暑い夏に知っておくべきサイクリングのヒント

夏は気温がどんどん高くなり、誰もが乗りこなすのに苦労することもあるので、ライダーの経験を踏まえ、夏のサイクリングの注意点をまとめ、ライダーの参考になればと思います。

 

十分な飲料水を確保する 

夏サイクリング

夏は気温が高く、水分の損失が早いため、同じ距離でも他の3シーズンに比べて水分の損失が大きくなることが多いため、夏ライディングで最も重要なポイントは水の補給です。夏は冬の2倍の水を準備したほうが良いでしょう。

したがって、通常の水分摂取量は1,000~2,000ml、夏の場合は2,000~3,000mlの補給が必要となります。この中には食事による補給量は含まれますが、夏走行の場合には、食事などの水分量は含まれず、2000~3000mlあたりの水分量は多くありません。

 

運動直後の飲用に適さない飲み物

炭酸飲料: このタイプの飲料はガス含有量が多いため、飲むと腹部が膨満するように感じられ、「水が補充されました」とのことに感じさせますが、実際は水不足です。

ジュース:糖分が多く粘度が高い飲み物で、運動後に飲むと胃腸の動きが活発になり、不快感を引き起こします。

 氷水: 運動後に多量に飲むと胃腸障害を引き起こし、重症の場合は嘔吐する恐れもあります。

ビール: アルコールは人の運動能力を低下させる可能性があります。研究によりますと、アルコールは筋力、速度、筋肉の持久力、心血管の持久力を低下させる可能性があります。ある研究によりますと、アルコールを飲んでから 4 時間以内に、体は水分の喪失により体重の 3% を失う可能性があります。

コーヒーと紅茶:どちらのタイプの飲料にもカフェインが含まれており、利尿作用があり、体内の水分供給が不十分になる可能性があります。

 

日焼けを防ぐ 

夏サイクリング

夏に乗るときは、暑いので紫外線対策を怠らないでください。 固定装備とサイクリングウェアは必須で、日焼け止めも塗ることを忘れないでください。日焼け止め指数は効果時間が異なるため、外で使用する場合はSPF30以上のものが最適です。

 

乗車時間を合理的に調整する

夏の朝晩に乗るのがおすすめです。正午に、適した場所に休憩したほうが良いでしょう。こうすることで高温を避け、日焼けしにくくなります

 

装備万全

aero 50 disc

▲ICAN AERO50 ディスクブレーキホイールセットを搭載されたロード

 

備品はとても重要です。何かを追加するたびに負担が増え、疲れやすくなるので、必要なものを持っておいてください。余分なものは持つのはやめましょう。また、走行には水筒、防塵ガーゼ、ポンプなども必要です。

 

マルチプレイヤーチームを作る

複数人数のグループが必要です。一人で乗ると、楽しみを共有する人が少ないし、もう一方は安全面を考えると、良くないでしょう。複数人で必要な装備がさらに充実し、途中で困ったことがあれば助け合い、頼りにできるでしょう。

 

おすすめ記事:長距離自転車通勤をした時の話

       本気の折りたたみミニベロ ICAN F1 

  • May 30, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません