DTホイールのお手に入れに使用コード: DT0017%OFF
ロードバイクリムの深さとは?

35、40、50 、55、86なの数字が常にカーボンホイールに表示されますが、これらの数字が一体何の意味であるかを今回解説します。

 これらの数字は、ホイールの空気力学のリムの「深さ」をミリ単位で表しています。たとえば35を例にとして、タイヤがホイールに取り付けられたところから、リムがハブに向かってさらに35ミリメートル伸びることを意味します。ICANでも、AERO40 やFL 50などの製品名にそれらが表示されます。

カーボンホイールの最大のメリットの1つは、空力性能の向上です。 空力は、サイクリストがどれだけ速く、どれだけ効率的に乗れるかに大きな役割を果たします。 友達と一緒に乗っていることを想像してみてください、他のライダーの後ろに漕いで追い越したいと、あなたのホイール空力特性が優れているため、それらに追いつくのははるかに簡単です。

ライディング時にあなたの体を除いて、ホイールが最も空気力学的な抵抗を生み出すものです。 この影響を打ち消す方法はリムの「深さ」を増やすことです。 リムが深いほど、ホイールの空力が向上し、より効率的かつ高速に風を切ることができます。 深さ86mmのホイールは、35mmのホイールよりも空力性能が高く、長時間の高速ソロライディングやトライアスロンなどにおいて空力性能が非常に重要な状況でよく使われます。

ICANカーボンホイール

なぜ35mmリムを選択する人もいますか?86mmリムの方が空気力学的に優れているのではないか?

答えは、ホイールの空力を高めることで、横風(横からの風)の影響を受けやすくなることです。 86前後で走っていると想像してみてください。深い車輪の空気力学のために素早く動くことができますが、突風が横から来ると、自転車全体を横に押します。トライアスロンのように一人で乗っている場合、これはそれほど大したことではありませんが、サイクリストのグループに乗っている場合、この横押しは他のライダーに影響を与える可能性もあります。少なくとも、それはあなたの側に余分な集中を必要とします。 35mmのような「より浅い」ホイールは、横風の影響を受けにくくなります(逆に、空力的優位性も低くなります)。

重量も重要な考慮事項です。 35mmホイール86mmホイールよりも軽くなります。リムの製造に使用されるカーボンが少ないためです。軽いホイールはより速く加速し、丘を登るのがはるかに楽になります。つまり、全力疾走して山登りをする場合は、より浅いリム(35など)が最適かもしれません。

前後に異なる深さのホイールを持つライダーがいるのはなぜですか?

前輪はステアリングのために回転できるため、横風の干渉を受けやすくなります。 後輪は固定されているため、横風が当たった場合、ハンドリングにほとんど影響しません。 これは、リアにより深いリムを使えることです。ICAN DT FL40/55ホイールセットは、フロントに40 mmのリム、リアに55mmのリムを備えた代表的な例です。 このような非対称ホイールセットを使用すると、風の強い状況で安定性をそれほど犠牲にすることなく、空力面での優位性を享受できます。 また、リムの深さが追加されているため、後輪の強度と剛性が向上するという利点もあります。これは、重くて高出力のライダーにとって非常に重要です。

ICANカーボンホイール

ICAN 新しいAERO405086などのホイールはどうですか?

私たちはより有用な範囲の製品ラインを顧客に提供したかったから、さらに軽量的と空力的なホイールセットを設計されました。

また、フロントリムとリアリムが異なるように特別に設計し、システムとして連携することも決定しました。これは、前輪と後輪にまったく同じリムを使用しているほとんどのブランドとは大きく異なります。これをシステムデザインと呼びます。

ICAN AERO35/50-クライミングとスプリント向け-深さ35mmのフロントホイールと深さ50mmのリアホイール。フロントリムは、これまでに作った中で最も低いリムの深さと最も軽いリムです。リアリムの深さは50mmで、ハードクライミングとハイパワースプリントに必要な強度と剛性を提供します。

ICAN AERO40/55-汎用-深さ40mmのフロントホイールと深さ55mmのリアホイール。以前は、深さ40mmのホイールが万能であることが広く受け入れられていました。特に低い横風抵抗と進行方向の優れた空力特性を備えたホイールだと言えます。

ICAN AERO55/86-トライアスロン-55mmの前輪と86mmの深さの後輪。このホイールセットは、レースやトレーニングでの空力的優位性と、さまざまな風条件での扱いやすいハンドリングのバランスを保つように設計されています。超深さ86mmのリアリムは、これまでで最も空力に優れたリムです。横風の安定性に最適化された、深さ55mmのフロントリムと組み合わされています。この組み合わせにより、幅広い条件に適した究極のトライアスロンとタイムトライアルホイールセットが実現します。

  • Sep 12, 2019
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す
ショッピングカート
0
カートに商品はありません