自分に合ったマウンテンバイクタイヤの選び方を詳しく解説!

どんなに進んだ部品を取り付けても、タイヤは走行に最も大きな影響を与えます。マウンテンバイクのアウタータイヤは、自転車の基本的な性能を決定する自転車の非常に重要な部分です。そのため、今回はあまり知らない初心者に向けて、自分に合ったマウンテンバイクタイヤの選び方、タイヤの機能や特徴を詳しく解説いたします、最適なタイヤを選ぶことにサポートいたします。

 

マウンテンバイクタイヤのサイズ

 現在のマウンテンバイクの場合、ホイールの直径はほとんど26インチです、例えば26X1.95(後ろの数字はタイヤの厚さによって決まります)]とマークされ、27.5または29インチほどもあります。マークの方法は同じです。 このようにサイズがマークされます。

 

マウンテンバイクタイヤの分類:

適切なアウタータイヤは多くの場合、より多くの乗り心地をもたらすことができます!タイヤを選択するとき、タイヤだけが自転車のすべての部分で地面に接触しているので、異なるライダーは走行状況が違うにより、タイヤへの要求にも異なります。例えば、タイヤのグリップ、転がり抵抗、耐摩耗性、耐パンク性、重量、滑り止め、簡単な取り付け、取り扱いなど、加速、ブレーキ性能、タイヤノイズなど。 以下に、いくつかの一般的なタイヤの機能と実用的なセクションの詳細を紹介いたします。

 

Aタイプ オフロード用のマウンテンバイクタイヤ 

マウンテンバイクタイヤ

Aタイヤは明らかな深い歯の構造を持ち、歯のパターン間の間隔は比較的大きく、主に山岳クロスカントリーで使用されます。深い歯のパターンは、良好なグリップ、一定の衝撃吸収効果、および泥の保護をもたらします。オフロードタイヤの総合機能を備えたオールラウンドな製品です。つまり、山やオフロードの愛好家で、通常はより挑戦的な場所に乗りたい場合は、このタイプのタイヤが最適です。深い歯のパターンでは、一般的な道路に乗るときに明らかな抵抗があるため、体重を減らすために運動する必要がある人にも非常に適しています。また、マウンテンタイヤはロール耐性があります。

 

Bタイプ レジャー用のマウンテンバイクタイヤ  

マウンテンバイクタイヤ

ディープトゥースタイヤに比べ、ラインが大幅に小さいBタイプのタイヤは、主に市内のサイクリング、湖周辺の道路、国内のドライロードに対応するために使用され、便利でマルチに属しています。普段はただ乗って遊ぶだけのライダーで、タイヤのグリップ性能を高めたいなら、このタイヤがいいでしょう!

 

Cタイプ シティ走行用のハゲのマウンテンバイクタイヤ

マウンテンバイクタイヤ

Cタイプのタイヤは一見すると、ロードタイヤと基本的に同じですが、マウンテンバイクとロードバイクでは乗車姿勢が異なるため、スピードだけを重視したロードを購入することを迷うバイカーも少なくありません。しかし、快適性も重視しながら速く走りたいライダーもまだ多いので、シティ走行用のハゲのマウンテンタイヤが誕生しました。このハゲタイヤはスピード重視なので、グリップ性能は基本的に無視できます。オフロードレスリングはほとんどの場合可能ですので、スピードに気を配り、普段は彷徨うだけのバイカー向けです。市内を走り回ったり、アスファルトやセメントの道だけを走ったりする場合は、このタイヤが最適の選択肢になります。

 

Dタイプ 多機能のマウンテンバイクタイヤ

マウンテンバイクタイヤ

 Dタイプのタイヤは彼の名前と同じで、マウンテンタイヤのグリップ性能ありだけでなく、ハゲタイヤの抵抗も小さいので、さまざまな状況に対応可能です。選択方法は用途によって異なります。普段出勤の乗りや、週末の旅に出かけなどの場合は、このタイヤが一番です!

 

Eタイプ ロングライド用のマウンテンバイクタイヤ

マウンテンバイクタイヤ

Eタイプのタイヤは比較的人気のあるタイヤで、マウンテンセミグロスとハゲのデザインを組み合わせたデザインで、あらゆる道路や路面状況を走り回れるライダーに適しています。また、これらのタイプのタイヤは頑丈でしっかりしていて、修理も簡単ですので、長距離走行に最適なタイヤの1つです。 しかし、それは絶対的なものではありません。最も重要なことは、ライダーの好みに合うことです。

 

Fタイプ 砂利路面向けのマウンテンバイクタイヤ 

マウンテンバイクタイヤ

Fタイプタイヤは、砂利の多い道路に適しています。歯のパターンが広く、スパンが広いため、小さな砂利に便利と言えます。特に、風の強い砂や砂利の多い道路での走行に適していますが、そのデメリットは山岳地帯向けのタイヤと同様に抵抗が比較的高く、全力でスプリントしてもこのタイプのタイヤでは45km / Hに到達するのは難しいです。

P1  - ICANホイールジャパン

 最後に、タイヤを購入する前に、技術者のアドバイスを聞いて、実際の状況に応じてタイヤを購入したほうが良いでしょう。

 

 

 

  • May 29, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません