自転車好き大注目のミニベロとは何なのか

 

自転車好きが大注目の「ミニベロ」をご存じでしょうか。

もしかしたら、あまり聞きなれないかもしれませんが、実は、既に身の回りに普通にある自転車なのです。

 

今回は、ミニベロとは何かというお話と、ミニベロの魅力についてお知らせします。

 

ミニベロとはどんな自転車なのか

ミニベロとは、20インチ以下のホイールサイズの大人用の自転車のことです。

ミニベロ(MINI VELO)はフランス語です。

元々フランスからスタートしたものかもしれません。

 

一番大きいサイズが20インチなので、当然それ以下もあります。

18インチ、16インチ、小さいもので12インチのミニベロがあります。

 

知る限り、大人用の自転車で6インチとか、10インチと言うものも存在しています。

ここでは、ミニベロの仲間に入れてしまいましょう。

要するに、タイヤの小さい自転車のことを「ミニベロ」と呼びます。

 

ただ、どこかで分類されている名称ではないので、あまり見慣れないのだと思います。

ちなみに、「自転車用語の基礎知識」(バイシクルクラブ編集部編、枻出版社)では、「タイヤ径20インチかそれ以下の自転車で、20インチであるBMX車は慣例として含めない」とされています。

 

自転車の分類は日本工業規格で分けられているのですが、該当するのはJIS D 9111:2005(自転車 - 分類及び諸元)で、「室内での保管、自動車トランクへの収納又は公共交通への持込みを意図し、呼び(径)20以下の車輪及び軽量なフレームによって、軽量化及びコンパクト化を図った自転車」と言うのがあります。

 

これが、「コンパクト車」と言う名称なので、日本語では「ミニベロ=コンパクト車」と言うことかもしれません。

ホイールサイズが20インチ以下であれば、折り畳み自転車もミニベロの部類に入るため、市場にはたくさんの種類のミニベロがあるのです。

 

ミニベロの歴史

ヨーロッパでは、ハンドメイドで1台1台製造しているメーカーもあるほどです。

現在でもハンドメイドのメーカーはあるので、1台100万円と言う高価なものもあるほどです。

 

量産品で1台5000円のミニベロも存在します。

ピンからキリまであるのですが、なぜこんなに筆者はミニベロが好きなのか、ミニベロの魅力についてもお知らせします。

 

ミニベロの魅力「小ささ」

ミニベロの一番の魅力は「小ささ」です。

大事な自転車なので、自転車置き場などに置いておかなくて、自宅の部屋に置いておきたいのです。

ミニベロならば、マンションでもアパートでも玄関に置くことが可能です。

 

整備も磨きも家の中に居ながらにしてできるのです。

愛着が益々湧くと言うものです。

 

小ささは、マンションのエレベーターにも乗るのです。

ロードバイクは軽いので、エレベーターに入れるときに自転車を立てて斜めにして入れることはできます。

ところが、ミニベロならばそのままエレベーターに乗せられるのです。

 

「軽さ」もミニベロの魅力

「軽さ」もミニベロの魅力です。

一般的な自転車ならば20kg前後なのですが、ミニベロは12kgとか、軽いものだと10kg程度のものもあるのです。

 

軽いと言うことは、速いと言うこと。

普通のシティサイクル(ママチャリ)よりも速く走ることができます。

 

タイヤはママチャリよりも小さいので、不利に感じるかもしれませんが、一番影響があるのはタイヤの大きさではなく、自転車と運転者の重さなのです。

運転者の重さはどうにもなりませんので、自転車の重さがママチャリの約半分となると、漕ぎだしから全然軽いのです。

 

 

  • May 19, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません