最も効率的なロードバイクのハンドル握り方

一般的に、自転車のハンドルバーの形状により走行ポジジョンが決定されます。 ただし、同じハンドルバーを使用している場合でも、サイクリストは異なるライディング姿勢をとることができます。これはロードバイクで最も著しいです。 ロードバイクを始めたばかりの初心者として、ロードバイクのハンドルバーはさまざまなライディングポジションを提供できますから、ロードバイクは平坦な道路での長距離ライドに最適な自転車であると聞いたことがあるのでしょう。

今回はロードバイクの最も普通な3つのハンドル握り方について簡単に説明します。

 

ハンドルブラケットを握る方法(フード)

 ハンドル握り方

シートに座り、手を前に伸ばし、ハンドルバーのラバーカバーの位置を自然に握るポジションです。これはロードバイクのライディングで基本的に使用される握り方です。最も人間工学に基づいた握り方であると考えています。 アッパーハンドルはブレーキとシフトが最も簡単です。複雑な交通状況の都市に乗るときは、アッパーハンドルを使用して不安定な交通にできるだけ早く対処するのが最善です。 他の握り方に比べて、ブラケットを握るポジションは上半身に比較的に直立したライディングポジションを提供し、一定速度でのクルージング時に快適です。

ロードバイクのハンドル握り方

また、自転車を揺らして坂を登るときは、体の重心を前に傾け、両手を肩幅に広げてバランスをとるため、ヒルクライムにはブラケットを握るポジションをお勧めします。

 

ただし、ブラケットを握るポジションは空力的ではなく、風の抵抗が大きくなることが要注意です。一般的に、同じ出力を維持しながら、ブラケットを握るポジションは下ハンドルを握るポジションより、走行は1時間あたり3km遅くなります。 また、ブラケットを握るポジションは高速なダウンヒル(55kmh以上)にも適していません。

 

下ハン握り方ドロップ

 ロードバイクのハンドル握り方

下ハン握り方はドロップハンドルの下部分「下ハン」を握るポジションです。 ハンドルバーの下部分は、ロードバイクをコントロールするのに最も簡単な握りの姿勢です。これは、プロのライダーらがよく採用するポジションです。通常のロードバイク愛好家は、一定期間の練習後にこのポジションに慣れていきます。

ロードバイクのハンドル握り方

下ハン握りのポジションは、最も空力的でアグレッシブなライディング姿勢を提供できます。スピードを求める場合は、下ハン握りのポジションを使用することをおすすめします。

 ただし、下ハン握り方はメリットがあればデメリットもあります。それは最高の空力効果を提供するには、全身が協力しなけれいいけないことです。具体的には、両手を低い位置に保持し、前腕はできるだけ地面と平行になり、肘は90度になり、肩はリラックスし、肩を縮めないようにする必要があります。これらの要素を考慮に入れると、背中は最高のエアロ性能を獲得するための姿勢を実現するために、当然、できる限り地面と平行になることがポイントでしょう。

下ハン握り方は高速なダウンヒルの走行に適しています。ただ両手でブレーキを握ることを忘れないでください。レバーの原理によれば、下ハンを握る時に力の腕が最大になり、同じ力でブレーキをかけると下の位置のブレーキの効果が最大になります。複数の曲がり角や下り坂がある場合は、転倒を防ぐために事前に道路状況を把握してブレーキをかける必要があることに注意する必要があります。 下ハン握り方はフラットロードスプリントにも適用します。例えばローリングカーを使用したフラットロードスプリントです。 このライディング姿勢は、自転車レースの最後の200メートルのスプリントに使用されます。

 

ハンドルのフラット部分を握るポジション(トップス)

 ロードバイクのハンドル握り方

両手でハンドルのフラット部分を握るポジションということです。 初心者、特に山の高速道路に向かう人にとって、最初に頭に浮かぶのはこの握り方でしょう。 ただし、クロスバーの位置は実際には空力が最も低く、自転車の乗り位置を制御するのが最も簡単ではありません。肩と手が逆三角形を形成し、自転車を制御するときに非常に不安定であり、左右に揺れやすいためです。 また、緊急時にはブレーキをかける前に手を上に動かす必要があり、間に合わないと事故を起こしやすくなります。したがって、車を揺さぶるときはこの握り方を使用しないでください(不安定ですから)。また、町乗りではこの握り方をあまりお勧めしないです、安全ではないですから。

ロードバイクのハンドル握り方

ハンドルのフラット部分を握るポジションは長距離クライミングと低速ライディングの2つだけの場合に適します。 長距離クライミング、特に長距離クライミング(勾配<5%)は、この水平的な姿勢で最も快適なライディングになり、さらに、安定したケイデンス(65-95rpm)があれば、クライミング効率が最も高くなります。

ハンドルのフラット部分を握るポジションは低速走行、カジュアルライディングにも適します。レジャーなライディングで、乗り心地が楽になるのでしょう。

 

上記はブラケットの握りポジション、下ハンの握りポジジョン、フラット握リポジジョンという3つの握り方と適用の場合を説明したした。ロードバイクを初めて乗る場合は各ポジションを採用してみて、自分にピッタリなポジションを見つけましょう。そして友達と一緒に楽しく乗りましょう。

 

 

  • Jun 28, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません