自転車のチェーンがよく外れるときのチェックポイント

 自転車を運転している時のメカトラブルはたくさんあります。

「個体の癖」と取るか「メンテ不足」と取るかは人それぞれだけれど、快適に乗りたいと思うのは共通する気持ちではないでしょうか。

 

ここでは、チェーンに特化して、どんなトラブルの時は、原因が何で、どこをどう調整すれば快適に自転車に乗れるようになるのか、お知らせします。

 

走行中に前のギアのチェーンが外れる

チェーンが外れる時、前のギアのところでチェーンが外れることはよくあることです。

直す難度としては、比較的簡単な方で、手が汚れることを気にしなければ誰にでも出来る程度の故障です。

 

注意したいのは、走行中にチェーンが外れたらついつい踏み込んでしまい、チェーンが切れてしまうこともあります。

不思議なもので、チェーンが外れる経験を何度か経験したら、外れた瞬間に漕ぐ足を止めます。

これも成長なのでしょうか・・・

 

前のギアでチェーンが外れた場合、ギアの径が小さい側に外れます。

慌てずに、フロント側の変速機をインナー側(小さい側)に切り替えます。

表示としては「1」か「L」となっています。

 

チェーンはギアの上に少し掛けて回す方法と、下に引っ掛けて回す方法があります。

うまくいくときはどちらでもうまくいくのですが、上から方式の時はペダルを回すとある所でチェーンが外れてしまうことがあります。

 

この時は、何度やっても同様に外れて自分ではチェーンを直せないように思ってしまいます。

そんな時は、下からギアに這わせるように引っ掛けて、ペダルをゆっくりと後ろ(チェーンを引き上げる方向)に回します。

ican 自転車

走行中に後ろのギアのチェーンが外れる

走行中に後ろのチェーンが外れることも割とよくあります。

ペダリング中にチェーンが外れると、径の小さい方に外れていき、スプロケットとフレームの間に噛みこむことがあります。

 

こうなると、手では簡単に外せないので焦ります。

冷静にスマートに直せたらかっこいいので、慌てずに対処してみましょう。

 

ロードバイクの場合は、後輪を外してチェーンを緩めてみましょう。

それ以外の場合は、容易に後輪を外すのは難しいでしょうから、タイヤを出来る所まで逆回転させ、少し正転させ、少し勢いをつけて逆転させ、と繰り返すと急にガシャンと噛みこんだチェーンが外れます。

 

どうしても外れない場合は、スパナなどの工具を準備して、後輪を外してチェーンを緩めましょう。

 

逆にギア径の大きい方にチェーンが外れた場合は、スポークに当たって、スポークが折れることもあります。

自転車によっては透明の円盤状の部品(スポークプロテクター)が付いていることはあります。

飾りではないので、大事にしましょう。

 

後ろのギアの方でチェーンが外れた場合は、修理が比較的簡単です。

スプロケットの下側にプーリーと呼ばれる1個だけの小さなギアがあると思います。

このプーリー用のアーム(プーリーケージ)を前方に倒すとチェーンが緩みます。

 

これを利用して、プーリーゲージを前に倒した状態で、チェーンをギアに噛み合わせます。

(理想を言えば、変速機が示している段のギアに)

 

チェーンが正しく噛みこんだら、プーリーゲージをゆっくり戻し、チェーンのテンションが正しく掛かっているかチェックします。

 

あとは、ゆっくりペダルを回すとチェーンが正しく回ることが確認できます。

この時、変速機が示した段と実際のギアの段が違うとチェーンが切り替わりますので、あまり早くペダルを回すと再びチェーンが外れるので注意が必要です。

ican 自転車

ちょくちょくチェーンが外れる時

ちょくちょくチェーンが外れる時は、チェーンのテンションが正しくないかもしれません。

ギアとは、前と後ろで使える段、使えない段が存在します。

 

前の段の一番小さい径のギアの時に、後ろの段の一番大きい径のギア、逆に前の段が一番大きい径のギアの時の後ろの段の一番小さい径のギアは使えません。

 

丁度一番遠い関係にあるので、一番チェーンがねじられる関係の位置にあるのです。

プーリーはスプリングでテンションをコントロールしているので、チェーンのテンション自体はいつも良い状態なのですが、チェーンは横の動きには弱いです。

 

無理にギアチェンジをしようとしたら、チェーンが外れてしまうことがあるのです。

「この組み合わせは使えない」と言うものがあるという事を理解して、慣れればチェーンに余計な負担をかけることもありませんし、チェーンが外れることも予防できます。

 

変速機を動かしているときによくチェーンが外れる場合は、変速機のストロークがおかしい場合もあるので、これはまた別の機会に詳しくお知らせします。

 

まとめ

チェーンは外れる場所によって、直し方があります。

数回直せばすぐにベテランになれますので、時間のある時にわざと外して練習しておけば、いざと言う時にスムーズに直すことができるようになります

 

 関連記事オススメ:自転車の変速中にチェーンが外れる時の対処法

 

  • Jun 19, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません