ファットバイクホイールの選び方:完全ガイド

ファットバイク用のホイールを購入しようと思ってオンラインで検索すると、たくさんのモデルや様々なオプションが出てきます。これらの情報を見った瞬間、更に困ってしまい、混乱を招く可能性があるでしょう。そのため、この記事は、ファットバイクホイールの購入方法を解説する完全なガイドです。自分に合ったファットバイクホイールを選択するには役に立てばと思います。

適切なファットバイクハブの幅を選択しよう

ファットバイクホイールは、ハブ幅の変化はたくさんをてきました。最初に、古いマウンテンバイクの標準である135 mm幅のハブがオフセットされました。ファットバイクの人気が高まり始めると、メーカーは専用のファットバイクハブを製造し始めました。

 

  最大のゲームチェンジャーはスルーアクスルへの移行でした。スルーアクスルは巨大なホイールの重量をより適切にサポートします。以前はファットバイクのホイールを保持していたクイックリリースアクスルを壊すことができました。スルーアクスルへの移行により、ファットバイクは現在、15mm x 150mmのフロントアクスルを使用しています。オフセット135mmのフロントホイールを使用することで、いくつかの注目すべき例外があります。そのため、使用しているものを再確認する必要があります。

 

ファットバイクのバックエンドでは、大多数のお気に入りの1つに決定する前に、いくつかの基準がありました。 ファットバイクの大部分は、190mmまたは197mmx 12mmのスルーアクスルを使用するようになります。 一部には190mmのクイックリリースが付属します。

 

プラスバイクと5インチの疲れたファットバイクの間に収まる規格もあります。 これは、幅170mmまたは177mmの10または12mmの車軸です。 このオプションは通常、タイヤのクリアランスが5インチ未満の自転車に見られます。 繰り返しになりますが、バイ炊いくさんのファットバイクは、142 mm x12mmというまったく異なるオプションを使用しています。

 ファットバイクのフレームクリアランスを知っておこう

ファットバイクフレームにどのくらいのクリアランスが付いているかによって、必要なリムの幅がわかります。 簡単にご利用いただけるよう、便利なチャートをご確認ください。

fat bike

ファットバイクホイールリム素材

ファットバイクホイールの購入を検討する際には、ファットバイクホイールのリムも重要なポイントです。良いリムは、よりスムーズに乗り、ファットバイクホイールを長持ちさせるのに役立ちます。

 

ファットバイクホイールリムは、アルミニウムまたはカーボンファイバーで作られている傾向があります。 100mmまでのリムでは、リムを作るために必要な材料がたくさんあります。多くのアルミニウムリムには、重量を減らすための切り欠きが付いています。カットアウトの問題の1つは、チューブレスのセットアップをより問題にするのに役立つ可能性があることです。

 

チューブに固執し、チューブレスのセットアップについて心配する必要はないと思うかもしれません。しかし、それは別の多くの問題をもたらします。低圧では、ファットバイクで走る必要があります。あなたはあなたがピンチフラットを得る可能性が非常に高いことに気付くでしょう。ファットバイクでチューブを交換してタイヤをポンピングするのは楽しいことではありません。

 

しかし、今や解決策があります。それはカーボンファイバーリムです。これらのリムは、大部分のアルミニウムリムよりも軽くて丈夫です。また、切り欠きがないため、テープを貼ってチューブレスを簡単にセットアップできます。軽量化に優れ、チューブレスのセットアップのしやすさがさらに向上しています。ファットバイクホイールリムはオンラインで購入できます。

ファットバイクホイールセットスポークの数

スポークはホイールセットの重要な部分であり、ホイールセット全体のパフォーマンスに影響を与えます。

 

一般的に言えば、軽いマウンテンホイールは通常ホイールあたり24〜28スポークを実行し、より強いオフロードまたはオールマウンテンホイールは28スポークを使用し、最も強いホイールシステムは通常32スポークを使用します。 これらの数字は決まっているわけではありませんが、一般的に言えば、スポークが多いほど強いということです。

 

したがって、ファットバイクのホイールセットを購入するときは、スポークの数、つまり穴の数を知る必要があります。 スポークが多いほど、バイクのホイールセットは強力になります。

 

スポークはホイールの感触も決定します。 スポークが重いとホイールは硬くなりますが強くなりますが、スポークが軽いとその逆になります。 たとえば、Sapim CX-Rayは、強度と重量の比率が優れているため優れたスポーク製品であり、ホイール構造で広く使用されています。 Sapim Forceスポークは、E-MTBおよび重力指向のホイール構造で使用するためにますます強力になっています。

まとめ

以上のガイドはファットバイク用に間違ったサイズのハブを購入するという落とし穴を回避できます。また、タイヤの正しいリム幅を確実に取得するための迅速で簡単なガイドです。 今やるべきことは、アルミニウムまたはカーボンファイバーのリムを買う余裕があるかどうかを調べることだけです。 カーボンを使用すると、軽量でチューブレスのセットアップが簡単になり、トレイルでの乗り心地が向上するため、カーボンファイバーを使用することをお勧めします。

ICANはカーボンファイバー製のファットバイクとファットバイクフレーム、ファットバイクホイールを全揃っております。皆様の自転車ライフをサポートいたします。

 

  • Sep 18, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません