ロードバイクサドルの選び方

二人が同じではなく、一人一人のために働くサドルはないですので、最高のロードバイクサドルを選択することは個人的な方法で、いくつかの小さな試みや間違いに関連するかもしれないです。

中央に切り欠きがあるサドル、曲がるサドル、平らなサドルなど、さまざまなタイプのサドルがあります。短いサドルもあれば長いサドルもあり、ほとんどのサドルは幅を選択できます。

適切なロードバイクサドルは、身体器官軟部組織領域を加圧することなく、坐骨に体重を置きます。

フィット感の悪いロードバイクサドルは、接触点で気分が悪くなる可能性がありますが、体が過度に運動して安定性やサポート能力を失ったため、腰や膝などの他の場所で痛みの原因になっている可能性もあります。

では、どのように自分にピッタリするサドルを選んだらいいですか?仕様だけに基づいて適切なサドルを選択するのは難しい作業のように思えるかもしれませんが、その証拠は非常に重要ですが、次のアドバイスは快適さへの道のりに役立ちます。

 

1、正しい幅サドルの選び方

 最適なロードバイクサドルを見つけて、まず座席を確保することは、周りの軟部組織ではなく、あなたの坐骨(坐骨、結節、恥骨)で体重を支えることです。これは正確な幅と形状のサドルを見つけることを意味します。

ほとんどの自転車店には記憶バブルマットがあり、その上に座って坐骨幅を測ることができます。地元の店にこれらの道具がなければ、同じ方法で家で段ボールで行うことができます。

段ボールを椅子の上に置き、椅子に座って(理想的には、重くない服を着て)、体重が坐骨を通っていることを確保するだけです。段ボールに押し付けられると、各くぼみの中心を見つけてマークし、各くぼみ間の距離を測定する。この測定値(ミリメートル単位)を取得すると、必要なサドルのサイズの大まかな開始点が得られます。

 

ただし、柔軟性、バイクでのポジションの強さ、ペダリングスタイルなど、いくつかの要因も、選択する形状に重要な役割を果たします。

 

 2、適切なサドルの形の選び方

AERO A9

 経験的には、ライダーはより直立した姿勢にとどまる傾向があります、または柔軟性が低いライダーは、平らな(前から後ろへの)サドルを好む傾向があります。平らなサドルはまたサドルを前後にスライドさせるときに、より一貫した感触を与えます。

一方、波状または屈曲したサドルは、通常、より柔軟なライダーや、長くて低く、アグレッシブなポジションで乗るライダーに好まれます。サドル上をあまり動き回らないライダーも、通常、波状または屈曲したプロファイルを好みます。これは、サドルを所定の位置に固定するためです。

多くの柔軟性のないライダーは、不快感を引き起こすことなくより前方のポジションを可能にするため、ショートノーズサドルを好むこともわかっています。長さは短くなりますが、ノーズは少し広くなる傾向がありますため、「リベットに乗っている」ときの快適さも提供します。

 

多くのブランドは性別に対するサドルを提供し、より多くの資源を投入して異なる解剖構造に適したサドルを開発しました。とはいえ、男性や男女のサドルが好きな女性が多く、サドルが女性のサドルを選ぶ男性もいくつかいることが知られています。

 

3、カットアウト

 最高のロードバイクサドルの多くは、サドルの長さを走るカットアウトまたは圧力解放チャネルを備えています。 ここでの考え方は、足回りの間違った部分を押す材料を取り除くことによって、軟組織の圧力を排除することです。

 

4、パディング

パディングに関しては、通常、少ないほど多くなります。 高度にパッドを入れたサドルは、軽くパッドを入れたサドルよりも軟組織の圧力を引き起こす可能性があります。これは、座骨がパッドに向かって、サポートの一部が会陰によって支えられるためです。 反対に、パディングがまったくないサドルは、滑らかなターマックだけに乗らない限り、通常はやり過ぎです。

 

5、その他の考慮事項

 サドルの価格範囲は広いです。シェル、カバー、レールにさまざまな素材が使用されているからです。

カーボンシェルは通常より軽く、いくつかの振動吸収を提供する可能性がありますが、より高価で、かなり硬くなります。プラスチックやナイロンのシェルを持ったサドルは通常もっと寛容で、コストももっと低くなります。

レールの素材は、将来のサドルのデザインだけでなく、価格にも影響します。カーボンレールは最軽量ですが、楕円形のため、シートポストクランプでは機能しない場合があります。チタンレールはスチール製レールよりも少し軽量で高価ですが、スチールレールが最も耐久性があります。

市場に出回っているほとんどのサドルには合成皮革で作られたカバーがあり、一部のサドルには補強された領域や滑りにくいパッチが付いています。

最後に、新しいサドルを入手した場合は、必ずサドルの高さを確認してください。モデルが異なれば、サドル全体の高さ(ボトムブラケットから)から数ミリメートルを加算または減算する可能性があり、まったく新しい問題が発生する可能性があります。

 

 関連記事:自転車通勤について考える

 

 

  • Mar 11, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません