ファットバイクフレームの選び方

前回はファットバイクの選び方を解説しました、今回はファットバイクフレームの選び方についてお話していきたいともいます、ご参考になればと思います。

フレーム重量

ファットバイクを検討するとき、彼らは体重とフレーム重量を減らす方法について考え始めます。ほとんどの人にとって目の前の選択肢の1つは、アルミニウム製のファットバイクフレームを購入することです。アルミフレームは、重量を減らすするための最も手頃な方法のように思われます。

 

ほとんどの人が気付いていないのは、私たちのハイエンドカーボンフレームは、ほとんどの企業のミッドレンジアルミニウムファットバイクフレームと同じくらいの費用がかかるということです。

 

アルミニウムは一般に、ひびが入るまでに5年の疲労寿命があると考えられています。私たちは皆、それよりも長生きしたが、概してあなたが期待する平均寿命であるアルミニウムフレームを持っている人を知っています。カーボンファットバイクフレームの疲労寿命は現在、無限であると考えられています。

 

ファットバイクについてはすでに説明しましたが、標準のマウンテンバイクとは大きく異なるパーツを使用するため、独自のカスタムファットバイクを作成する場合は、必要なすべてのパーツが機能することを確認する必要があります。お互いに調和し、またお互いにフィットします。

ハードテイルまたはフルサスペンションのファットバイクフレームか?

あなたはあなたのライディングの大部分に合ったフレームを選びたいです。ライディングタイムの大部分がトレイルセンターで費やされている場合は、フルサスペンションのファットバイクをお勧めします。下り坂でのライディングが少し楽しくなり、下り坂での落下を恐れることはありません。

 

また、タイヤはかなりの移動量とリバウンドをもたらすことも覚えておく必要があります。そのため、トレイルバイクのように140mmのリアトラベルセットアップを探す必要はありません。また、自転車を正しくセットアップするためにより多くの時間をかけたいと思うでしょう。時間をかけることで、お金で買える最高のファットバイク体験の1つがもたらされます。

 

遠くまで冒険したり、ビーチ、沼地、雪に乗ったりしたい場合は、ハードテイルファットバイクをお勧めします。ハードテイルを使用すると、ペダルストロークを簡単に維持でき、最悪の地形を航行するのに役立ちます。トレイルセンターのアクションがお好きな場合は、サスペンションフォークを追加できます。

 

リアスペーシング

フレームを交換するためにフレームを購入することを計画している場合は、すでに後輪の幅を考慮する必要があります。すでにほとんどのファットバイクについて述べたように。ほとんどのホイールの幅は177mm、190mm、または197mmです。すべてのフレームは197mmハブに適合し、バイクに最大のタイヤクリアランスをもたらすのに役立ちます。

ファットバイクのフレームサイズ

すでに述べたように、ファットバイクのフィッティングは少し主観的かもしれません。フルサスペンションフレームに乗っている場合は、下り坂で自転車から排出するときに不必要な怪我をしないように、スタンドオーバーを確認することをお勧めします。サイズの先端にいる場合の標準的なアドバイスは、小さい方を選び、それを大きくして、私たちが従うことです。

ハードテイルに乗って安定したフレームが必要な場合は、できるだけ大きくしてください。これはあなたに安定性をもたらし、また自転車で何時間もあなたに快適さをもたらします。ただし、スタンドオーバークリアランスがあることを確認する必要があります。

 

どのファットバイクホイールか

ほとんどのファットバイクホイールにはアルミニウム製のリムが付いています。 アルミニウムは、自転車業界でホイールリムを作るのに人気のある方法の1つです。 アルミリムは製造が簡単で安価です。 しかし、アルミニウムのリムに必要なすべての品質を設計するのは難しいです。

 

あなたがホイールリムに望むすべての品質を設計することを可能にする材料があります。 カーボンファイバーにより、エンジニアは超強力で剛性の高いホイールリムを構築できます。 この方法には別の利点もあります。 軽量のリムを作ることができます。ここでカーボンファットバイクホイールを購入してください。

 

軽量のホイールセットはすべてのファットバイクの所有者が望んでいるものであり、エンジニアリングプロセスと直接販売しているという事実のおかげで、非常に手頃な価格でカーボンホイールセットを入手できます。

  

ハブ幅

上で述べたように、前輪がフォークに収まるようにする必要があります。 Ftaバイクのホイールには、135mmまたは150mmのフロントハブが付属する傾向があります。 150mmのフロントハブは、リジッドフォークとサスペンションフォークを簡単に交換できるため、ほとんどのメーカーに好まれるオプションになりつつあります。必要なものに合わせて、135mmと150mmの両方のカーボンフォークを提供しています。

フォークのトラベルはどのくらいか?

ファットバイクタイヤは一般に約30mmの移動量をもたらすと考えられており、ファットバイク用のサスペンションフォークを購入する場合は覚えておく価値があります。基本的に、100mmのトラベルフォークは130mmのトラベルをもたらします。これは、ほとんどのトレイルに十分すぎるほどです。タイヤから与えられたグリップと100mmフォークの追跡能力により、クラッシュを回避するためにすべての時間を費やすのではなく、クラッシュが何かになることがわかります。

 

ファットバイクグループセットの選び方

通常、グループセットの選択は、標準のマウンテンバイク用のグループセットを選択する場合と同じです。 SRAMをご希望の場合は、SRAMを購入してください。 Shimanoをご希望の場合は、Shimanoを購入してください。最新の1xシステムを使用すると、ギア範囲が広くなりますが、ボトムブラケットの周りに泥や破片が詰まるのを防ぐのに役立ちます。

クラッチ付きのリアディレイラーは、ファットバイクに大いに役立ちます。あなたはその性質上、多くの容赦のない地形に乗ることになり、チェーンを維持するのに役立つ機能はお金の価値が十分にあります。 SRAMのタイプ2ディレイラーにはクラッチが付いているため、ShimanoではShadowPlusディレイラーを探す必要があります。

 

ファットバイクコンポーネントの選び方

コンポーネントは、特定のパーツについて主観的にどのように感じるかに帰着する可能性があります。カーボンパーツは、重量をさらに軽減し、ファットバイクで素晴らしい乗り心地を提供するのに役立ちます。スポイトポストが必要ない場合は、カーボンポストを使用すると、特定の振動が届く前にそれを取り除き、システムに少し屈曲を加えて快適さを高めることができます。

 

カーボンハンドルバーは、手首や腕の疲労から振動を防ぐのにも役立ちます。これをカーボンステムと組み合わせると、非常に軽いコックピットができ、優れたステアリングコントロールが得られます。

 

まとめ

自転車を軽くして、巨大なファットバイクタイヤと組み合わせると、どこに乗っても非常に報われる自転車を見つけることができます。今度は是非一度ファットバイクの味を味まいましょう。

  • Sep 21, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません