ロードバイクのブレーキは利きにくい!?

初心者の方によくあることなのですが、リードバイクはブレーキが利きにくいと感じてしまうことがあります。

「初心者あるある」と言ってもいいでしょう。

 

しかし、これは事実でしょうか?

あれだけ走ることに特化した乗り物であるロードバイクなのですが、止まることができない、もしくは、止まることが弱いということがあるのでしょうか。

 

巷の人の感想

巷の人の意見を聞いてみても同意する方は多いようです。

ロードバイクは車体が軽いものが多く、スピードが出やすくなっています。

 

一方で「速く走るための設計された乗り物」である代わりに、「止まることを犠牲にしている」と考えておられる方もいらっしゃるようです。

 

それどころか、フルブレーキをして急激に止まると危ないと考えておられる方もいらっしゃるみたいです。

バランスを崩したり、スリップしたり、弊害もあると考えておられるようです。

ロードバイクブレーキ

ロードバイクは特別な乗り物

ロードバイクは、他の自転車と比べて違うところが多い、特別な乗り物と言えます。

その一つが、ハンドルです。

 

ドロップハンドルは他の自転車と違って、持ち方が複数あります。

ブラケットひとつとっても、上から持つ「ブラケット・ノーマル・ポジション」と下から握る「ブラケット・エアロ・ポジション」の2通りあります。

 

ブラケット・ノーマル・ポジション

通常はブラケットの上から握る「ブラケット・ノーマル・ポジション」で走ることが多いです。

握りやすいというメリットが大きいです。

 

平地、上り、下りのどれでも使えますし、リラックスして走るときから、速度を上げて走るときまで、どのような状況でも使えるのがいいところです。

 

肘をのばし気味に握ることで、上半身を起き上がらせることで呼吸も楽にできます。

 

握り方としては、ブラケットの上から手のひらをブラケットに当てて握ります。

薬指、小指でブラケット本体を握り、人差し指、中指でブレーキレバーに指をかけた状態で走る方が多いです。

 

公道を走る場合、いつ急ブレーキをかけないといけない瞬間があるか分かりません。

その時に少しでも早く台頭するために、ブレーキレバーに指をかけておくのです。

 

人間は小指の力が一番強く、握るときに最も重要なのが小指です。

その強い握力の小指、薬指でグリップをしっかり握って、安定させた上で、ブレーキレバーは人差し指、中指で握ります。

 

実はここに「ブレーキが利かない」と思われている理由があると筆者は考えています。

 ロードバイクブレーキ

ブラケット・ポジションとブレーキの利き

ブラケット・ポジションはブレーキの利きが関係しています。

気にしない方は買ったときのまま一切動かしません。

実はここはこだわっていただきたい項目なのです。

 

まず、男性と女性では手の大きさが違う関係で男性の方が、ブレーキレバーが握りやすいです。

手が小さい方、慣れていない方はブレーキレバーが握りにくく、ブレーキが利きにくいと感じてしまうのです。

 

あとは、手首は真っすぐな状態が一番自然でストレスがない状態です。

ところが、ブラケットを握るときは、その位置によって手首をまげてグリップを握る必要が出てきます。

そして、不自然な角度によっては、指が伸ばしにくくなったり、指の力が入りにくかったりします。

 

つまり、ブレーキが利きにくく感じてしまうのです。

 

ブラケット・エアロ・ポジション

もう一つの握り方、「下ハンドル」と呼ばれたり「エアロポジション」と呼ばれたりしています。

前傾姿勢が深くなり、上半身は水平に近い状態で運転します。

頭を上げて運転するので、首に負担がかかります。

 

握るのはハンドルで、走るときにやはりブレーキレバーに指をかけたままで走ります。

この時も手首の角度がすごく影響します。

 

角度によってはブレーキレバーに指が届きにくいのです。

力が入らないとしっかり握ることができず、ブレーキの利きが悪くなってしまいます。

 

ブラケット・ポジションが難しい理由

ブラケットなんてねじを緩めて動かすだけなので、作業自体は全然難しくありません。

ブラケット・ポジションを定めることが難しい理由は、上からと下からと2通り握るからです。

 

上から握るのに握りやすいように位置を決めて、その時手首にストレスがかからない様にできるだけまっすぐにして握れる位置にしたとします。

 

そうすると、下から握ったときにかなり手前に手首をひねらないと握れなくなってしまうのです。

 

ここには割り切りが必要です。

下から握る場合は、上半身を大きく倒してハンドル、ブレーキレバーを握るようにするのです。

そこまで考慮してブラケット・ポジションを定めると比較的決まりやすくなります。

 

複数の握り方ができることをデメリットとしてとらえるのではなく、たくさんのポジションを取れるというメリットの方に捉えましょう。

フラットバーのハンドルには出来ないことなのです。

 

 

  • Sep 24, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません