ブレーキローターには6ボルトとセンターロックはどちらがいい?

 

新しい自転車ホイール、ハブ、またはディスクブレーキを検討する、6ボルトまたはセンターロックという用語に出会すのでしょう。ディスクブレーキローターを自転車のハブに取り付ける方法を指すことが多分ご存知かもしれないですが、 どちらがよいですか、どちらを自分のロードバイクに適合させるべきですかは、多くの初心者がお持ちの疑問でしょう。

そのため、今回は6ボルトとセンターロックは何か、また両方のメリットとデメリットにつちて解説します、皆さんのサイクリングライフに少しお役に立てばと思います。

 

センターロックまたは6ボルトローターで最初に注意すべき重要なことはセンターロックと6ボルトがハブとローターの両方がディスクブレーキで機能します。ディスクブレーキのメーカーに関係ありません。 それらはどちらのローターでも機能します。

これは、6ボルトまたはセンターロックの名前が、ローターをハブに取り付ける方法を示しているためです。 ローターをハブに取り付けて、正しく中央に配置されている限り、ブレーキは気にせず、それをつかんで速度を落とします。

 

6ボルトディスクローターとは

6ボルトローター

6ボルトローターがマウンテンバイクのディスクブレーキの黎明期に戻ります。以前彼らはあなたのハブにローターを取り付けるための業界で好まれるオプションになりました。 6ボルトローターは6本のトルクスヘッドボルトを使用してハブに取り付けます。

 

6ボルトローターをハブに固定するのはラクなプロセスです。これは非常に簡単に剥がすことができます。取り付けるときは必ずトルクレンチを使用します、この点は予め注意したほうが良いでしょう。また締めすぎて何も剥がさないと、走行中に失敗する恐れがあるについても要注意です。

また、ボルトを締めるときは、スタースタイルのパターンに従う必要があります。このパターンに従わない場合は、ローターを中心から外して取り付けている可能性が高いです。 トルクスキーを携帯しない限り、スキッフや不快な音で乗り物になってしまいます。

 

また、ボルトのトルクを定期的にチェックすることもお勧めします。乗るときに、ボルトを振ったり緩めたりすることができます。 1つのボルトがしっかりと固定されていて、反対側のボルトが緩んでいる場合、ローターが中心から外れ、ディスクパッドをこすり始めます。

 

しかし、それはすべての運命と暗闇ではありません。 6ボルトローターは通常センターロックローターよりも軽量ですし、新しいものが必要な場合ははるかに簡単に見つけることができます。ただ必要なスタイルだけでなく、常にサイズを確認する必要があります。

 

6ボルトディスクローターのメリットとデメリット 

メリット

・複数のローターオプション

・センターロックより安い

・ローターは簡単に入手できます

 

デメリット

・取り付け時に簡単に剥がす

・乗るときに失敗する可能性があります

・誤って中心から外してしまう可能性があります

・反りやすい

 

センターロックディスクローターとは

センターロック

センターロックローターは、市場に出回っている最新のローターです。それらはシマノによって市場に投入され、6つの小さなトルクスキーボルトを使用してハブに取り付ける代わりに、新しいツールを使用します。使用する工具はシマノTL-LR10で、カセットの締め付けにも使用できます。

 

センターロックローターについて誰もが言及している欠点の1つは、6ボルトローターよりも少し重いことです。これは、センターロックローターが2つの部分に分かれているためです。ブレーキをかける外側のスチールパーツは、ハブに接続するアルミニウムパーツに結合されています。

 

内側のアルミニウム片には、中央に小さなスプラインの列があります。これらのスプラインは、ハブ本体の他のスプラインと整列し、これがどのようにリンクするかを示します。これは、カセットとフリーハブがどのように並んでいるかと似ています。このフィッティングシステムにより、センターロックは、6ボルトローターと比較して、フィッティングとセットアップが簡単になります。

 

幸いなことに、このツーピースシステムにより、ディスクローターの曲がりが非常に難しくなり、ほとんど不可能になります。定期的にディスクを曲げる場合は朗報です。アルミニウムは熱を放散するのに優れた働きをし、これはすべてを素晴らしく真実に保つのに役立ちます。

 

センターロックローターの最も良い点は、一度取り付けると中央に配置され、中央に留まるということです。二度とスキッフの問題が発生することはありません。中央に配置するのが簡単であるだけでなく、取り外しも簡単です。適切なツールを使用すると、センターロックローターを締めたり緩めたりするのに僅か数秒かかります。

 

センターロックディスクローターのメリットとデメリット 

メリット

・中央に配置しやすい

・ローターは曲がりにくい

・取り外しが簡単

 

デメリット

・ハブの選択肢が少ない

・より重いローター

特別なセンタロックのツールが必要です

 

センターロックローターはいつ選ぶべきですか?

センタ-ロック

まだ説明されていないセンターロックのメリットの1つは、シマノがIce TechFreezaローターを製造していることです。 これらのローターは、下がりが多い暑い日に必要なものです。

ロードバイクとマウンテンバイクの両方のフォーマットで利用できるIceTech Freeza センターロックローターは、ローターの温度を最大50°下げることができます。 Ice Techディスクパッドと組み合わせると、ローターの温度が400°から300°に下がるのを見ることができます。

 

温度が下がると、安定したブレーキ力が得られます。 最も技術的な下り坂での持続的なブレーキングによる損失を二度と感じる必要はありません。 ブレーキを踏むと、一定のパワーが得られることを知っておくのは素晴らしいことです。

 

ですから、テクニカルダウンヒルに乗るのが好きなら、センターロックを試して、ブレーキングがどのように機能するかを確認します。

 

いつ6ボルトローターを選ぶべきですか?

6ボルトパターンのハブがすでにあり、ホイールを交換したくない場合は、6ボルトローターが最適です。 SRAMにブランドロイヤルティをお持ちの場合は、シマノが特許を取得したセンターロックとしてセンターロックに切り替えたくない可能性が高いため、SRAMセンターロックローターは表示されません。

 

ウェイトウィニーの場合は、6ボルトもお勧めします。 あなたが買うことができる最も軽いローターは6ボルトであり、それらはローターボルトの重量を補う以上のものです。 したがって、ヒルクライムTTまたはKOMを使用する場合は、ブレーキを軽くすることによるわずかなメリットをお勧めします。

 

  • Jun 26, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません