DTホイールのお手に入れに使用コード: DT0017%OFF
SRAMのXDとXDRとは?

SRAMはXDR及びXDのドライバを生産し、11速以下でもカセットを装着できるようにしました。あなたが1x drive trainや大きいギアを装備したい場合に最適です。それは、私たちの何人かがフラットに乗っていたトッピングアウトと、下降しているときにトッピングアウトする可能性が高いことを排除するのに役立ちます。

この説明に関しては、まずはこの動画をご覧ください。さらなる情報が必要な場合は、動画の下にあります。

SRAMのXDや XDRドライバが必要?

あなたがマウンテンバイクを汚すのが好きならばXDドライバにたどり着くでしょう。XDドライバは、8,9,10スピードのhyper glideフリーハブのボディとサイズが同じです。XDRドライバはロードバイクや、シクロクロス、グラベルバイクなどに使われます。XDRドライバはXDドライバよりも2mmほど長く、11速のhiper glide フリーハブボディと同じになるように設計されています。違いを覚える簡単な方法は、「R」がロードバイク用であることを理解することです。XDRドライバは,1.85mmのスペーサーを使用することにより、10速のXDカセットを装着することが可能です。

XDドライバとは?

2015年、SRAMは10速のカセットを使用するために新しいXDドライバを開発しました。10速を使用することにより、カセットのギア比を広げることができ、SRAMでダブルチェーンリングのセットアップと同様に1x11も機能させることができます。小規模なニッチサイクリングコンポーネントサプライヤーから、9速用も見つけることができます。SRAMは特許をオープン化し、XDをリリースしたため、多くの企業がこの時流に飛び乗り、独自のXDドライバの生産を開始しました。そして、これはXDが現在の車軸設計とラチェットメカニズムで動作するように設計されているということによって助けられました。唯一関与していない主要な会社はシマノです。SRAMはまた。XDドライバには従来のフリーハブよりも利点があると述べています。カセットはぐらつきが軽減し、本体に傷がつく可能性が低くなります。フリーハブはより安定し、ベアリングの耐久性向上が期待できるでしょう。

 XDRドライバとは?

 

XDRは、上記のXDドライバのロードバイクバージョンです。それは、XDドライバよりも1.85mm長く、11速のロードバイクのホイール用に設計されました。そして XDドライバと同様、従来のフリーハブボディよりも優れている点があり、標準のフリーハブボディよりも6~8グラムほど節約することが可能です。XDとXDRドライバにとっての最大の利点は、大きなカセットに変更した時にホイールを再調整する必要がなくなることです。作業にかける時間が少ないということは、私たち全員が自転車を楽しむために多くの時間を費やすことができるということです。

  • Oct 08, 2019
  • カテゴリー: News
  • コメント: 2
{"one"=>"{{ count }}件のコメント", "other"=>"{{ count }}コメント"}
KLdhkgTI November 13, 2019

lIUdrBynHkZ

VqBEtrdFCGL November 13, 2019

lcevOmGDCV

コメントを残す
ショッピングカート
0
カートに商品はありません