新着商品一覧今すぐ見る
グラベルロードバイクに装備されているvブレーキの今!!

こんにちは、ICAN(アイカン)です。今回はロードバイク、グラベルロードに装着されているvブレーキの現状について触れていきます。そもそもvブレーキについている部品の数は少ないですが、制動力がきちんとしていると有名です。そのため値段が安くなる傾向があります。では見ていきます。


ディスクブレーキとvブレーキの成り立ち

 そもそもグラベルロードなどに装着されているvブレーキが普及したのは、1990年後半にシマノメーカーが、マウンテンバイクに搭載したことから広まりました。しかしシマノメーカーが、いきなりvブレーキを製造したわけではありません。最初は、制動力抜群な”カンチブレーキ”というものを使用していました。それを少し改良してvブレーキが生まれたわけです。それからシマノメーカーがvブレーキを搭載した自転車を販売し、下位メーカー達も次々とvブレーキを搭載した自転車を販売しました。あと有名なブレーキには、vブレーキ・ディスクブレーキ・キャリパーブレーキというのがあります。vブレーキはそのキャリパーブレーキと比べ、オフロードに強いため、クロスバイクに続々と装備されていきました。

vブレーキはディスクブレーキに負けたのか


結論からいいますと、マウンテンバイク・シクロクロス・グラベルロードは、主に”ディスクブレーキ”に変化してきています。つまりvブレーキは使われなくなってきたのです。いや完全に使われなくなった、といってもいいくらいです。そのため、グラベルロードなどからvブレーキを搭載した自転車を探すのは大変難しい状況になっていますね。ちなみにvブレーキがディスクブレーキに変化したのは、大体2019年くらいから。

すでにvブレーキのアップグレードは終了している


すでにvブレーキのアップグレードは終了しています。そのためメーカー達はディスクブレーキ・キャリパーブレーキのアップグレードに着手している感じです。現にvブレーキを初めに普及させたシマノは、ディスクブレーキ・キャリパーブレーキにしかアップグレードをしていません。これは公式ホームページに載っていますよ。

Vブレーキってなんだっけ?


 先ほども書きましたが、vブレーキはマウンテンバイク・シクロクロス・グラベルロードに、主に装着されていました。部品の数が少ないためか安く提供されています。しかし部品の数が少ないといっても、制動力は強いと有名です。それにクリアランス(間隔)が大きいので太いタイヤにも対応していますね。そして、そんなvブレーキには、実はもう1種類の形があるのです。それはコンパクトミニvブレーキというもの。

コンパクトミニvブレーキとは

一般的なvブレーキのアームの長さは107mmですが、コンパクトミニvブレーキは90mm前後。vブレーキよりも少し短い感じですね。また一般的なvブレーキと違い、コンパクトミニは、太いタイヤには対応していません。次は弊社のおすすめの、フレームをご紹介です!

そもそもグラベルロードにとって重要なモノはブレーキです。オフロードは道が舗装されていないため、ときには急停止をしなければならないこともありますよね。そこでこのフレームには、「フラットマウントディスクブレーキ」というものを使用しました。このディスクブレーキはシマノメーカーが提唱したもので、フラットに出っ張りなく、フレームへ装着できるもののことです。また、ブレーキの性能を生かすためにも、グラベルロードのフレームとフォークを、しっかり固定する必要があります。そのため「AC388」フレームには、クイックリリースを廃止して12mmのスルーアクスルというのを採用しました。ちなみにクイックリリースというのは工具を使わずにホイールを外すことができる部品ですね。「AC388」フレームには、東レT700カーボンファイバーによって強化されており非常に硬いフレームになっています。こうした剛性はスピードを上げるのにも役立ちますよ。最後に、黒・赤・黄色・青・水色・青と水色のグラデーションを用意していますので、あなたの好きな色が見つかるはずです。

まとめ

ここまで読んでくださりありがとうございました。今回はグラベルロードなどで主に使われているvブレーキについて触れていきました。vブレーキのアップグレードはすでに終了しており、シクロクロス・グラベルロード共に、ディスクブレーキへ転換してきています。ゆえにディスクブレーキの性能についても触れていくといいでしょう。

  • Mar 16, 2020
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません