新着商品一覧今すぐ見る
5分でロードバイクの車種分類を知ってもらおう

今回はロードバイクにはどんな種類があるかを簡単にご紹介いたします。5分で把握出来ると思います。では一緒に見ていきましょう。

 

1、エアロ型のロードバイク 

空気動力学を中心に重視されるエアロロードバイクは風抵抗を減らすことできるだけではなく、多くの風の中を滑走することも重視されます。

ライダーは克服の必要がある抵抗の85%が自身から来ているので、ライダーの風立ちを減らすのはその理由です。そのため、短いヘッドパイプは空気圧フレームに向こうから来た小さな風面を持ち、抵抗を減少させることができます。一般的に中型エアロロードバイクのヘッドパイプも140 mm以下で、逆に耐力型フレームではヘッドパイプが160 mmを超えることが多いです。

ロードバイク

大手ブランド:Giant Propel、Trek Madone、Specialized Venge、Cervelo S5、Scott Foil、Canyon Aeroad、Merida Reacto、Bianchi oltre XR4、ICANなど

 

2、総合型のロードバイク 

総合型ロードバイクの多くの特性はエアロロードバイクと持久型のロードバイクの間にあり、このようなロードバイクを選択するのは一般的なライダーと騎乗リーダーです。これらは耐力型ロードバイクがなくて、快適ですが、きっとエアロロードバイクより快適です。それらはエアロロードバイクより硬いですが、持久力ロードバイクよりいいです。重さの低下で操作が器用になったにもかかわらず、その操作感は耐力型ロードバイクよりも硬く、風動ロードバイク並みでした。制動能力は耐力型のロードバイクには及ばないですが、空力性能のために妥協したエアロロードバイクよりも優れています。

ブランド:Giant TCR、Specialized Tarmac、Canyon Ultimate 、Cervelo R5、Pinarello Dogma F10、BMC SLR01、Ican など

 

3、軽量型のロードバイク 

ロードバイク

その名の通り、軽量型のロードバイクはできるだけ軽い自転車にしなければなりません。

ICAN軽量型のロードバイクを例に挙げて説明します。Aero A8ロードバイクの完成車重量:はわずか6.9kg 、A9はやや重く7.98kg(ペダルを除く)があり、軽量型ロードバイクの重さが普通の自転車より軽くなります。

ブランド:Trek émonda、Cannondale SuperSix EVO、Merida Scultura、Scott Addict SL、ICANなど

 

4、耐力型のロードバイク

耐力持ちの自転車の目的は快適で健康で、耐久性です。耐力型ロードバイクの特徴はヘットチューブは高くて、伸び量が低く、長軸距離です。それらはまずプロの古典試合で玉石のように滑らかなフランス北部戦を作りました。これらの試合は一日中想像できる最も粗い路面に直面する高速試合でした。道路振動による騎手の疲労を試して除去してみてください。耐力型のロードバイクは、より大きな振動を可能にするために、より柔軟性があり、より大きな内部隙間があり、より多くの振動を吸収するタイヤとして作られています。

ブランド:Giant Defy、Scott Solace、BMC GF01、Canyon Endurace、Merida Ride、ICANなど

 

5、クラシック耐力型のロードバイク

クラシック耐力型のロードバイクは耐力型ロードバイクにの1種類です、クラシックロードレースのために設計されています。主に道路状況が揺れている路面や遠い道のりに乗るために使われていますが、バイクは耐力型ロードバイクよりも快適に走行しています。古い玉石路面に対応するために、クラシックレース型のロードバイクはより広いタイヤを持っており、ヘッドチューブは相対的に高く、リアフォークは長く、軸距離は他のロードバイク車種よりも長く、リアフォーク、シートチューブ、あるいはヘッドチューブは精巧な振動吸収設計を持っているからです。クラシックカーには独自のフィルター技術があり、ドライバーの全天候型の快適な騎乗に適応しています。

ブランド:Trek Domane、Specialized Roubaixなど

 

6、ロードクロノグラフレース(TT車)

TT車は通常の大型車よりも空気動力学に適した騎乗姿勢を有するフレームと、高速走行時により効率的に風抵抗を低減することができ、休憩を低減することができる体力出力を低減することができます。空気フレームと空気ホイール組の配合標準の700 cホイール組を採用することにより、TT車の速度を更に向上させました。TT車は道路車レースの一種の競技車として、TT車はUCI(Union Cycliste Internationale)によって厳格に制限され、内容はフレームのジオメトリー、シートチューブ角度、フォーク形状、ハンドル角度、さらに輪径などです。

ブランド:BMC TimeMachine、Cannondale Super Slice、Cervelo P5 Three、Specialized SHIV TT、Canyon SpeedMax、Colnago K Zero、Factor Slick TTなど

 

7、トライアスロン型のロードバイク

トライアスロン型のロードバイクとTT車は少し似ているように見えますが、トライアスロン型のロードバイクはUCIに制限されていないため、より大げさな先端を持つ空気動力学フレーム設計は、TT車よりも多くの車体風抵抗を低減することができます。さらにジオメトリー設定といえば、トライアスロン型のロードバイクの適用者は基本的にトライアスロン選手/愛好者のため、自転車に乗るのは休憩で、選手は安定して出力するために、快適な姿勢を確保してできるだけ体の疲労を遅らせることができます。そのため、だからトライアスロンの設定は快適性が高く、肘の間隔が大きいことです。そして一般的にトライアスロン型のロードバイクにはフレームに内蔵された飲水システムがあります。

ブランド:TREK SpeedConcept、Specialized SHIV、Canyon SpeedMax、Cervelo P5X、Scott Plasmaなど

 

8、CXロードバイク(グラベルロード)

グラベルロードバイク

オフロードバイクはCXロードバイクとも言え、またオフロード道路車が外に延びるもう一つの車種はグラベルロード(Gravel Bike)と呼ばれ、オフロードバイクは自転車クロスカントリーの元祖であり、今まで100年の歴史があります。グラベルロードについてはCXロードバイクと同等ではなく、グラベルロードは路面への適応能力が極めて強く、日常通勤でも野外ハイキングでも軽度のオフロードでも問題ないです。ブラベルロードバイクの快適な騎乗感覚やかっこいい外形により、近年多くの欧米諸国から評価され、購入ブームも引き起こしており、現在グラベルロードはカナダ、アメリカやヨーロッパの一部の地域でよく見られています。

ブランド:blue norcross sl 、Cervelo C5、Norco Search、Specialized Diverge、Giant Anyroad、SantaCruz Stigmata、Giant TCX、Cannondale SuperX、ICANなど

  • Nov 26, 2020
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません