SAPIM CX-RAYスポークの真価とは?

 ICANの新作MTBホイールがデビューしました。

27.5erのカーボンホイール、前後セットで7万円の前半という魅力的なモデルですが、

今回特に注目していただきたいのは、そのスポークについてです。

SAPIM CX-RAYという、理想的なものを組み合わせることができました。

 

1 SAPIM CX-RAYスポークの真価とは?

 

自転車のスポーク界で名声を欲しいままにしているSAPIMですが、その上級モデルCX-RAYの評価はさらに高いものがあります。

 

28本ずつのスポークで前後のホイールを組んだ場合、このスポークは約2万円のコストを要求する高級品です。

絶賛に近い評価の中から、主な点についてあげてみましょう。

 800X800  sapim-cx-ray-straight-pull-

① 頑丈である

スポークの破損は、ハブに接続する首の部分に集中します。いわゆる「首が飛ぶ」という症状です。CX-RAYに限らずSAPIMというメーカーはスポーク折れの少なさから高い評価を得ています。

ICANのMTBホイールには、すべてSAPIMのスポークが使われています。

 

② 軽量である

ホイールにとって、軽量であることは最大の武器となります。SAPIM CX-RAYは軽量さにも定評があります。スポークが軽量であれば、ニップルに肉厚のものを遠慮なく使うことが可能となり、ホイールの強靭さを高めることができます。

 

③ 靭性が高い

スポークに求められるのは剛性でなく、靭性、つまり粘り強さとしなやかさです。

靭性が高いほど強いテンションでホイールが組めることになり、結果としてホイール全体の剛性を高めることができます。しかも乗り味の面でも、このしなやかさは体感できるレベルのものです。

MTBの過酷な使用状況においては、この靭性の高さは破損の危険性を回避するのにも有効です。

最高品質の18-8ステンレスを使用したSAPIM CX-RAYのスポークはこの要素を高いレベルで満たしています。

 

④ 程良いエアロ形状である

エアロ形状と横風への強さは両立の難しいものです。SAPIM CX-RAYは絶妙な断面形状により、この両立をはかっています。

 

2 ICANの新しいMTBホイール

 

日進月歩のMTBホイール業界において、ICANのMTBホイールは高い評価を得て来ましたが、新しいシリーズの先駆けとして、27.5erF730モデルを発売しました。

30㎜幅のカーボンホイールで、クリンチャー専用モデルです。

重量も前684g、後804g、セットで1488gという軽量なもので、価格は72,995円(税込、送料込)となります。

 

先に触れたように、このホイールはSAPIM CX-RAYを採用していることで注目を集めていますが、ハブにも手抜かりはありません。名門DT SwissのDT350Sという選択で、ホイールの完成度を高めています。

2年間保証が付いていることも、信頼の証です。

 

ICAN 27.5eF730公式サイト

 

3 まとめ

美は細部に宿るといいますが、CX-RAYスポークを得たICAN MTBホイールは美しい姿をしています。

お気に入りのタイヤをセットして、存分に山道を駆け巡ってください。

素晴らしい体験があなたを待ち受けていることでしょう。

 

 

【参考記事】

ICANのMTBフレームでバラ完つくる! かかる費用は?

 

  • Apr 23, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません