CXシクロクロスとGravelグラベルとロードディスクの違いは?

 ICANの最初のグラベルX-Gravelが発売されてから1年以上が経ちましたが、多く人が、グラベル自転車とはどのような自転車ですか?、ディスクブレーキロードとオフロードロードですかと聞きました。ですので、この記事はこれらの質問に答えます。

グラベルバイク、CX(シクロクロス)、ロードディスクの違いはまだわからない!

今回は、Gravel Bikeの知識ポイントを一緒に勉強しましょう。

これら3つのモデルの共通点は、700Cホイール直径、ロードコーナー、ディスクブレーキですが、これら3つの点を除けば、シナリオが大きく異なります。

 

ロードディスク 即ち ディスクブレーキロードバイク

AERO A9

ロードディスクは、ディスクブレーキを備えた通常のロードバイクを改良したもので、設計と製造はUCIの厳しい規制を受けています。 ロードディスクの使い方は通常のロードカーと同じで、舗装路での走行とレースのみです。タイヤ幅は通常23C〜32Cに設定されています。現在、主流のタイヤ幅は25C〜30Cです。 幾何学的なデザインは通常のロードカーと同じです。

 

CX(シクロクロス)即ち オフロード自転車

クロスバイク

CX(シクロクロス)はオフロード目的で使用されます。では、CXとグラベルをどのように区別するのでしょうか。

 

CX(シクロクロス)は自転車開発の歴史の中で最も初期のモデルの1つです、そのため、CX(シクロクロス)の歴史は、マウンテンバイクが登場する何年も前の前世紀の初めにまでさかのぼることができます。最初のマウンテンバイクであることを知っておくことが重要です。 1974年に登場しました、もちろん、UCIには、CXの設計規制も数多くあります。

 

一般的に、CXのタイヤ幅は33C(UCI規制)を超えず、アウタータイヤはほとんどが大粒子ギアタイヤで、軟弱な土壌や複雑な未舗装道路に適しています。 ジオメトリは競争力のあるパフォーマンスに向いているため、CXのフレームジオメトリは非常に過激になります。

CXレースでは、非常に複雑なオフロード状態に直面するプレーヤーは、自転車から降りて自転車に抵抗する必要があることがよくあります。したがって、CXのトップチューブは通常、水平トップチューブとして設計され、トップチューブの下部は平らな面としても設計されています。

 

したがって、次にオフロードタイヤ付きのロードバイクを見るときは、最初に見てください。

 

タイヤ幅は33Cより大きいですか

 

トップチューブが水平かどうか

 

アッパーチューブの内壁が平らかどうか

 

このようにして、CXまたはGravelバイクをすばやく識別できます。

 

 

グラベルバイク 即ち ロードアドベンチャービークル

X-Gravel グラベル

(砂利ロードバイクと呼ぶ人もいます)

グラベルバイクは快適! 快適! 快適!

 

より広いタイヤ幅のサポート:快適!

 

より圧縮されたフレームジオメトリ:快適!

 

より安定したデザイン:快適!

 

ICANのグラベル自転車X-Gravel、より広いタイヤ幅に対応でき、超快適フレーム形状、軽量カーボンファイバーフレーム、カーボンホイールセットを搭載されます。すべてが乗るときにもっと快適になるように設計されています! 遠く、長く、楽しく乗れるようになり、さまざまな路面状況に対応しやすくなります!

 

グラベルバイク、CX(シクロクロス)、ロードディスクの違いが説明しました、ご参考になればと思います。

 

関連記事:ロードバイクは完成品よりも部品個別購入が多い理由

 

  • May 25, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません