ロードバイクの安全性について考えてみよう

ロードバイクに乗る、というのは、一種スポーツマンとしての矜持を試されているところがあります。したがって、自己の安全性、他人への安全気配り、マナーなどの面にも非常に気を遣うものです。

しかし、それを支えているロードバイク自体の安全性については、あまり深く考えることもなかったような気がします。

ここでは、「ロードバイクの安全性」 についてあらためて見ていきたいと思います。

 

1、ロードバイクには注目すべき技術がふんだんに使われている!

 

たとえば、他のジャンル(クルマ、バイクなど)と比較してロードバイクを見た場合、最先端の技術が惜しげもなく使われていることに驚きを覚えます。

機械部分の高度な繊細さ、フレームの軽量化や強度を最適化した設計などなど、数え上げればキリがないほどです。

 

しかし、ここで疑問が生じます。

バイクは、クルマのようにシェルに包まれているわけではないので、リスクを伴ったスポーツであることに間違いありませんし、だからこそ、そこに抗しがたい魅力があるわけですが、性能をここまで追求していて、果たして安全性は考慮されているのだろうか、という疑問です。

 

安全性には、能動的安全性と受動的安全性があるのは皆さんご存じの通りです。

そして、能動的安全性のキモである操縦性・安定性に関しては、ロードバイクはなかなかのモノであることは言うまでもありません。

したがって、ここでは主に受動的安全性について考えてみたいと思います。

 

2、ロードバイクの安全性に基準はあるのか?

 AERO A9

① UCIのルール

もっとも有名なのはUCI (国際自転車競技連盟)のルールでしょう。

これは、レース出場に関するルールを詳細に定めたものです。

 

この中で、皆さんがよく知っているのは6.8kgの逆重量制限です。

バイク本体の軽量化を6.8kgまでに制限したもので、その趣旨は、過度な軽量化を防ぎ、安全性を最重視することにあります。

このようにUCIでは、競技ルールだけでなく、バイク本体の安全性についても事細かく決めており、それは、市販のロードバイクにも大きな影響を与えています。

 

したがって、UCI基準に合致することは、製品の品質を判断する大きな目安となります。

私達ICANの製品造りもUCIを前提としたものであることは言うまでもありません。

 

② ISO4210

他にも、BSI(英国規格協会)とDIN(ドイツ規格協会)を統合したEN規格や、日本のSBBA(スポーツ自転車協会)などの品質基準がありますが、現在もっとも充実した安全基準として、ISO4210があげられます。

これは、ロードバイクの構造全体にわたった基準を設けているもので、詳しく見てみたいと思います。

 

3、ロードバイクの安全性:フレーム

 

ISO4210では、フレームの以下の部分について基準を設けています。

 

・ フレームとフロントフォークアセンブリ 荷重落下・フレーム落下両方の衝撃試験

・ ペダル荷重による疲労試験

・ 水平力による疲労試験

・ 鉛直力による疲労試験

・ ハンドルアセンブリの静的強度試験・安全性試験

・ ハンドルバーとステムアセンブリの疲労試験

・ フロントフォークの静的曲げ・動的衝撃・曲げ疲労試験

 

なかなかのメニューであることがお解りいただけるでしょう。

各部の金属疲労をチェックするとともに、特に前方衝突に対する強度を重視していることが読み取れます。

ママチャリのような自転車にも基準がありますが、ロードバイクの基準はそれよりも厳しく、特に安全性のチェックは入念におこなわれています。

 

4、ロードバイクの安全性:ホイール

 

ホイールに関しても、ISO4210では次のように定めています。

 

・ ホイール・タイヤアセンブリ・クリアランス

・ 静的強度試験

・ ホイール保持の状態

・ クイックレリーズ機構のチェック

・ リム・タイヤ・チューブのチェック

 

ホイールに関しては、静的試験だけで、動的試験の指定がありませんが、信頼のおけるメーカーではUCI規定も考慮しながら、さらに多種の動的試験をおこなっているのが通例です。

 

5、ロードバイクの安全性:ブレーキ

 

ブレーキについてのISO4210のチェック項目は次の通りです。

 

・ 手動ブレーキシステム・強度試験

・ 制動性能試験(ドライ・ウエット)

・ 耐熱性試験

 

これは、予想通りの内容ですが、雨天時の制動基準も定められていることは特筆に値します。

 

6、ロードバイクの安全性:ハンドル

ハンドルまわりの項目は以下の通りです。

 

・ ステアリングアセンブリ・静的強度試験と安全性試験

・ ハンドルバーとステムアセンブリ・疲労試験

 

ここでも単なる強度だけでなく、安全性の項目が入れられているのは心強い限りです。

 

7、ロードバイクの安全性:ペダル/BB/クランク

ペダル/BB/クランクに関しては、以下のようになります。

・ ペダル・BBアセンブリ・静的強度試験

・ BB衝撃試験

・ 駆動システム・静的強度試験

・ クランクアセンブリ・疲労試験

 

BBの衝撃試験というのは頼もしい限りです。

これらにメーカー独自の動的試験を加えることで、BBまわりの安全性は確保されるとみていいでしょう。

 

8、ロードバイクの安全性:サドル

これがISO4210最後の項目になります。サドル関連です。

・ 静的強度試験

・ サドル/やぐら・疲労試験

・ シートポスト・疲労試験

・ シートポスト・静的強度試験

 

シートポストの強度も大切なポイントです。メーカーでは、完成車に実際の走行試験が加えられるのはいうまでもありません。

 

9、安全性の番外編:ヘルメットとライト

① ヘルメット

ヘルメットではまずフィット感が重視されるところです。

日本人の頭に合わせたアジアンフィットのものがオススメですが、やはり、これは店頭で実際に試して選ぶべきでしょう。しっかりしたメーカーのものであれば、安全性には問題ありません。

 

軽量さも重要です。長時間の快適なライディングでは無視できない点です。高価なものほど軽量であるとみていいでしょう。200~250g程度であれば問題ありません。

 

ベンチレーションも高価であるほど様々な工夫が凝らされていますが、通気性の良さは空気抵抗を減らすことにもなるため、レースなどでは重視したいところです。

レースに使用するには、JFCシールの付いたものが必要です。さらにCE EN1078規格はより厳格です。

 

② ライト

夜間とトンネル内での安全性を考えた場合、軽量であるとともに一定の光量が必要です。

フロントは、前方10mが確認できるもの、400cd(カンデラ)以上、または400~1000lm(ルーメン)の光量が望ましいところです。

リアは、後方100mから確認できる赤か橙のもの。10~15lmの明るさで、常時点灯できるもの。リフレクターと上手に併用することをおすすめします。

 

10 まとめ

これまでに見てきたように、ロードバイクの安全性について、メーカーで相当配慮がなされているのがおわかりでしょう。

あとは、適切な整備と走行時の安全への配慮、つまりライダー自身が気を付けるべきことです。

最善のライディングで、充実したバイクライフをお楽しみください。

ICANも応援しています。

 

 

  • Feb 11, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません