知ったら絶対欲しくなる!グラベルロードバイクとは?

昨今の健康増進やコロナの影響を受けて、自転車の需要は高まるばかりで、日本国内では昨年比20%増の売り上げを見せるなど好調が続いています。

そのなかでも勢いが特にあるのがグラベルロードバイクと言われています。

 

ロードのような巡航性とMTBようなの悪路にも強い性質をもった、まさに自転車界の二刀流ともいっていい存在のグラベルロードバイクは、オンロード・オフロードともに場所を選ばず連れていける相棒として大変人気があります。

 

今日はグラベルロードバイクの魅力と、昨年来、ICANが世に送り出しているグラベルロードバイクを紹介していきたいと思います。

 

グラベルロードバイクって何?

グラベルロードバイクとはアメリカ発祥の自転車で、主にダート(砂利道)と舗装路両方の走行を視野に入れた、長距離走行向けのロードバイクです。

  

アメリカのような広大な土地を持つ国々では、日本のように必ずしも舗装された道路ばかりではなく、砂利道のような未舗装の道路は数多く存在します。

そんな過酷な路面下においても、ロードバイクのように楽しく機能的に移動したいというニーズに応え開発されたものです。

 

グラベルロードバイクの特徴としては、ダートや舗装路を含む長距離を快適に走る事が出来るよう、振動吸収性を高くし、悪路でも安定して走行できるよう頑丈に設計されています。

 

オフロードで行われる自転車のシクロクロスがMTB寄りだとすれば、グラベルロードはロードバイクよりの自転車と言えます。

 

シクロクロスとの違いは?

ican

グラベルロードバイクはシクロクロスと混同されがちですが、主にシクロクロスは競技規定を満たし、700Cホイール、横幅33mm以下のタイヤを装着したドロップハンドルタイプの自転車です。

 

シクロクロスの特徴はトップチューブが地面と、より水平に近い設計になっています。競技レースへ参加した場合、障害物を超えるために担ぎやすくし、軽量化を図った為です。

 

一方で、グラベルロードバイクはダートや舗装路を含む長距離を快適に走る事が出来るよう、振動吸収性を高くし、ダートのような悪路でも安定して走行できるよう頑丈に設計されています。

 

通勤にとっても便利なグラベルロードバイク!

グラベルロードバイクが悪路に強く乗りやすいことはわかったけど、自分はオフロードは興味ないし関係ないと思っている方がいたらそれは大間違いです。実は普段の通勤時の利用こそがベストと言えるのです。

 

その大きな理由としては

・タイヤが太く非常に安定感があり、パンクもしにくい!

・ディスクブレーキを採用しているため、急な雨などの悪天候に強い!

・ハンドルの幅が広いため、リラックス状態で長時間乗れる!

・荷物をたくさん搭載できる!

 

などなど、このほかにもたくさんの長所があります。

 

自分も経験がありますが、自転車通勤で何が怖いかって通勤途中でのパンクですよね?

もしパンクしたら会社に遅刻するし、対処に困ってしまいます。

ロードバイクは速くていいのですが、タイヤが細く異物を踏んだ際の外的要因に弱いので簡単にパンクしてします。

 

その点、グラベルロードバイクはある程度の走行性は保たれた上に、タイヤが太くパンクもしにくいとあって数十キロの長距離通勤も全然苦ではなくなります。

 

急な天候の変化では雨でブレーキが効かなくなるのでは?という心配もありますが、ディスクブレーキを搭載しているため制動力が強く、安心して乗ることができます。

 

不安な要素があまりなく、通勤を自転車に変えるだけで適度なフィットネス運動ができるわけですから、通勤に利用したいと考えている方であれば、非常に最適な自転車と言えます。

 

ICANが満を持して送り出すX-Gravel(グラベルバイク)!

 グラベルロードバイクとは

そんなホットなグラベルロード市場において、昨年、ICANが満を持して発売した自転車がX-Gravel(グラベルバイク)なのです。

X-Gravel(グラベルバイク)は、ICANがライダーのニーズを徹底的に突き詰めた自転車で高い評価を受けています。

 

それでは主に5つのすぐれている点を紹介しましょう。

 

①どんな悪路にも負けない耐久性と振動吸収性で乗り味を追求

 

東レT700カーボンファイバーによってボディは強化され、非常に硬いフレームセットなっています。

BSAボトムブラケットエリアを採用されていますので、エネルギーのすべての力を確実に路面に伝え、非常に速く進むことができ、振動吸収性能も優れ、乗り味も同時に追及しています。

 

②タイヤサイズに拡張性がある

装着しているタイヤのサイズによってオフロードよりのグラベルロードか、ロードバイクよりのグラベルロードに大別することができます。

700Cであれば50Cまでは互換性があるので、用途や好みに合わせて変更できるのが大きな特徴です。

 

③たくさんのダボ穴で使い安さを追求

X-Gravel(グラベルバイク)は短期間のレースよりも長期間のツーリングを重視して設計されています。そのためバイクパッキングのしやすさは勿論の事、晴れた日の舗装路から雨の日の泥道まで、走行する環境に合わせた柔軟な対応が可能になります。

サイクルキャリアを取り付け出来るダボ穴が7か所も施されているので、長距離ツーリングを視野に入れ、サイドバッグなどを取り付けるのに大変役立ちます。通勤時で荷物が多くなった時も全然安心です。

 

④ディスクブレーキ対応で制動力が強い

ICAN GRAVEL

ディスクブレーキはご存知の通り、雨天走行時に砂利や泥などが詰まりにくい他、タイヤ径の大きさによりロードバイクよりも走行中の安定感が増し、路面が濡れていてもスリップする心配がありません。

ロードバイクを購入しようとしている初心者の方にも安心して乗ることができます。

 

⑤豊富なカラーバリエーションと超軽量

フレーム色のオプションは5種類。

落ち着いた黒から、ビビットなピンク、またカメレオンなど攻めた色使いもあり、自分の個性を表現できますね。デザインも素晴らしいと評価が高いです。

 

またフレームセットの総重量はたった1466gで超軽量となっています。

(フォークは395gで、フレーム本体は1071g です)

 

まとめ

セカンドバイクとしてグラベルロードバイクを購入するのもよし、初めて購入して通勤、通学用に使用し、週末などに短距離のツーリングに出かけるのもよし。

グラベルロードバイクにはその快適性と走破能力で可能性を無限に広げてくれます。

 

グラベルロードバイクを購入する際は是非、ICANのX-Gravel(グラベルバイク)を検討してみてください!

フレームを変えることでさらに自分のオリジナルの一台を生み出してくださいね。

決して、皆さんを後悔させません。

 

  • Jul 07, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません