ホイールで何が変わる??ミニベロホイール交換のすすめ

持ち運びが便利で何かと小回りが効くミニベロ(小径車)ですが、欠点を挙げるとするならば走りの面でロードバイクなどに比べて劣ってしまうことではないでしょうか。

その欠点を補うにはどうしたら良いか…

手っ取り早く改善できることは足回りの改善です。

つまり、ホイールやタイヤのグレードアップです。

地面と接地するパーツであるホイールやタイヤを変えるだけで走りは劇的に改善します。

 

今日はミニベロのタイヤやホイール交換の効果について考えていきたいと思います。

 

ミニベロに乗っていて物足りないと感じる人の多くの原因は、自分の思うようなスピードが出ないという事ではないでしょうか?

 

グレードにもよりますが、既製品で売られているミニベロに装備されているホイールやタイヤは大抵、エントリーグレードであって、走りを重視したものではありません。

改善を期待したいのであれば、まずは、高性能なスポーツタイプに変更してみましょう。

こうするだけで、走りの違いにすぐに気が付くはずです。

 

タイヤを替えるだけで走りが変わるってホント??

FI 折り畳み自転車 ICAN

初心者の方ですぐにでも実感を得たいのなら、まずはタイヤの交換をしましょう。

スポーツタイプのタイヤにすれば、細くて高圧であるので接地面積が少なく抵抗が少ないので、非常に転がりが良くなります。

 

それでなくてもミニベロはホイールの径が小さいがゆえに、どうしても転がり抵抗が大きくなってしまいます。タイヤ交換によって改善することで、走りの感触とスピード性能に変化を感じられます。

 

タイヤの次はいよいよホイールを交換してみよう!

 ICAN 折り畳み自転車F1

ミニベロでも自転車の高速化を本気で考えているなら、高性能なホイールに変えてみましょう。ホイールといっても様々なタイプがありますが、アルミからカーボンに変えることで軽量化を図ることができますので、加速性(低速も高速も)、巡航性、快適性、制動性、ハンドリングが格段に向上し、そしてなりよりも見た目がかっこよくなります。

 

ペダリングを止めてしばらく惰性で進んでみると、これまでの違いに驚くはずです。これまでよりも速度の低下が緩やかで、しばらく漕がずに進める距離が伸びていることに気付くはずです。

 

個人的には、巡航性のアップはミニベロでは特に重要と考えています。

なぜなら、ミニベロは止まって進むというキビキビした動きが得意な反面、ペダリングをやめると速度が低下し、すぐに減速してしまうというデメリットがあります。

 

高性能なホイールに替えれば、ミニベロでも速度を維持しやすくなりますし、ペダリングが軽く・加速が更に楽になるので、余計な力を使わずに漕ぎ続けることが可能になります。

これまで以上に走りの性能がアップできるのです。

 

バランスの良い406か、走りの451か

ICAN 折り畳み自転車ホイールカーボン製

ここで少し、ホイールサイズに関してお話をしておきましょう。

ミニベロのタイヤ&ホイールのサイズには色々な種類がありマスが、一般的なのは20インチです。

 

また、20インチには406と451という2つの種類があります。

この数字はリムの直径を表しています。簡単に言うと違いは、小さい方が406(㎜)、大きい方が451(㎜)になります。

 

それぞれの特徴を説明すると、

406のミニベロはバランスが良いモデルです。ミニベロらしい軽快な走りと走行性能の良いとこどりをしています。

街乗りやポタリング、またはちょっとしたサイクリングにも最適で、一般的に広く採用されています。

 ICAN 折り畳み自転車用のホイール451

一方で451ミニベロは、ミニベロらしいコンパクトさとスポーツ自転車の走行性能を持ち合わせています。

特にミニベロでツーリングやロングライドをしたい人にぴったりで、時速30km前後のスピードは容易に出ますので、ロードバイクと並走することも可能です。

乗り心地や軽快さよりも、より高い走行性能を重視したモデルと言えます。

 

406と451はどちらもコンパクトさはあまり変わりませんが、快適さや乗り心地の良さを重視するなら406ホイールモデル、高度な走行性能やスピードを重視するなら451ホイールモデルというように、自分のスタイルにあったタイプを選択しましょう!

 

おすすめはICAN20インチカーボンホイールセット

 

 ICAN 折り畳みホイール

ホイール交換の意味は理解したけど、実際にどの製品を選んだら良いか悩んでいる人は是非、ICANの20インチカーボンホイールセットを検討してみてください。

 

このホイールは、カーボンということもあって漕ぎ出しが軽く、非常に楽に走行できると評判のタイプです。

シールドベアリングハブの回転性能に定評がある「NOVATEC」社製のハブを採用しており、 滑らかな回転で、走行を大きくサポートするのが特徴です。

 

また、見た目もマットな仕上がりで非常にかっこいい仕上がりになっていますし、何しろコストパフォーマンスが非常に高くなっています。

 

フロント           23,220円

リア             25,690円

前後セット          48,910円

ディスクブレーキ用前後セット 49,250円

 

カーボンホイールなのに前後セットを揃えても5万円を切るなんて、信じられませんよね!

このほか、ICANでは406タイプなど様々なラインナップを取り揃えていますので、サイトを覗いてみてください。わからない部分は質問すれば丁寧に教えてもらえるので安心です。

きっと、自分の希望にあったホイールが見つかるはずです。

詳しくはICAN ミニベロホイールのラインアップ

 

まとめ

 ICAN 折り畳み自転車ホイール

ミニベロに乗っていて、スピードアップ・走行性能アップしたいと考えている人は、まずはタイヤとホイールの交換を試してみてはいかがでしょうか。

 

ミニベロを買った時に初めから付いていたタイヤなど性能の低い足回りを使用している人は、高性能なタイプに替えるだけで、確実に走行性能&スピードアップが期待出来ます。

 

関連記事:自転車好き大注目のミニベロとは何なのか

     カーボンのミニベロが選ばれる理由

  • May 24, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません