DTホイールのお手に入れに使用コード: DT0017%OFF
様々な自転車のタイヤの仕様は何を意味するか

 

皆さんは、タイヤのサイズに関して、ロードバイク用とグラベルバイク用が存在することを既にご存知だと思います。私達は、ワイドなタイヤで、速度維持性能を低下させにくいタイヤの研究を開始しました。それらは、今よりも速度を上げやすくなおかつ快適性を高めます。問題点は、どのようにして、あなたが必要なタイヤを見つけるかということです。どのタイヤがあなたのホイールのリムに合うか?タイヤのサイズは?タイヤの側面には、いろいろなサイズの情報が書かれていて、わかりにくいものです。私達は、お客様のために、サイズ表を作成しました。

どのサイズのタイヤが必要か?

あなたが快適性を求めるなら答えは簡単。サイズの大きいタイヤをつけることで乗り心地は向上しますが、あなたのホイールのリムに適するか、フレームとフロントフォークの間にクリアランスはあるか、です。しかし、多くのメーカーはあなたのホイールに対応する最大サイズを明記しています。

ロードバイク用タイヤのサイズ適応表はあるか

はい。ございます。あなたがタイヤについて特に他に知ることがなければ、あなたのリムに対応するタイヤのクイックガイドを読むだけです!

タイヤサイズ

上記の表は、リムの内幅とリムに対応するタイヤのサイズを表しています。あなたが赤い枠のところのタイヤをつけたい場合、不適切なタイヤをつけることでリスクを伴います。

なるべく避けましょう。ご覧の通り、リムは様々なタイヤのサイズに対応します。そして、あなたのライディングにあったリムを選ぶ価値があります。今、モダンライディングスタイルにフィットするために私達は、18.25の内部幅の軽いエアロホイールを採用しています。

 ERTOとは何か

サイズ 

 あなたは、メーカーが新しいスタンダードを愛することを知っていますか?アイデアは、その期間の間、自転車業界は毎週私達に与えていました。幸いにも、我々はそれから離れました。だけれども、これはERTOと共にある必要があるのか?国々は、独自のタイヤを測る方法があります。それらのすべてのスタンダードが消費者に悪夢をもたらしています。それらは、すべてを簡単に、タイヤのサイズの世界標準のガイドを作成することを決断しました。その新しい方法は、E.T.R.T.Oシステムと呼ばれ、あなたは見たことがあるかもしれません。それは、ヨーロッパのタイヤとリムの技術組織です。その組織は、ISOの一部に採用されました。世界組織として標準化しました。ERTO規格に与えられた特定の名前はISO5775です。6種類の26inchタイヤが使用されていたということでナビゲートする必要がないので、とても容易です。

ERTOは何のタイヤのサイズのマーキングを教えるか

ISO/ERTOの標準システムは2つの数字を使用します。まず最初に、ワイドのタイヤがどれぐらい膨らむかです。また、このガイドはほとんどのメーカーに値します。異なるリムがこの幅に影響します。あなたのリムはあなたのタイヤの形に変えることができ、次のガイドで推奨するサイズを見ることができます。

 二つ目は、ホイール・タイヤ・リムのサイズが人々を混乱させます。混乱させる理由として、この数字は殆どの人々が日々の会話の中で使うホイールとタイヤの数字の値ではないからです。ERTO組織のもとであなたのホイールが622mm、700cと呼ばれるものでしたら、あなたは適切にフランス方式を使用することができます。622は、マウンテンバイクの29と同じです。マウンテンバイクは一般的に「インチ」という表現が使われます。例外を除き、新しい標準は27.5です。それはたまに、650bのようにフランス方式でサイズを説明されることがある。ご存知の通り650aや650cもあります。ERTOのもとでは584mmです。文字のない650タイヤは幅が狭く、文字を上に移動すると、フランスのシステムでタイヤが広くなります。フランス方式は、サイズを測定するためにタイヤの外径を計ります。Iso/ERTO方式は内径を計ります。インチ方式はERTOやフランス方式よりも具体的ではないため、測定にはあまり優れていません。

なので、あなたが622x35mmを探しているならロードバイクよりも、グラベルやシクロクロスの方がバリエーションは多いようです。ERTOの番号が記載されたチューブを購入するととても楽です。間違ったチューブを購入することもありません。

 どのタイヤのサイズがICAN FLとAERO RIMに適応させることができるか

ホイールサイズ

 弊社のエアロホイールとfast and lightホイールは空力を考慮したリムの形になっています。

唯一違う点は、エアロレンジは東レT700とT800カーボンファイバーを構造で使用しています。カーボンファイバーの混合により、aeroホイールセットは、fast and lightホイールよりも約100gほど軽くなりました。両者のリムも、18.25mmの内部幅を備えています。これにより、幅25mmのタイヤから幅40mm程度のタイヤまで対応することが可能です。25m幅は現代のロードレーサーに人気があります。リムにぴったりフィットし、タイヤとリムのインターフェースの間に生じる抗力を減少させ、自由なスピードを実現します。幅40mmは、大多数のグラベルライダーにとって十分です。あなたが他にもっとオフロードを走り、40mmよりもワイドなものが欲しい場合、29er XCホイールの方がいいかもしれません。これらのサイズの間で、UCIの最大幅のシクロクロスのタイヤを使用することができます。AEROとFL RIMSにこれらの33mmワイドタイヤを簡単に装着することが可能です。

 

ところで、チューブレスの準備ができましたか?!

 

  • Aug 16, 2019
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す
ショッピングカート
0
カートに商品はありません