DTホイールのお手に入れに使用コード: DT0017%OFF
カーボンホイールのメリットとデメリットを徹底解説!

本当にカーボンファイバーホイールが必要ですか?

カーボンホイールは自転車の乗り方や乗り心地に大きな違いをもたらし、カーボンホイールは過去10年間で非常に人気があります。 プロの選手はカーボンホイールでレースに参加しており、従来のアルミホイールに取って代わる傾向があります。しかし、カーボンホイールはプロの自転車レーサーのためだけのものでしょうか?

プロやサーキット以外でも意外と人気があり、アマチュアレーサーやスポーツサイクリストがカーボンホイールにアップグレードしています。 これはここ数年間で選択肢が増加し、より手頃な価格の商品が増えたことのおかげです。 製造メーカーは初期のカーボンホイールの問題点のほとんどを解決し、ブレーキ性能が大幅に改善されました。

今回はカーボンホイールメリットとデメリットを見てみましょう。

aero35

長所は一言といえばエアロ効果、軽量でかっこいい見た目ということです。

空力効果。 カーボンホイールへのアップグレードの最大の魅力は、ボックスセクションのアルミニウムリムより空気力学的に優れていることです。 カーボンホイールが抗力を大幅に削減することを示している大手メーカーからの風洞データが多数あります。タイムトライアルでもロードレースでも、カーボンホイールでレースに参加すれば、カーボンディープホイールは高速で顕著に変化することがよくわかるでしょう。

軽量。アルミでディープリムを構築すると、非常に重いホイールになります。カーボンは金属に比べ、はるかに軽いので、エアロホイールに最適な素材です。最軽量のカーボンファイバーホイールは、チューブ形状のリムを備えており、非常に軽いです。例えばICAN AERO35ホイールは僅かに535gです!ヒルクライムならカーボンファイバーのチューブラーが最適です。剛性と重量は、アルミホイールよりも優れています。

乗り心地とパフォーマンス。優れたカーボンホイールは、自転車の乗り心地を変えることができます。剛性はアルミニウムのホイールセットよりも大きいため、力が強いライダーが自転車の感触に明確な違いをもたらし、応答性が向上します。一部のカーボンファイバーホイールは、荒れた路面でもよりスムーズな乗り心地が提供できます。

見た目がかっこいい。これがどれほど重要かを過小評価しないでください。ディープリムを転がしたときの洗練されたロードバイクの見た目は、とてつもなくすごい魅力はあります。多くの人が認めないかもしれませんが、大勢の人は主に外観のためにカーボンホイールに投資しています。

ICANカーボンホイールAERO40C 

デメリットはブレーキ制動性能、高価、耐久性問題というところです。

制動性能。初期のカーボホイールは、止まるのがかなり悲惨でしたが、メーカーはこれらの初期問題から抜け出す方法を考えました。 問題の多くは熱の蓄積が関係していました。 初期のカーボンホイールの問題である、使用されている樹脂とカーボン固有のブレーキブロックのタイプから、熱の管理に関して大きな改善が行われました。 最新のカーボンファイバーホイールは、これらの初期のデザインと比較して、ブレーキ性能が大幅に向上しています。 それでも、特に雨天ではアルミ製ホイールの方がブレーキがきちんと効きますが、カーボンはあまり効かないのが現状です。そのためカーボン製のディスクブレーキホイールが登場しています。

耐久性。 カーボンは素晴らしく頑丈な素材であり、カーボンホイールは驚くほど耐久性がありますが、アルミニウムとは異なり、曲がりません。対応しきれない負荷がかかったり、鋭い衝撃や衝突による損傷を受けやすくなります。 曲がったアルミニウムのリムは、家に帰るのに十分なほど真っ直ぐにすることができますが、カーボンのリムは異なり、ほとんどの場合、使用不可になります。 ですから、できるだけ品質保証があるメーカーさんがおすすめです。例えば2年保証付きのメーカーのICANがオススメです。

高価。 アルミホイールのように安くはありません。5万のものがあれば、50万のものもあります。 しかし、近年では手頃な価格になっています。

まとめ

カーボンホイールはとても人気があり、これまで以上に多くの選択肢と低価格を備えていますが、明確な長所と短所もあります。 レースに出て余裕があれば、カーボンファイバーホイールは簡単に正当化できますが、ブレーキ性能、価格を重視していなければ、従来のアルミニウムホイールもまだ使えます。

  • Oct 16, 2019
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す
ショッピングカート
0
カートに商品はありません