2019DTハブホイール人気ランキング
楽しく通勤するには?
Aug 02, 2019

楽しく通勤するには?

ラストワンマイル問題と呼ばれる交通問題があります。ラストワンマイル問題が交通問題に使われるとき、それは人々が出勤時にどうやってバス停や駅から仕事先まで行くのかに関係しています。私たち自転車乗りにとって明らかな答えは自転車です。 自転車業界もこれに熱心で、都市部での自転車利用にはさまざまな解決策があります。折りたたみ自転車が手に入ります。ハイブリッド車もあります。これらの解決策の問題点は、それらが時々少し控えめであることです。彼らはあまりにも実用的過ぎて、サイクリングとしての楽しみがなくなってしまったかのようです。 これは是正ことができると思いました。私たちはあなたが仕事に行くのに乗り、1日の残りの時間があなたの気分の高みで溶けてしまうほど爽快な気分になってほしいのです。風が髪に吹き込むのを感じます。あなたの自転車が耳から耳へと微笑んでくれるように、また再び子どもになったときの気持ちを思い出させてくれるようなサイクリングをしたいのです。 あらゆるディスクブレーキ付ハイブリッド自転車を都会的な自転車に変えるために、私たちはAero35ディスクホイールをお届けします。 Aero35 デイスクホイールセット Aero35は頑丈なホイールセットです。ロードバイク専用ではありません。東レT700とT800のカーボンファイバーを組み合わせて作られたこれらの製品は自転車をより軽く、より速くするためのアップグレードです。新しいホイールセットは、新しい自転車を手に入れたような気分にさせる優れた方法です。Aeroホイールは、新しい自転車だけでなく、まったく異なる自転車を手に入れたような気分にさせてくれます。 私たちのエアロホイールはとても軽いです。従来のFast and Lightシリーズよりも約100g軽くなりました。これらのホイールの軽さは、あなたが信号からのスタートを助け、あなたの自転車を素早く簡単に加速させるでしょう。 いったん速度を上げてしまえば、これらのホイールを失いたくないと思うでしょう。幅が広くて丸みのあるリムプロファイルのエアロ機能は、空気を切るのに役立ちます。誰かのすぐ後ろに座らなくても交通渋滞を起草しているかのようになります。 チューブレスレディパフォーマンス 街乗りや通勤で一日を台無しにする最も手っ取り早い方法の一つは、パンクすることです。パンクすることで晴れた日を、まるで雨の日にように変えてしまいます。Aero35のホイールセットはチューブレス対応になっているのはそのためです。 チューブレスタイヤとシーラントを装着すれば、通りに捨てられたゴミやがれきなどに悩まされることはなくなります。また、タイヤの空気圧を低くすることもできるので快適性も向上します。都会を走ってるときに、でこぼこのある道にに悩まされたり、疲労に苦しむことは少なくなります。 私たちのホイールは低い空気圧と幅広いタイヤでエアロの利点をもたらします。タイヤ幅が広いとタイヤとリムの周りの空気の流れをガイドするのに役立ちます。空気抵抗が少ないほど、より少ない労力でより速くなります。 35mm ディープリム リムは深さが35mmなので、脇道を通り過ぎるときに突然風に吹かれてもふらついたりすることはありません。私たちの35mmの深さのリムは、ほとんどのヨーの角度で横風をカットできるように設計されており、不快な驚きからあなたを保護します。 私たちは私たちのカーボンファイバー製のリムに誇りに思ってます。高品質で強度と軽量性を兼ね備え、しかも手頃な価格であることから、ロードバイクの世界で長年愛されてきました。 都会の自転車乗りにこれらの全く同じ資質が提供される時が来ました。...
もっと読む
グラベルバイクとシクロクロスバイクの違いは何ですか?
Jun 29, 2019

グラベルバイクとシクロクロスバイクの違いは何ですか?

グラベルバイクが必要だと書かれたサイクリングメディアをたくさん見たことがあるかもしれません。グラベルバイクとシクロクロスバイクの違いを理解しようとしているのではないでしょうか。私たちはあなたのための答えを持っていて、それがただのマーケティングではないことを知ってください。 グラベルバイクとは何ですか?グラベルバイクは、グラベルトラック、運河の側道、オフロードセクションでも乗ることができるロードバイクです。これらの自転車はロードバイクよりも強度があり、より幅の広いタイヤを装着することができ、またサイクリングやツーリングに行くためのさまざまなマウントが付いていることもあります。 クロスバイクはグラベルバイクは違う種類です。自転車業界がクロスバイクを買うようにだましているのではないかと心配する人もいるかもしれません。 グラベルバイクとシクロクロスバイクのジオメトリー グラベルバイクをどう使うかと、ロスバイクをどう使うかを考えると、なぜ別のジオメトリが必要なのかがわかります。グラベルバイクだとサドルに数日も、場合によっては何日も乗ることになります。あなたは荒野に出て、あなたが選んだルートはあなたにいくつかの驚きを与えるかもしれません。自転車で乗り上げることもあるので安定した乗り物が必要です。荒れた田舎道を走るときに投げ出されないような自転車がいいですね。 シクロクロスは冬のぬかるんだ野原を走るったりするものです。サドルから乗り降りして障害物を飛び越えたり、自転車を四隅にぶつけたり、溝を避けたり、氷や雪に対処したりするのに1時間を費やすことになるでしょう。この自転車はスプリントスタイルのイベントで速く走るように設計されています。 つまりシクロクロスバイクはグラベルバイクよりもアグレッシブな角度を持つ傾向にあるということです。一つは持久力のために設計され、もう一つはスプリントのために設計されています。 グラベルバイクの進化の一部は、エントリーレベルのクロスバイクが、以前はウォーターボルトマウントやフェンダー、パニエ型のマウントが付いていたことにあります。これはあなた達がより良い買い物をするために設計されました。通勤にも使う人はそれらを購入し、週末にシクロクロスに浸かることができます。現在ではこれらのマウントは一般的にグラベルバイクに使用されており、グラベルバイクとクロスバイクの間には大きな違いが1つあります。 シクロクロスバイクのスタンドオーバーハイト シクロクロスのフレームには肩掛け用のフレームが付いています。そのためクロスバイクはロードバイクよりも前三角が大きく見えます。またオフロード時のクリアランスのためにボトムブラケットの高さも高くなっていました。これらを合わせると普通のロードバイクよりもスタンドオーバーハイトが高くなります。それで人々はスタンドオーバーハイトに合わせてサイズダウンします。 トップチューブが短くなるため、これはしたくありません。もう1つの問題はスタックの高さです。レースバイクのようなクロスバイクはスタックの高さが低いのが特徴です。 スタックハイトとは何ですか? スタックハイトはバイクのフィッティングにおいて重要な測定値です。フレームのボトムブラケットの中心からフレームのヘッドチューブの上部中央までの垂直距離を測定します。 グラベルバイクのスタックハイトはコミューターにフィット あなたはプロライダーが、ステムを叩いてるのを見たことがあるでしょう。彼らは可能な限りステムを低くし、バイクのスタックに何も追加していません。中にはスタックを下げてる人もいるかもしれません。しかしこれらの人々はマッサージ師、カイロプラクター、医者を呼んでいる。彼らはまた生活のために自転車に乗ったりしないでしょう。一日中机に向かって座っているとしたら、プロライダーのように柔軟になれるでしょうか? 答えはおそらくノーですう。それがスタックが重要な理由です。あなたは低いスタックの高さに合わせて曲げることができますか?ほとんどの人はできません。シクロクロスバイクはレーサー用に低いスタックを持つように設計されています。小さな自転車に乗るとこのスタックはさらに小さくなります。あなたがこれするならばヨガを始めたくなるでしょう。 グラベルバイクの方がスタックが大きいです。どうして彼らはこうするのか?ヘッドチューブの長さはクロスバイクよりも長いです。これで低いスタックよりも少し上に座ることになります。そうすると背骨や腰への負担が少なくなります。腰痛が少なく足の付け根の痛みを和らげる効果があります。誰も足の付け根に痛みを求めません。自転車に乗るのがもっと効率的だと感じるかもしれません。 あなたが通勤で使うなら、より高いスタックの方がいいです。 グラベルバイクとシクロクロスのヘッドアングル 自転車のフレームのヘッドチューブの話はこれで終わりではありません。シクロクロスのフレームはレース用に設計されています。高速で回ったりするように設計されています。グラベルバイクは快適さを追求して設計されており、十分な負荷をかけたツーリングが可能です。 したがってこの2つの自転車には異なるヘッドアングルが必要です。クロスバイクはヘッドアングルが72度から73度くらいになります。するとグラベルバイクの方がアングルが浅いことがわかります。アングルを浅くすると、特にグラベルを満載した状態で降下する場合に、より安定した状態になります。...
もっと読む
ショッピングカート
0
カートに商品はありません