バイシクルホイールは定期点検とメンテナンスが必要ですか?

バイシクルコンポーネントの1つとして、ホイールセットを定期的な点検とメンテナンスが必要ですか?答えは明らかでしょう。

バイシクルホイールをより良い状態に保ち、より長い寿命を維持したい場合は、定期的にメンテナンスする必要があるときっとわかるでしょう。 定期的に点検し、ホイールセットの使用状況や寿命を把握し、破損や使用不能になった場合は、さらに交換することで、いつでも最良の状態に保ち、気持ちよく楽に乗車することができでしょう。今回はメンテナンスのポイントを詳しくご紹介いたします。

 

1、ベアリングとクイックリリースの点検

bike wheels

クイックリリースの締まり具合は正常ですか? 元の工場に校正済みのトルク値がある場合は、それが良いでしょう。 クイックリリースがロックされていて、ホイールセットが横方向に動くと感じる場合は、ベアリングに問題がある可能性があります。ホイールをスムーズに回転できない場合は、ベアリングがきつすぎるか、内部が錆びている可能性があります。  いずれの場合も、クイックリリースレバーまたはベアリングを分解して調整する必要があります。

 

乾燥して砂のない良好な環境で走行している場合は、ベアリングを清掃し、2〜3か月ごとに再度オイルを塗ることをお勧めします。ハブから取り外す必要はありません。外側のカバーを取り外し、布と脱脂剤で清掃するだけです。圧縮エアガンを使用している場合は、効果が向上します。

濡れた、湿気のある、泥だらけの状態で乗車していて、週に複数回乗車している場合は、少なくとも月に1回はこれらの点検を行うことをお勧めします。ベアリングが摩耗していないか確認するには、指でベアリングを動かし、自由に回転または摩擦がないか確認するだけです。また、摩耗の兆候である横方向のフレームボリュームがあるかどうかを確認することをお勧めします。回転抵抗が大きい場合は交換をお勧めします。ほとんどのリアハブには、検査と交換が必要な2セットの内部ベアリングがあり、爪とスプリングは洗浄され、再度オイルが塗られています。正しい潤滑剤で洗浄し、再度オイルを塗ります。

安価なホイールセットは通常、ボールなどのオープンベアリングシステムを使用します。これにより、クリーニングと再給油にかかる時間が短くなり、定期的な検査が必要になります。これらのタイプのベアリングの交換は、比較的簡単で安価な手順です。

2、ホイール振りはありますか?

ホイールを回転すると、ホイール両側のスペースが2mm以上増減しているのであれば、ホイールセットが適切ではありません。この状態で続行すると、振りがますます深刻になり、ある程度の危険が伴います。

 

 

3.スポークの表面に損傷や衝撃の跡がありませんか?

スポークの張りが高すぎたり低すぎたりすると、ホイールの摩耗も加速します。 スポークのいずれかが緩んだり、損傷したり、ひびが入ったりすると、ホイールセットの不可欠な部分として残りのスポークに影響を与えるため、一定の時間間隔でスポークの張力を確認することをお勧めします。この作業は資格のある技術者が行うのが最適で、、正しい工具を使用する必要があります。これらの工具を使用しないと、スポークやキャップが損傷するリスクが高まります。

 

4、リムのブレーキ面は滑らかですか、それともディスクの変形はありますか?

目や指でムラがないか確認してください。 リムの設計走行距離は40,000キロメートルを超える場合がありますが、湿った砂の条件下で不適切に維持すると、大幅に減少する可能性があります。 リムブレーキのサイドウォールが薄すぎると、圧力がかかるとリムが変形したり、ひびが入ったりします。

 

アルミであろうとカーボンファイバーであろうと、少なくとも年に数回、内側と外側を検査する必要があります。 亀裂がないか確認します。つまり、ブレーキの表面がきれいで、リムのエッジに損傷の兆候がないことを確認します。これは、タイヤの正しい取り付けやチューブレスリムシーラントの紛失に影響を与える可能性があります。 チューブタイヤの場合は、ホイールの位置が正しいか確認し、定期的にタイヤを清掃してください。 さらに、予期しない問題を回避するために、元のブレーキパッドまたはメーカーが推奨するブレーキパッドを使用することをお勧めします。

 

注:さらに、ロードバイクでアルミニウムリムブレーキラバーを使用する場合は、ブレーキラバーに埋め込まれた金属片を定期的に清掃する必要があります。これにより、ブレーキエッジの異常な摩耗を効果的に避けます。

 

 5、タイヤの点検

タイヤにひび割れはありますか?正面から見たときに弧はありますか?ビードとリムはしっかりと統合されていますか?チューブタイヤにはゴム開口部などがありますか?

タイヤの推奨空気圧値を必ず守ってください。推奨空気圧を超えたり下回ったりしないでください。そうしないと、危険をもたらす可能性が非常に高くなります。

使用するタイヤシステムに関係なく、定期的な点検は非常に重要です。従来のタイヤとインナーチューブを使用する場合は、インナーチューブが正しい角度で取り付けられていることと、バルブとリムの間に角度がないことを確認してください。

チューブラータイヤの場合、最も重要なのは接着プロセスです。正しくないと、リムの中央に配置されないか、最悪の場合、ライディング中に外れて、ライダーに重傷を負わせる可能性があります。

チューブラータイヤの取り付け方法がわからない場合は、専門家に相談することをお勧めします。チューブレスタイヤの場合は、少なくとも四半期に1回は接着剤を交換し、エアノズルが適切に締められていて漏れがないかどうかを時々確認します。

使用するタイヤの種類(従来型、チューブレス、チューブレス)に関係なく、破裂の原因となる損傷、切り傷、穴の兆候がないことを確認してください。その場合は、すぐに交換してください。

 

注:トレッドに埋め込まれた金属の削りくず、割れたガラス、小さな石を定期的に掃除することで、タイヤがパンクする可能性を減らすことができます。

 

 

  • Apr 03, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません