タダで自転車にカーナビを設置する方法

自転車通勤を始めたり、ロードバイクに乗ったりすると、ナビがほしくなってきます。

会社までの到着予定時間が分かったり、渋滞具合が分かったりします。

調べてみるとかなり高価なナビですが、タダで取り付ける方法がありますのでご紹介します。

 

ナビの有効性

「会社までの道なんてもう知っているから要らないよ」と言われる方もおられるかもしれません。

いつも全力でこいでいるから、大体同じ時間に着くし、わざわざ地図を見る必要を感じないという考えもあります。

 

筆者のご提案する使い方は、だからこそ時間を知って余裕がある分、普段と違う道を行ってみたり、普段立ち寄らないお店に寄ってみたりして、楽しみましょうと言うことです。

 

どれくらい時間に余裕があるのか分からないと焦ることもあります。

安心して行動するためには情報が必要です。

その中でも、時間にどれくらいの余裕があるか知るのは大事なことなのです。

 

ナビと言っても自転車用のナビは3万円~5万円位で売られています。

スピードメーターや心拍系も付いているのですが、やはり高価ですよね。

気軽に買える方はお金持ちだと思います。

 

普通にナビと言ったら、自動車用とバイク用があります。

どちらも電源が必要で自転車に乗せるにはちょっと不安があります。

そこでいい方法をお知らせしますね。

 

スマホのカーナビアプリを使う

自転車ナビ

自転車にスマホを固定するスタンドを買えば、スマホが固定でいます。

これでカーナビが使えます。

 

スマホでカーナビと言えばNAVITIMEが有名で、自転車用に高低差なども教えてくれるので、

ナビアプリでなくても、Google Mapならば自転車用の道も選べます。

自動車用とは違って細い道も選んでくれます。

自転車ならば渋滞は関係なさそうですが、渋滞情報も分かるので、走りやすい道が分かります。

 

スマホにできること

○自転車用ナビゲーション

Google Mapでは、自転車用の道を選んでくれるのですごく便利です。

残りの距離と到着予定時間が出るのもうれしいです。

もちろん、速度表示も出ています。

 

あんまり使わないけれど、方位磁針も付いているので、どちらが北かも分かります。

タイムライン機能では、どの道を通って、途中どこに寄ったかも記録されています。

 

○ドライブレコーダー

スマホのアプリにはドライブレコーダーも付いています。

万が一事故にあったときに、どちらが悪いのか記録になるし、信号無視で警察に注意されたとしても潔白を証明することができます。(安全運転してくださいね。)

 

ドライブレコーダーには、自分で記録しているので無意識に安全運転になると言う効果もあります。

 

それだけではなく、旅行動画として記録することもできて、地図と1画面に表示できるので臨場感を楽しめて、YouTubeなどにアップする人もいるほどです。

編集次第では楽しい動画になりそうです。

 

○心拍計

英語では、ハートレートモニターとも呼ばれています。

有酸素運動で効率的に脂肪を燃焼させるのは、最大心拍数の60~70%と言われています。

 

最大心拍数とは、一般的に「220-年齢」という計算で算出できます。

この心拍数を維持することで効率的に脂肪を燃やして、効率的にダイエットしようと言う考えです。

 

心拍計はスマートウォッチなどに付いているのですが、スマホに情報を吸い上げて心拍計の値をグラフで見せてくれます。

 

スマホだけで表示することもできるのですが、血流を見ているわけではないので、概要が分かる程度と思っていいでしょう。

 

このように、スマホを1台自転車に固定するだけでできることが格段に増えます。

しかも、新しいアプリは次々出てきていますので、タダで楽しめるというメリットもあります。

 

▲ICAN F1折り畳み自転車

 

まとめ

自転車用のナビは存在するけども意外と高価です。

スマホホルダーを購入して自転車にはスマホを固定しましょう。

それによりナビアプリやドラレコアプリ、ハートレートモニターなど欲しい情報がただで手に入るようになります。

 

効果的なダイエットのための情報や旅の記録もできるのでとても便利です。

ぜひ試してみてください。

 

 関連記事:楽しい自転車通勤のすすめ

 

  • May 13, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません