グラベルフレームの種類、素材には何がある?詳しく解説!

新しい自転車を探していますが、何を選ぶか本当に迷っている方が少なくないでしょう。なぜならたくさんのオプションがあるからです。最高速度を楽に得るロードバイク、地元の森で下り坂やテクニカルクライミング用のマウンテンバイク、街乗りに適している小柄のミニベロバイク、様々な選択肢があります。

ロードバイクとマウンテンバイク(MTB)両方の長所を生かすことができる自転車があると言ったらどうしますか? 実は本当に存在しています、これはグラベルバイクです。信じられないほど喜びますのでしょう。

 

砂利道に乗る — 新しい人気のサイクリングトレンド

グラベルロードバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクの交差点として分類できます。ある程度、グラベルバイクには、ロードバイクの速度と、マウンテンバイクの頑丈さという2つのモデルのメリットがあります。コンパクトな表面で軽量、高速、効率的ですが、十分な強度と安定性を備えています。

 

汎用性はグラベルバイクの人気の重要な要素です!その形状とライディング姿勢は、可能な限り過激で効率的ではありませんが、長距離の快適さと安定性に提供できます。グラベルバイクは多くのサイクリストにとって最良の選択となっています。

 

グラベルバイクの需要が高まるにつれ、グラベルバイクのフレームは多くの人気を得ています。これは確かにその用途の広い特性によるものです。長時間の自転車旅行に行きたい場合は、これはグラベルが最適です。グラベルフレームは、ロードバイクとマウンテンバイクの間のミッシングリンクと見なされます。しかし、すべてのグラベルバイクが同様の状況で同じように機能するわけではありません。

 

グラベルバイクの最も重要な部分の1つであるグラベルフレームは、グラベルバイクフレームのすべての機能を導入する必要があります。 この記事は、グラベルロードバイクのフレームを購入したら後悔しない購入ガイドです、ご参考になればと思います。

 

グラベルバイクフレームの魅力

最初に気付くのは、グラベルバイクフレームが軽くて速いことです。 速く走る必要はありませんが、おそらくこれらのグラベルバイクは、快適で快適でありながら、あらゆる地形で速く走れるように作られています。

 

グラベルバイクに乗ると、いつでもどこにでも行けます。例えば、街乗り、砂利道、打ち砕かれた舗装路など、ほとんどすべての路面状況に楽に乗れます。

また、グラベルフレームのライディングポジションはロードバイクと似ていますが、ジオメトリはそれほどアグレッシブではなく、遠距離対応に重点を置いています。 グラベルロードバイクは、レースをするためのものではなく、探索したり、友達と一緒に乗ったり、冒険を楽しむための自転車です。

  

どんなグラベルバイクフレームがあなたにぴったりですか?

新しいグラベルバイクフレームを選ぶ時は、数千以上の異なるオプションがありますが、どちらを選ぶのは良いか、どこに乗りたいのかを考える必要があるでしょう。また シングルトラックに乗ることを目標とする場合は、グリップ力のあるワイドタイヤを装着したバイクが必要ですが、ダーティカンザに乗ることを目指す場合は、頑丈な650Bスリックタイヤを備えた軽量カーボンフレームを検討したほうが良いでしょう。

 

主流のフレームのカテゴリー

オールロードグラベルバイクフレーム

これはグラベルバイクのオールラウンダーフレームで、グラベルバイク市場の最大の部分を占めています。このフレームは通常カーボンフレームです、そのため、軽量で取り扱いが簡単です。

 

ジオメトリは、クラシックなロードバイクまたはCXバイクに少しだけ直立してリラックスしたライディングポジションに近づき、最大40Cのタイヤを備えた700Cホイールが取り付けられています。 この自転車は、1日の外出後に目的地に到着し、家族と一緒にロードトリップをすることを目的としています。

 

これらの長距離旅行をするときは、バッグ、ウォーターボトル、さらには荷物ラックのための十分な取り付けポイントが必要になります。 パックされた自転車は、遭遇するすべての急な上り坂を乗り越えるために、間違いなく低いギア比を必要とします。ほとんどの場合、これらのグラベルバイクには、泥除けに合うアイレットもあります。

 

アドベンチャーグラベルバイクフレーム

このカテゴリーのグラベルバイクフレームは、オールロードバイクよりもヘッドアングルがさらに緩く、ホイールベースが広いマウンテンバイクから最大の影響を受けています。 フレームとフォークは、さらに大きなタイヤ、場合によっては29インチホイールで最大2.1インチのXCタイヤを収容するのに十分な大きさです。

 

このバイクはオフロードでの運転を目的としているため、ハンドルバーが大きいため、自転車の安定性が高まります。 一部のバイクでは、コントロールと快適さを向上させるためのサスペンションフォークもあります。 グラベルバイクのこのセグメントには、耐久性と堅牢性のあるコンポーネント、より大きなディスクブレーキ、さらにはマウンテンバイクでおなじみのドロッパーポストが装備されています。このバイクはマウンテンバイクとそのDNAを共有していますが、舗装道路や砂利道ではマウンテンバイクよりも高速です。

 

バイクパッキング砂利バイクフレーム

週末の旅行や海外での夢の長距離アドベンチャーでは、技術的な問題やフレームの破損の可能性を最小限に抑えながら、投げたものに耐える砂利フレームが必要になります。 これは、スチールまたはアルミニウムのフレームバイクを探していることを意味します。これにより、バイクにかかる重量をあまり気にせずに旅行に出かけることができます。

 

これらのグラベルバイクフレームは、毎日多くの距離をカバーすることを目的としています。 あなたが探しているのは、泥だらけの砂利道、アルプスでのアスファルトの巻き取り、急な上り坂の開始など、快適さを損なうことなくあらゆる状況に対応できるバイクです。

 

これらのフレームには、バランスの取れたジオメトリと人間工学に基づいたコックピットが付属しており、サドルに何時間もいるときに最も快適に過ごせます。

これらのバイクのもう1つの重要な側面は、コンポーネント、技術、取り付けポイントです。 コンポーネントは、その目的に適している必要があります。 これは、54tチェーンリングを備えたロードバイクグループセットや小さなカセットを備えた1xシステムではなく、賢明なグループセットを意味します。

 

急な下り坂であなたとあなたの荷物を止めるには、大きなディスクブレーキが必須です。 最も重要だが見落とされているコンポーネントの1つはタイヤです。バイクパッキングの冒険には、転がり抵抗が低く、耐パンク性に優れたグリップ力のあるオールラウンドタイヤ、できれば700 x 45C以上のタイヤが必要です。フォークとフレームのケーブル配線に多くのボルトが固定されていることが重要であるため、これにより簡単になります。あらゆるタイプのバイクバッグを取り付けてアクセスできます。

 

レースグラベルバイクフレーム

これらのバイクフレームは、完全にこのカテゴリの他のスペクトルにあります。名前通り、このバイクはすべて最高速度に関わるのです。 ジオメトリは、ロードバイクにさらに傾いた、よりアグレッシブで空力的なスタンスに向けて最適化されています。コンポーネントとフレームも軽量化され、最大の重量を削減するために、よりハイエンドになります。

このカテゴリーでは、カーボンまたはカスタムチタンフレームセットがより一般的です。この素材は振動をより吸収して減衰させる傾向があるため、レースがより快適になり、快適なバイクが体をより長く新鮮に保ちます。 このカテゴリーで最もよく知られているバイクの1つは、スペシャライズドダイバージです。 

 

フレームにはどの素材を選択したらよいか?

フレームの種類が重要であるだけでなく、フレーム自体の素材もニーズによって異なりますが、最も重要なのはご予算です。完璧なバイクパッキングバイクを探している人がカーボングラベルフレームを見ないことは明らかです。フレームを割ることなくバイクパックの重量を支えることができる、より頑丈なフレームセットが必要です。フレームを作るための材料にはさまざまな種類があります。各素材の特性が異なります。価格が異なります。 これらのフレーム素材について簡単に説明します。現在の主流のフレーム素材は、アルミニウムとカーボンファイバーです。

 

 

スチールフレーム

スチールは非常に丈夫な素材です。 ただし、バイクフレームのプロパティは、メーカーによるチューブの選択にすべて依存します。 安価でありながら非常に重くて頑丈なフレームから、ハイエンドの超薄型鋼管構造までを見つけることができます。このプレミアムフレームはかなりの値段ですが。ただし、通常、特にバイクパッキングには、より堅牢なフレームが使用されます。

 

アルミフレーム

アルミニウムは、製造するのに最もコスパ高いフレームの1つです。それらは、より予算にやさしいレベルで、カーボンフレームと実質的に同じ剛性を提供します。アルミニウムには減衰特性がないため、乗り心地を妥協する必要があります。ただし、カーボンフォークとハンドルバーを組み合わせたアルミニウム製のグラベルバイクフレームは、それでも非常に楽しいものです。

 

カーボンフレーム

最も人気のある選択肢は、カーボン製のグラベルフレームです。これらのグラベルバイクは非常に軽量で剛性があります。カーボンフレームにはいくつかの欠点があります。衝撃による損傷が常に見えるとは限らない場合です。

 

おすすめのグラベルバイクフレームはありますか?

十分な予算がある場合は、カーボングラベルバイクフレームのブランドに検討するのがおすすです、例えば、キャノンデール、ディアニマ、ファクター、モザイク、トレックなど。

しかし現実には、一部の大手ブランドは、グラベルバイクフレームではなく、完全なグラベルバイク全体のみを販売しています。 したがって、グラベルバイクフレームセットの多くのオプションを見つけることは難しいです。

幸いなことに、中国には高品質のグラベルバイクフレームメーカーがたくさんあります。 それらはまた品質において非常に信頼できます。グラベルバイクの初心者の方は、中国でグラベルバイクのフレームセットを購入することをお勧めします。ICANは、中国のグラベルバイクフレームメーカーの1つです。7万円の予算で、ICANJP公式サイトで2021年に最高のグラベルフレームを手に入れます。

 

チタンフレーム

チタンフレームははその見た目と特別な特性により、非常に人気があります。

スチールのように軽量ですが、頑丈で、優れた減衰特性を提供します。さらに、チタンは完全に耐食性があります。すべてのバイクフレーム素材の中で、これは最も高価なものです。チタン原料は非常に希少で、チタンフレームの製作は人件費がかかり、取り扱いが容易ではありません。これが、ほとんどのチタンフレームがカスタムビルドである理由です。

 

中古のグラベルロードバイクフレームをお勧めしますか?

新品?中古のグラベルフレーム?どちらを購入しますか? これはあなたが自分で決めることです。経験によれば、最初の1,500 kmを過ぎると、自転車はチェーンやタイヤの交換などのメンテナンスが必要になりますが、フレームの影響は少なく、優れたグラベルロードフレームは何十年も使用できます。そのため、ご予算が余裕があまりないときは、中古市場で安いグラベルフレームを選択してもよいでしょう。

 

良いカーボン製のグラベルバイクフレームの値段はいくらですか?

現在、市場に出回っているカーボングラベルフレームのブランドは13万以上で売られています。 しかし、中国で10万以下で良いカーボングラベルフレームを見つけることができます。ほとんどのグラベルフレームメーカーは、大手ブランドフレームのファウンドリが集まる中国から来ています。

 

最後に

グラベルフレームを購入する価値があると思いますか? あなたが私に尋ねるなら、あなたがローディーであろうとマウンテンバイカーであろうと、誰もが少なくともグラベルバイクを所有しているべきです。 グラベルバイクは、決して訪れることのない道にあなたの世界を開くことができます。あるいは、道路が泥だらけでマウンテンバイクに乗れない間、長いウェットオフシーズン中にあなたの状態を維持するのに役立ちます。グラベルバイクではすべてが可能です。やりたいことは何でも、ニーズに合った適切なフレームを確実に見つけて、人生で最高の時間を過ごすことが一番でしょう。

 

  • Jul 24, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません