新着商品一覧今すぐ見る
グラベルバイク将来の動向

平凡に飽き、勇敢に新しいルートを探索する-これはグラベル バイクはロード車系の新しい細分化領域の車種の新しい定義として、時にはグラベル バイクはAdventure Bikeとも呼ばれ、車友の様々な欲求を満たすことに期待される。単盤、ディスクブレーキ、そして長い軸間の幾何設計、700 cと650 Bの間の自由な切り替えは、すでにグラベル バイク全車標準になっていますが、では、将来的にはこの車種はどのように変化していくのでしょうか?

グラベルバイク

グラベルバイクに鉄骨の再回帰

グラベル バイクはでこぼこの道に走行するで、主流のカーボンファイバー素材の振動吸収の効果がなかなか物足りないに対して、伝統的な鋼製フレームは非常に良い効果を持っている。UCCのブランドマネージャーであるGavin氏も、将来的にはグラベル バイクが素材ベースの合理的なコーディネートに重きを置くことになると述べている。一方,Marinが発売したグラベル バイク車種Four Cornersは,鋼製フレームを使用しており,競技版のカーボンファイバーフレームに比べて,知らず知らずのうちにグラベル バイクの入門の敷居を下げている。

グラベルバイク

▲伝統的な鉄骨は振動吸収に非常に良い効果があり、グラベル バイクという車種に応用する見通しは広い。

グラベルバイクに電動アシスト搭載のトレンド

電動アシスト自転車は近年では世界において自転車の新しいトレンドであり、中置モーターでより効率的で便利な性能をもたらし、騎乗者に広く受け入れられており、ロングライド向けの耐久車種としてグラベル バイクは異なる路面状況の間に走行する必要があり、電気アシストに加えてグラベル バイクは間違いなくこの新型車種にさらなる生命力を与えていることは間違いない。

グラベルバイクの形状はよりユニークで多様化していく

Canyonは以前、Grailというグラベルバイクを発表した。ダビンチのパスワードの中の聖杯と同じ意味を持つ新車は、グラベルバイクのデザインの先端を走っているといえる。全車は、独占的なVCL 2.0ショックアブソーバーのシートポストに加えて、旧式の二重翼のような新しい個性的なハンドルで、より快適な騎乗姿勢を提供するだけでなく、独特の炭素繊維採用によって、より優れた振動吸収効果と剛性を保つことができる。さらにBMCでは、独特なRMシリーズも登場しており、各ブランドはグラベルバイクという車種のデザインに百以上の種類の花が一斉に咲いていると言えるだろう。

グラベルバイク

▲この新車は、グラベル バイクのデザインの最前線を走っていた。

単盤主導+双盤の台頭

グラベル バイク車種における単盤と双盤の差別化分析の中から、SRAM Force 1 Xシステムは成熟したマウンテン1 Xシステムに継承され、でこぼこの道に走行の信頼性と選択性が強く、グラベル バイクの主要なOff Road車種の機能定位に合致することを明らかにした。Trekから発売されたグラベル バイク−Checkpointは,Shimano Ultegra R 802 20 2×11の伝統的システム(TrekCheckpoint SL 6)を採用して,より密な歯の組み合わせを持ち、それぞれに騎乗習慣に沿った選択ができるようにしている。

グラベルバイク

ブランド主導の多様化

Trek Checkpoint、Pinarello GAN GRS、Ginat RevoltおよびCanyon Grailなどの大手ブランドは、グラベル バイクの潮流に参加している。チタン合金フレームの製作に専念したことで有名な米国ブランドLitespeedも昨年、グラベルを発売した。また、OpenとYetiブランドは、限定版Open U.P グラベルバイクフレームを発売し、この限定版のグラベルフレームは、市場トレンドを追うことなく、自宅のオーナーも従業員も乗りたい自転車を作るというビジョンを実現している。

ICANのグラベルバイクが2020年新登場!

詳しくはこちら、次回は記事で詳しくご紹介いたします。

 

  • Apr 10, 2020
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません