ミニベロの最新トレンドとは?機能性とデザインから紹介!

今となってはミニベロの種類も数多く、その中でベストな一台を選び抜くのはなかなか難しいものです。そんなときミニベロ選びのヒントにしていただきたいのが「トレンド」です。ミニベロは時代によって変化するライダーの趣味や嗜好(しこう)に合わせて日々進化しており、過去と比べると飛躍的な変貌をとげています。今回は、数あるミニベロから最適な一台を選ぶために、最新のトレンド情報をお届けします。

 

機能性から見たミニベロのトレンド

従来のミニベロは街乗りを想定した設計がされており、機能は限定的なものでした。しかし今では女性サイクリストやアウトドア人口の増加、フードデリバリーサービスの普及などでミニベロを取り巻く環境は大きく変わり、それに応じて機能にも変化が見られます。いま人気を集めるミニベロの代表的な機能性をいくつか紹介しましょう。

ミニベロ

追求された軽さ

ミニベロはそのコンパクトさから女性ファンが多い自転車です。これは昔も今も変わりませんが、女性の自転車人口が増えるにつれて、以前にも増してミニベロの女性人気はたしかなものになっています。

 

そして女性のミニベロ選びにおいて車体の重さは非常に重要で、それに答えるかのように今まで以上に「軽さ」を強みとしたミニベロが登場しています。通常ミニベロは地面から受ける衝撃をできるだけ和らげる頑丈なクロモリ素材を用いるのが一般的でした。そのため小さいミニベロといえでも車体の重量が10kgを超えることは珍しくなかったのです。

 

軽量化が重要視されはじめてから、より軽い素材であるアルミやカーボンに注目が集まりこれらの素材でできたミニベロは圧倒的な軽さを実現しています。その車体重量も10㎏を切り6㎏台のものまで登場するほどです。ただアルミは耐久性に弱点があることから従来のクロモリと融合させたハイブリッドモデルも現在増えてきています。

 

アウトドアに強い走行性能と使い勝手

ミニベロの特徴は様々なシーンで乗り回せることです。もはやミニベロが街乗り用であるという考えは古いかもしれません。実はキャンプや旅の移動手段として、アウトドアと抜群の相性があるのがミニベロなのです。巷ではミニベロを販売するアウトドア用トレーラー販売店もあるほどです。

これまでミニベロはホイールの小ささやホイールベースの短さがあだとなり衝撃耐性に弱く、段差の多いごつごつした砂利道や山道といったいわゆるオフロードは苦手分野でした。それも元をたどれば舗装された街で比較的短い距離を移動することを想定された自転車のため仕方ないのですが。

 

ですがミニベロは折りたたむとコンパクトになることから車への積載や輪行の電車移動が簡単にできるので、出先をより楽しむための移動手段としてもってこいなのです。アウトドアの一部としてミニベロを使うユーザーが増えたことで、アウトドアシーンに適したミニベロが根強い人気を集めるようになりました。

 

従来のミニベロとの違いはまず「サスペンション」が付いていることです。サスペンションとは、地面からの振動を逃がすためのバネのことです。このバネがサドル下にあることで振動が軽減されオフロードでも快適に走行できます。

 

また「ディスクブレーキ」も昨今のミニベロに見られる流行でしょう。従来のブレーキはホイールリムをブレーキシューで挟み回転を止めるリムブレーキが主流でした。リムブレーキは今でも多くの自転車の標準装備となっていますが、日常のブレーキングによってリムがすり減ることでブレーキの利きが悪くなるという弱点があります。また雨の水滴がリムとシューの間に入り込むことブレーキの利きが悪くなり、特に坂道での制動性が著しく低下してしまうのです。

 

対してディスクブレーキは、ホイールに付いたディスクローターをブレーキパッドで挟むことで自転車を止める仕組みです。これにより雨の日でも制動性を落とすことなく安定したブレーキングを実現できます。旅先の急な雨や長距離の移動でも安全性が保たれるとして、ディスクブレーキを搭載したミニベロがいま増えているのです。

 

ミニベロがアウトドアで重宝される理由はなんといっても使い勝手のよさです。持ち運びが便利という意味もありますが、ミニベロは意外にも荷物の積載性能に優れています。アウトドアで使うことを想定され、後ろにカーゴが付いたタイプのミニベロももはや一般的となってきました。カーゴが付いていることでバックパックが荷物の積載量が大幅にアップし、キャンプ道具も難なく運べてしまいます。またカーゴは子供を乗せたり、フードデリバリー用のバックを載せたりと用途も多いため使い勝手がいいカーゴ付きミニベロもトレンドといえます。

 

電動アシストが人気

ミニベロはライダーが地面から衝撃を受けやすく、体への負担が大きいため長距離移動は向かないとされています。ですが電動アシストつきのミニベロがその常識をおおきく変え始めていることをご存知でしょうか。その自転車こそ電動アシスト機能を搭載した最新のミニベロです。

 

今までも電動自転車としてのミニベロはありますが、電動アシスト機能のミニベロとは区別されます。その理由はバッテリーの位置と走行性能の違いです。従来の電動自転車の多くがサドルの下にバッテリーを装備しています。それにより重心が安定しゆったりとした走りやすさはあるものの、ミニベロ特有のスピーディーな小回りを少なくしていました。一方で電動アシスト機能のミニベロは自転車のスピード感を損ねず、よりスポーティーに楽しむことを実現しています。

 

電動アシスト機能はもともとe-bike用の技術です。e-bikeとはスポーティーな電動自転車のことです。e-bikeは海外では浸透しており、ようやく日本でも人気が広がり始めました。e-bikeは斜面でも快適に走るアシストを目的に設計されており、坂道や山道の多い日本こそ適した自転車であるので、これから一層の注目を集めることは間違いありません。

ミニベロ

デザインから見たミニベロのトレンド

ミニベロを選ぶ醍醐味といえばやはりバリエーション豊かなデザインにありますよね。自分好みのかわいい一台を選ぶというのは、今も昔も変わらないミニベロの楽しみ方です。巷のトレンドではかわいさとあわせて「スタイリッシュさ」も欠かせない要素となっています。最近のミニベロに見られるトレンドをデザイン面から紹介しましょう。

 

近未来を思わせる洗練されたデザイン

従来のオシャレなミニベロは都会にも溶け込むクラシカルデザインが主流でした。淡い色使いと細いフレームで洗練された都会の街によく馴染み、オシャレアイテム的要素が定番とされていたのです。今もオシャレを追求するというデザイン性は共通していますが、最近のミニベロには「近未来」というコンセプトが強く感じられます。よりアーバンシティに溶け込むようメタリックなフレームと高級感を与えるシンプルな見た目のデザインが増えており、ブラックやホワイト、シルバーといった落ち着きのある色合いが多くみられます。

ミニベロ

一方、我々が展開するICANが展開するミニベロもF1を筆頭に機能面は元より、デザインも洗練されてきました。また圧倒的なコストパフォーマンスで市場に強力なインパクトを与えています。これからもミニベロの市場に新しい風をどんどん吹き込んでくれることでしょう。今後のICANにますます注目ですね。

 

低いトップチューブが人気?

ミニベロにはトップチューブが高い位置にあるタイプと低い位置にあるタイプものがあります。高位置にあるタイプはクラシカルでオシャレな印象を与えますが、またぎにくいという欠点があります。トップチューブが低い位置にあるミニベロはまたぎやすく、男女ともに人気のある自転車です。初心者や女性でも乗りやすいことや自分好みにカスタマイズもしやすいため、都会やアウトドアなどあらゆるシーンに馴染んでくれます。様々なユーザー、幅広いシーンに合うめトップチューブが低いタイプのミニベロは街中でもよく見かけますね。

 

まとめ

今回の記事ではミニベロのトレンドを機能性とデザイン性から紹介しました。ミニベロはどんな場面でも活躍してくれるため、自転車のなかでも一番汎用性がある自転車といえます。ミニベロの購入や買い替えを検討する際は、ぜひトレンドにも注目をしてベストな一台を選んでみてください。

 

  • Sep 10, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません