なぜもっと広いタイヤを交換する必要があるのですか?

 

ロードバイクにはまだ幅23mmのタイヤを使用しているなら、25mmまたその以上の幅に切り替えることがおすすめです。

長い間にわたって、幅23mmのタイヤがロードバイクの優先な選択でした。 多くのドライバーは21mm以上の狭いタイヤを使用していますが、ここ数年で、25mmタイヤはプロとアマチュアの両方のライダーに最も人気のある選択となっており、一部のライダーはさらに幅を広げています。 まだ切り替えを行っていない場合は、今はちょうどいい切り替えたタイムングです。 そのワケを一緒に見ていきましょう。

 

快適さ 

同じな走行状況では、幅の広いタイヤは幅の狭いタイヤより乗り心地が快適です。道路との間にはより大きな空気室があり、より広いタイヤはクランプのリスクがあることなく、圧力を低下させることができます(リムと地面の間に挟まれているため、チューブがパンクするため)。低い圧力は道から得られる緩衝量を増加させ、快適さを高めます。

多くのトップレベルのレースでバイクをチェックしており、昨年のツールドフランスのライダーの約75%が25mmタイヤに切り替えたと考えています。 これは標準的なロードステージ用であり、ライダーがさらに広くなったときに石畳を越えないようにします。

 

 

転がり抵抗

タイヤをできるだけ容易に転がしたいのですが、転がり抵抗によって一定量のエネルギーが失われます。これは、タイヤが地面に接触するところでタイヤ本体を曲げるのにかかるエネルギーです。 タイヤの幅、プロファイル、空気圧、材料の品質、タイヤのケーシングとトレッドの厚さなど、多くの要因が転がり抵抗に影響があります。

より広いタイヤはより速く転がります。「同じタイヤ空気圧で、幅の広いタイヤと幅の狭いタイヤの接触面積は同じです。 幅の広いタイヤは幅全体で平らになりますが、幅の狭いタイヤはスリムですが接触面積が長くなります。「平坦化された領域は、タイヤの回転に対するカウンターウェイトと見なすことができます。 狭いタイヤの平らな領域が長いため、ホイールは丸みを失い、回転中により多くの変形を引き起こします。 ただし、幅の広いタイヤでは、平坦化された領域の半径方向の長さが短くなり、タイヤが丸くなるため、転がりが良くなり、したがって速くなります。」

 

エアロ性能

空気力学に関連すると、それはもっと複雑になります。狭いタイヤの正面面積は広いタイヤよりも小さいことは明らかですが、タイヤとリムを一緒にすることは孤立したタイヤだけではないです。

近年、ホイールのリムが広くなり始めており、一部の原因はタイヤが広くなっているためです。

「リムを広げたホイールを作るというトレンドは、タイヤの直径を大きくするというトレンドから来ています。 特に競争の激しいロードレースではそうです 。広いリムは、大径タイヤへの機械的なサポートを提供し、分離されたエアフローがリムに再接続するのを助けるために必要です。

狭いリムの上で25 mmのタイヤを動かすとアイスクリームの効果が得られます。巨大で膨らんだタイヤシャベルが痩せたリムに座っているようになります。一方の要素と他の要素との間の不一致は、高いレベルの空気圧効率をもたらすことはないです。しかしながら、より広いリムは、より広いタイヤのために専門的に設計されており、リムはタイヤと共に空気力学的に動作します。広いタイヤで仕切られた空気流を、狭いリムではなく、より広いリムにより良く再接続することができ、抵抗を低減することができます。

たとえ幅の広いタイヤを狭いリムに装着してもエアロダイナミクスは向上しません。他の理由で交換する価値があると考えるかもしれません。例えば余分な快適さなど。

 

  • Jan 18, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません