして1486g  UCI認定品

 

 

AERO40 ディスク 76,400円(税込、送料無料)

扱いやすい40㎜ハイトのセミエアロモデル。1355gと軽量 UCI認定品

 

 

CBW38 45,862円(税込、送料無料)

非常にリーズナブルなカーボンホイール。1450gと充分な軽さ。しかも頑丈さには定評があります。

 

まとめ

カーボンクリンチャーの良さ、扱いやすさが、お解りいただけたでしょうか。

ディスクブレーキと相性のよいカーボンホイールは、ディスク時代の到来とともにますますクローズアップされて来ています。

そんな中、リーズナブルで高品質なICANホイールにも注目していただけると嬉しいです。

 

ICANホイールの全ラインアップは以下のサイトからご覧いただけます。

ICANホイール

 

  • Dec 30, 2020
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません