あなたのブレーキにはこんな問題もありますか?

新しいロードバイクを買ったばかりなのに止まられい、異音発生などのトラブルが出てきました!

これらはパッドとブレーキに関係しているかもしれませんが、今日はこれら2つが新しいロードバイクのブレーキシステムにどのように影響するかについてお話します。

 

ブレーキ性能に影響を与える要因

要因1:ブレーキパッドに剥離剤が付着

剥離剤の薄層が新しいブレーキパッドの表面に取り付けられ、製造プロセス中の金型からの取り外しを容易にするための剥離剤です。

 ブレーキ

▲TRPブレーキパッド

 

要因2:ディスクに防錆油が付着

ディスクは、製造後および工場出荷前に防錆油の薄層でコーティングされており、ディスクが長時間放置されて錆が発生するのを防ぎます。

ブレーキ

1つ目と2つ目の理由を合わせることにより、ディスクと防錆油でコーティングされたディスクを2つの滑らかな「鏡」のように見せるための剥離剤の付着です。ブレーキをかけると、スリップしてロードバイクが止まりません。

 

要因3:接触面が最適な状態になっていない

新しいロードバイクにのライリンとディスクは新品でまだ使われない状態のため、接触面は最良の状態ではなく、ブレーキ効果に影響します。

両側が慣らし運転されていない場合、表面構造が若干うねります。一定の時間慣らし運転後、ディスクとリングの接触面が滑らかになり、ブレーキ効果が理想的な状態になります。

 

推奨の慣らし運転方法:

ロードバイクを乗る時、ブレーキレバーを両手で同時に押します、それともブレーキレバーを左右手が交互に押してディスクとディスクの慣らし運転をスピードアップし、ブレーキフィーリングとブレーキ性能を向上させます。

 ▲ICAN A18ロードバイク

  • Nov 30, 2020
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません