ヒルクライムが速くなるための7のポイント

どうすればヒルクライムがはやくなれますか?どうすればより良い登山者になれますか?これらは私たちがよく聞くでしょう。以下はより良い登山者になるための最高のテクニックです。

 ヒルクライムは、非常に平坦な地域に住んでいない限り、避けられませんし、自転車に乗るために欠かせない部分でもあります。坂登りが好きな人もいれば、専門家のように楽に登ることができる人もいますが、それらを恐れ、登るために必要な勾配や健康状態と戦うことができる人もいます。

 

ポイント1、歩調をゆるめること

ican ヒルクライム

 私たちはみんなそうして、すぐに谷底に登って、もがいて山頂まで登る速度を維持して、山頂で卑屈に登っていきました。賢明な方法は登るペースを速めることです。良い心拍数と低い心拍数で上り坂の底に到達してみて、上り坂の勾配に気軽に入ってみますが、できるだけ自分の衝動を抑えることです。私たちが認めているチーム環境では難しいですが、自分のリズム戦略をとるのが賢明です。登っていくことに慣れていくと、ペースを速めて、早く完成して、頂上に達して、感じが強くて、次の挑戦を迎える準備をしています。

 

ポイント2、事前に登る坂の状況を把握すること

山の長さや急さがどのくらいあるかわからない時、自分のペースを調整するのは難しいです。盲目的に登るのであれば、登りが急になったり、予想以上に長くなったりすれば、快適な速度を見つけ、少し手間を節約するのが賢明でしょう。もう一つの戦略は現代技術を利用することで、StravaとGoogle地図などもご利用ください。

 

ポイント3、ダイエットすること

 不幸にも、速く登る敵の一つは、登るのにどのくらいの重さが必要なのかということです。自転車でダイエットすることができます。自転車にお金を使って体重を減らすのは簡単ですが、これだけの改善の余地しかありません。

体重はロッククライミング速度を制限する要素かもしれません。これは完全に力と重量の比率に依存します。体重を下げて、そしてあなたの力を増加させます。脂肪が速度を遅くするだけでなく、筋肉は脂肪よりも密集しています。自転車に乗ると、上半身の筋肉はあまり貢献しないことが多いです。

 

ポイント4、軽いギヤを取り付けること

 重いギアを踏んで筋肉が疲労してしまい、上れなくなってしまいます。まずは軽いギヤでクルクル回すのが基本です。

 

ポイント5、正しい姿勢

多くの人は鞍から立てて登ったりするときに好みがありますが、通常、最も効果的で有酸素効率の高い登り方は、鞍に座り、歯車とリズムで山に登ることです。鞍ペダルからの離脱は、電力出力を向上させ、10%を超える非常に急な勾配を解決するために必要な力を生成するのを助けることができます。

ペダルの上に立つことで生じる余分な力も、登る中で速度を上げることができます。攻撃も友達の後ろにも乗っています。鞍から降りてくる欠点は酸素消費が増加していることであるため、これらの努力を一時的な爆発と非常に急峻な登りに残しています。多くの人は自分の好みがあって、どんなプロの試合を見ても、永遠に鞍から降りない人もいれば、登山中に座ったことがない人もいるようですので、どちらの方法があなたにとってより快適で効果的なのか試してみることができるかもしれません。

 

ポイント6、ケイデンスを上げること

 非常に高いギアを登る代わりに、プロをコピーして、より容易なギアに切り替えて、ケイデンスをを向上させます。 より大きなギアを推進することはより快適に感じることができますが、研究によりますと、低いギアを回転させるとパフォーマンスが向上することがわかっています。

 2004年にスペインの研究者AlejandroLuciaが行った調査では、ケイデンスが高いほど効率が大幅に高くなることが明らかになりました。 「より高いペダリングレート(100 rpm)と比較して遅いケイデンス(60 rpm)で経済が減少します」そしてその減少はまたより高いレベルの血中乳酸と疲労を伴います。

ロードバイク アイカン

 したがって、脚の筋肉への緊張と負荷を軽減し、クライミングパフォーマンスを阻害する可能性のある乳酸の疲労と早期発症を軽減するため、より高いケイデンスのペダリングがより効果的です。非常に高いギアを押すことに慣れている場合は、低いギアの回転に適応するためにある程度のトレーニングが必要になる可能性があるため、ある程度の時間をかけて適応し、おそらくより高いケイデンスのペダリングを短時間追加します。

 

ポイント7、心拍数やパワー計を使うこと

体を聞いたり足の痛みを感じたりすることで自分のペースを調整することができますが、望むなら、もっと科学的な知識を得ることができます。心拍数モニターは良い方法で、登る過程全体で速度を制御することができ、赤い状態に入ることを防ぐことができます。パワーメーターは高価なアップグレードですが、直接努力を示しているので、心拍数よりも正確にリズムを制御することができます。

 

 関連記事:自転車通勤について考える

 

  • Mar 22, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません