ハードテールとソフトテールのマウンテンバイクはどちらが良いか?

 経験豊富なマウンテンバイクライダーでも、初めてxcクロスカントリーに挑戦してみたいと思っていても、あるいはカジュアルなライドをしてみたいと思っていても、どんな自転車が自分に合っているのかが気になります。マウンテンバイクの場合、リアサスペンションショックを持っているかどうかは、マウンテンバイクのデザイン、ライドの品質と性能に影響を与えるでしょう。

 

 一般的に、リアサスペンションショックがなく、車体フレームが一体型のマウンテンバイクをハードテールマウンテンバイクと呼ばれ、リアサスペンションショックと弾性材を用いてフレームの後端に変形を生じる車種を総称してソフトテールマウンテンバイクと呼びます。

 

ハードテールマウンテンバイクには剛性のフレームがあり、通常サスペンションフォークを配置することは、自転車のフロントがいくつかの垂れ下がった揺れと大きな衝撃を吸収できることを意味します。ソフトテールのもう1つの特徴は、自転車のリアを上下に移動させ、より多くの揺れをフィルタリングするための枢動点をフレームに持つことです。

 

では、ハードテールとソフトテールのマウンテンバイクはどのように選択したらいいですか?一般的に乗っている道路状況がよくて舗装された場合、ハードテールマウンテンバイクを選ぶのが多く、より難易度の高い道、例えば未舗装の道があれば、ソフトテールを選びます。しかし、試合にも参加しないし、自転車1台の予算しかなければ、下記ハードテールとソフトテールマウンテンバイクのメリットとデメリットを参考しながら、選択しましょう。

 

ハードテールマウンテンバイクのメリット

 

▲ICAN 29+ マウンテンバイク

 

重量

 ハードテールマウンテンバイクのリアにはサスペンションがなく、ピボットなどもないため、その重量は同等の条件でのソフトテールマウンテンバイクよりも軽量で、坂を登るのは楽になります。

 

剛性 

人と自転車の総重量を下げることができるように、一体のフレーム側方剛性とねじり剛性はソフトテールマウンテンバイクよりもはるかに良いことは、ハードテール車がより効率的に踏むことができ、ドライバーが出力するエネルギーが流失することが少ないことを意味し、このより強い全体剛性は同様に、ハードテールがソフトテールマウンテンバイクよりも登坂に優れていることでしょう。

 

メンテナンス性

 ハードテールフレームの設計はソフトテールの設計よりも簡単です。そのため、メメンテナンスを大幅に減少させました。

 

コスト 

 新たな自転車を購入したい人はコストを考慮しなければなりませんが、ハードテールマウンテンバイクの設計が簡単で、複雑な構造がないため、素材や設計面でソフトテールのよりもずっと安いため、自転車全体の価格も低くなります。

 

ソフトテールマウンテンバイクのメリット 

P1  - ICANホイールジャパン

▲ICAN P1マウンテンバイク

 

快適性 

フルサスペンションマウンテンバイクはフロントサスペンションフォークとリアサスペンションを同時に持つため、ハードテールのマウンテンバイクより乗り心地が快適です。リアサスペンションは、ドライバーと自転車の主な接触点を路面の揺れから効果的に隔てることができ、クロスカントリーやコンテストにおいて、このような増加した快適性は、ライダーの全過程における疲労度を減少させることができます。

 

優れたグリップと操作性

 これはソフトテールマウンテンバイクが本当にハードテールマウンテンバイクとは違うところです。これも多くのトップライダーがソフトテールマウンテンバイクを選ぶ要因となっています。前後のサスペンションが作動する場合、ソフトテールマウンテンバイクはより良いグリップ力を持ち、2つの車輪はより安定して地面と接触することができ、これはライダーがより良い操舵応答があり、より適時な制動とより良い全体制御、特に比較的に複雑な道路状況においても楽に走れます。

最も重要なのは、ソフトテールマウンテンバイクが上記のような効率的なグリップ力と操作性を持っていることで、あるコースではソフトテールマウンテンバイクがハードテールマウンテンバイクよりも速く、重量が重く、踏み込み効率がやや低く、登坂で少し時間が失われているにもかかわらず、下り坂ではより余裕があり、より多くを補うことができます。完全なサスペンションシステムはライダーの制御力を拡大し、疲労を減少させた場合のより安定した下り坂を行うことができ、いくつかの特に難しいコースでは、ショックサスペンション上の驚きは試合全体の速度とリズムを大きく異ならせることができます。 

ハードテールマウンテンバイク種類に比べて、ソフトテールマウンテンバイクのモデルは数えきれないほど多いです。フルサスペンションプラットフォームはより多くのタイプの設計を使用して、異なる地形と異なるライダーのレベルに対応することを可能にします。

では、どのタイプのマウンテンバイクがもっといいですか?全体的に、自分のスタイルによります。よく乗る小道が比較的平らであれば、ハードテールマウンテンバイクを使うことをお勧めします。

挑戦したい道が複雑で、自分の騎乗技術にあまり自信がなければ、ソフトテールマウンテンバイクをお選び下さい。いずれにしても、ソフトテールマウンテンバイクは同じ条件でより多くの機能を提供することができ、より多くのルートを探索することができ、より自信を与えることができます。

▲ICAN P9マウンテンバイク

 

最終的に、どちらを選んだとしても、自転車はただ機材で、自転車の楽しさを得ることは目的です。

 

 

 

  • Mar 29, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません