新着商品一覧今すぐ見る
Alphaシリーズ カーボンホイールの真価

 エントリークラスのロードバイクに付いているホイールは「鉄下駄」と呼ばれます。

もちろん鉄製などではありません。

重量が比較的重いことから、誇張してそのように言われるようになりました。

ひどい蔑称だと思いますが、その内には親しみの感情が見て取れるように思います。

今回は、その「鉄下駄」を卒業したい人のための、最善の方法についてお話しましょう。

 

1 鉄下駄はダメなのか?

エントリークラスのホイールは、単体の価格で大体1~1.5万円のものが付いています。

それらが採用されるには理由があります。

  • 10~20万円のロードバイクを組むには、ホイールに充てられるコストはこのあたりに落ち着くこと
  • 必要なだけのパフォーマンスが得られること
  • 入門者が経験を積むためには、多少重くても丈夫なホイールが向いていること
  • 将来的なアップグレード対象の筆頭にホイール交換があり、好みのものを選ぶ余地を残すために、最初から高価なものを付ける必然性は少ないこと

 

実際、はじめてエントリーバイクを手にした時、鉄下駄と言われようが、その軽やかな動きには魅了されるものです。よくできたパーツであることに間違いありません。

 

 関連記事:ロードバイクの定番 カーボンクリンチャーホイール

 

2 ホイールの交換を決断する時

 

しかし、「その時」は、ほぼ確実にやって来ます。

たとえば、山で苦しそうに登っている自分のそばを、スイスイ走り抜けていくライダーがいて、頂上で一緒になったとします。こんな会話が交わされます。

 

「登り、速いですね!」

「いやあ、たいしたことありませんよ。

あ!? そのホイールじゃちょっと重いかな? 登りは軽いのに限るんですよ!」

こうして、軽量ホイールの信者がまた一人誕生する、というわけです。

本当は、体の鍛え方にも違いがあるのだとしても......、ね。

 

3 交換する価値のあるホイールとは?

 

ホイールの評価基準は、重量、精度、剛性、乗り味、信頼のおけるメーカー製であること、など様々なポイントがあるにせよ、まず何と言っても軽量であることです。

 

鉄下駄が大体2本で2kg前後であるのに対し、1.7kgを切ったあたりから、違いがあらわれて来るようです。ホイールにおける、この300gの差はそれほど大きいのです。

 

交換を思い立ったとして、まず、検討の対象となるのは、5~10万円クラスのアルミ製ホイールではないでしょうか。これで、おおむね1.6~1.7kg程度の軽量なものが手に入ります。

 

さらに軽量化が期待できるのはカーボンホイールですが、結構な高根の花です。一般的に15万円前後から選ぶことができ、重量も1.4~1.5 kg、中には1.1kg台という羽根のような高価なものもあります。

 

ここで考慮すべきは、リムハイトについてです。

通常は25~60㎜程度のハイトですが、ハイトが高いほど重量的には不利になります。

また、これ以上にハイトの高いリムは、トライアスロンやタイムトライアル用途となります。

重いですが、高速で平坦地をひた走る用途なら、重量はあまり意識しないですむのです。

 

3 Alphaシリーズの真価

 

これらの状況を踏まえた上で、ICANのAlphaシリーズのカーボンホイールをご紹介します。

 

シリーズ中のひとつ、Alpha40というカーボンホイールを見てみましょう。

40㎜ハイトという使いやすいエアロ形状で、重量は2本で1.504g

価格が2本セットで41,000円(税込)というものです。

 

価格のリーズナブルさに驚かれるかもしれませんが、もちろん、精度の高いしっかりとしたICAN品質で、それを裏付ける2年間の保証が付きます。

 

詳細に見て行くと、さらにその内容の濃さがおわかりいただけることでしょう。

 

素材     東レ T700 100%カーボン繊維

ハブ      Novatek F428 SB-SL/A291SB-SL (10~11速対応)

スポーク    Pillar 1423 エアロスポーク

プロフィール チューブレス/クリンチャー両用

耐熱性    ブレーキ面148°Cのすぐれた耐熱性

 

ハブとスポークも一流メーカー製を使用し、手抜きのない、丈夫さも兼ね備えた、非常に完成度の高いホイールです。

 

ICANのホイールの特質を端的に語ってくれているJohnny Pinkさんのすばらしいレポートがアメリカから届いていますのでぜひご覧ください。

【Johnny Pinkさんの熱いインプレ!】

 

4 Alphaシリーズカーボンホイール ラインアップ

 

Alphaシリーズは、リムハイト40~86㎜の5種類のサイズがあります。

このうち、ディスク用は50と55に用意されています。

最新のテクノロジーを注ぎ込んだ注目すべきモデルたちです。

 

・ Alpha40      41,000円

・ Alpha45      49,293円

・ Alpha50      43,000円

・ Alpha50ディスク 46,215円

・ Alpha55      44,000円

・ Alpha55ディスク 48,840円

・ Alpha86      52,508円

価格はすべて税込です。

注文は、サイト上から可能、送料は無料です。

 

【ICAN公式サイト】

 

5 最後に

「1.5kgのホイールが4万円台から手に入る !! 」

ICANはまさに、皆さんのその嬉しそうなリアクションを見たいがために、Alphaシリーズを開発しました。

どうぞ、たくさん走って、素晴らしい体験をいっぱい味わってください。

ICANの願いです。

 

【参考記事】

・ ロードバイクの定番 カーボンクリンチャーホイール

 

・ ロードバイクのスポークとハブについて語る

 

 

  • Apr 07, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません