自転車タイヤのサイズについて知っておくべきこと
タイヤは自転車の性能に影響を与える重要な部分です。自転車タイヤのサイズを知ると、自転車が自分に適しているかどうかがわかるでしょう。
誰もがロードバイクやグラベルグラインドのタイヤサイズについて話し合っていますが、タイヤの幅が広いからといって速度が低下するわけではないことがわかります。
 
では、どのタイヤがあなたの自転車リムにフィットしますか?私のタイヤサイズは問題無いですか?自転車タイヤのさまざまなサイズ仕様はどういう意味ですか?また、タイヤの側面にはサイズ情報がたくさん書かれていますが、その意味がわかりにくい場合があります。
この記事では、これらの疑問に答えるために、自転車のタイヤサイズに関連するコンテンツについて説明します。
 

どのサイズのタイヤが選ぶべきですか?

快適に乗りたい場合、簡単な選び方は、自転車リムにフィットし、フレームまたはフォークにクリアランスを与える最大のタイヤを選択することです。多くのメーカーが、フィットできる最大サイズを教えてくれます。
 
 
どの幅の自転車タイヤが私のリムにフィットしますか?
身長と体重を考慮する必要があります。近年の傾向としては自転車のタイヤサイズはますます大きくなっていきます。また、リムに合う適切な自転車のタイヤを見つける必要もあります。
 
自転車タイヤのさまざまなサイズ仕様はどういう意味ですか?
私の自転車のタイヤサイズを引っ張られるかもしれません。通常、タイヤのサイドウォールを確認できます。そこにある数字は、タイヤのサイズ(おおよその外径と幅)を示しています。たとえば、700 x 32cは、タイヤに外径700mm、幅32mmという意味です。
 
一般的に、自転車タイヤの測定値には2つの要素があります。大きい数字はインチ単位のタイヤ直径、小さい数字はインチ単位のタイヤ幅です。タイヤ直径は通常12〜26インチ、タイヤ幅は通常1.75〜2.215インチです。
ロードバイクとマウンテンバイクは、名前の付いたサイズで異なるユニットを使用していることを知っておく必要があります。ロードバイクにはCを使用し、マウンテンバイクにはインチを使用します。
 

自転車のタイヤには一般的なサイズは何がありますか?

一般的に標準ロードバイクタイヤのサイズは700cx 23mm、700x 25mmです。これらは標準のロードタイヤサイズです。タイヤの直径が約700mm、幅が23mm/25mmであることを示しています。現在510C 、500c、450cなどの珍しいサイズもあります。
 
一般的なマウンテンバイクのタイヤサイズは26.5er、27.5er 、29erです。現在最も主流のマウンテンバイクのサイズは27.5er、29erのマウンテンバイクです。26.5erのマウンテンバイクは廃止されました。
 
摩耗したタイヤは走行体験に影響を与え、新しいタイヤと交換する必要があるですが、タイヤのサイズが合わないとリムが損傷し、ライダーが危険にさらされる可能性があることは誰もが知っています。タイヤの幅が十分でない場合、ピンチフラットやパンクが増えるリスクがあります。幅が広すぎると、タイヤのげっぷや安定性の低下が発生する可能性があります。したがって、適切な自転車のタイヤサイズを見つけることが不可欠です。

 

ロードバイクのタイヤサイジング用のチートシートはありますか?

はい。タイヤについてこれ以上知りたくない場合は、リムの幅に合うタイヤのクイックガイドを確認してください。
 
上のチャートは、リムの内側の幅と、そのリムにフィットする対応するタイヤのサイズを示しています。赤いセクションにタイヤをフィットさせないようにする必要があります。不適切なタイヤを装着することで走行にリスクをもたらす恐れがあります。
ご覧のとおり、リムはさまざまなタイヤサイズに適合し、走行に適したリムを選択する価値があります。エアロホイールとファストホイールおよびライトホイールの内部幅は18.25であるため、最新のタイヤにフィットする広い範囲が可能です。
 

自転車のタイヤサイズを標準にしたのは誰ですか

現在、この規格は主にISOとERTOという2つの主要な国際機関によって策定されています。
ISO(国際標準化機構)は、1947年2月23日に、世界中の産業と商業の国際標準を策定する国際標準確立組織として設立されました。ISOは、スイスのジュネーブに本社を置いています。
 

ERTOとは

ETRTOはヨーロッパのタイヤとリムの技術組織であり、円周の専門的な測定です。
多くの国では、さまざまなサイズでの混乱を避けるために、自転車サイズの製造の仕様としてサイズ基準を使用しています。


自転車メーカーが新しい基準を作成するのが好きだと誰もが知っています、 このアイデアは、サイクル業界が毎週新しい基準を提供していた時期に生まれました。 ありがたいことに、私たちはそれから遠ざかっているようです。
 
しかし、これはERTOとどのような関係があるのでしょうか。当時、各国には独自のタイヤ測定方法がありました。他の国よりも理にかなっているものもありました。これらの基準はすべて、消費者にとって悪夢であることが証明されていました。
 
すべてを簡単にするために、タイヤのサイジングに関する国際標準ガイドが必要であることが決定されました。 新しい方法は「E.T.R.T.O.」と名付けられまるシステムです。そしてあなたはまだそれを周りに見るかもしれません。 E.T.R.T.Oは、European Tire and Rim Technical Organizationの略です。
 
 採用されたシステムは、ISOシステムである国際標準化機構の一部です。 ERTO規格に付けられた特定の名前はISO5775です。以前は6種類の26インチタイヤがあったという複雑な状況に遭う必要がないことを許可してくれたこのルールに感謝するべきです。
 

ICAN  FLシリーズとAEROシリーズホイールに合うタイヤのサイズは?

ICAN  AeroシリーズのホイールとFLシリーズのホイールは、ホイールリム仕様が同じです。唯一の違いは、Aeroシリーズの構造にToray T700およびT800カーボンファイバーが使用されていることです。FLシリーズは、構造にTorayT700のみが使用されています。カーボンファイバーを配合することで、Aeroホイールセットを高速で軽量のシリーズリムよりも約100g軽量化できます。
FLシリーズとAEROシリーズホイールに適しているタイヤサイズは25mm~28mmを推奨します。


 
また、多くのグラベルライダーにとってはタイヤサイズが40mmで十分です。40mm以上の幅を使用したい場合は、本格的なオフロードを行う必要があります。29erXCホイールの方が良いかもしれません。
 

  • Aug 27, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません