新着商品一覧今すぐ見る
ロードバイクホイールにはリムハイトがどの種類があるか?

カーボンファイバー素材の進歩により、近年、ロードバイクホイールセットのリム高さの分類は従来に比べて大きく変化しています。では今回はディスクブレーキロードバイクホイールはリムハイトによってどのように分類するかについて説明します。

 

30mm以下

30 mm以下のリムは一般的にアルミニウム合金製のものが多いです。アルミニウム合金ホイールが重いため、ホイール重量を制御するために、多くのアルミニウム合金輪群の輪高は30 mmを超えないです。

 

現在では、ハイエンド30 mm以下のカーボンファイバー製のヒルクライム専用のリムホイールはすでに非常に少ないです。Campyのhyperon、ShimanoのC 24チューブバージョンはその例です。極めの軽量化や15%以上のヒルへの登り対応を求めない限り、普通はこの30 mm以下のカーボンファイバーホイールを選ぶ人は少なく、なぜなら値段は安くないし、見た目も格好良くないです。そのため、大手ブランドは30 mm以下炭素繊維ホイールセットの生産を停止しています。

 

30-35mm

 

ホイール

カーボンファイバー素材の進歩により、従来ミドルハイトの30−35 mmホイールも軽量化に実現できるため、現在では主流なメーカーのヒルクライム向けのホイールはいずれもこの高さの帯にあるのです。例えばRoval AlpinistやCampagnolo WTO 33、ZIPP 202、ICAN AERO35ディスクブレーキなどがあります。大環状競技の難易度の高いマウンテンバイクでは、ドライバーたちが基本的にこのリムハイトの区間を使ったラウンドグループを見ることができます。

 

個人的な体験では、穏やかな坂を登るのには30−35 mmリムハイトのホイールは確かにリムハイトが低いホイールよりもスムーズに進むことができます。35 mm以下のリムハイトは主にリムの軽量化化を求めているため、加速性能と応答速度が強化されているが、空気圧性能や慣性モーメントが悪いため、高速区間での表現がままですね。

 

 

35-50mm

ホイール

以前はリムハイトが高く、多くのブランドが使用された、総合性能が最高の50 mmホールは今はリムハイトがミドルレベルのホイールとして定義されています。これは炭素繊維材料の進歩のおかげです。この高さの区間にのホイールは総合性能が最も良く、丘陵地形に非常に適しています。さらに、高さが中等レベルの軽量ホイールは、緩やかな坂でヒルクライムも向いています。

 

高さが中等レベルのホイールには、42 mm以下は上り坂に偏っており、例えばAeolus 37 RSL、Bora 35、新型Zipp 303、ICAN AERO40カーボンホイールなど、42 mm以上は平路に偏っており、例えばCADEX 42、古いZipp 303、Aerlus XXX 4、ICAN NOVA 45カーボンホイールなど。個人的にこのように考えられています。普段は平路に乗るのが主なので、個人的には高さ45 mmのホイールセットが好きです。

しかし、外観的には、競技型フレームには38-40 mmのホイールを搭載されることが調和しているように見えると思います。

 

50-65mm

ホイール

このリムハイト区間のホイールでは、ほとんどが平路大殺器と言えるでしょう。55−60 mm区間が主です。例えばVision Metron 55 SL、有名なZIPP 404、CADEX 65、Roval CLX 64、ICAN NOVA 55などがあります。このハイト区間にのホイールセットは横側から来た風の影響が大きいため、フロントはハイトが低いホイールを組み付け、リアはハイトが高いホイールを取り付けることで、横風の影響を低減することができます。たとえばRoval Rapideや、弊社の40/50mm前後セットのホイールセットもその例です。

 

リムハイトが高いホイールセットは高速巡航に追求し、平路使用に適しているため、速度を保つことができれば省力化を感じますが、最適な作業区間の速度に達しないと足を引っ張るような気がするため、リムハイトが高いホイールセットを選択するには必ず力を入れなければならないです。

 

 

65mm以上
ホイール

60 mm以上の高さのホイールセットはロードバイクではあまり見られず、主に高速巡航を安定させる鉄三車やクロノグラフレースに用いられます。例えばZipp 808、BORA WTO 77、DT ARC 1100 80、Metron 81 SL、ICAN AERO86カーボンホイールなど。空気圧効果のみを追求するため、ハイトが超高いホイールは一般的に重く、しかも横からの風の面積が大きいため、側風の影響を受けることが明らかであり、ロードバイクの制御技術に高い要求があります。

 

ディスクホイール
ホイール

ディスクホイールセットは空気圧効果を極めて追求したものです。、道路競技場の平路タイム戦によく見られます。ディスクホイールセットは非常に重く、ユーザ能力に対する要求が極めて高く、登坂への影響が大きいため、今年の環法の個人計時戦では、ほとんどのドライバーが坂登り区間で軽量化されたロードバイクを交換することを選択していることが分かります。

 

 

  • Nov 18, 2020
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません