ボクとファットバイクとの出逢い

ある日、いつものサイクルショップの前を通りかかると、店先にモーターサイクルのような極太のタイヤを付けた自転車が停まっていた。

思わず店内に入り、店長に声をかける。

すると、それが、ファットバイクという、MTBの派生種であることがわかった。

店先のファットバイクの値段を聞くと20万円くらい。やはり、そこそこの値段だ。

しかも、店長の指差す先には、さらに存在感のある別のファットバイクも置かれていた。

こうして、ボクは、いきなりファットバイクとの出逢いを果たすことになるのだった。

 

店内に置かれた方のファットバイクの値段はさらに高く、30万円近いものだった。

近寄ってみると、フレームはカーボンで、フロントサスやドロッパ―ポストまで付いていた。

ファットバイク

※ MTB  : マウンテンバイクのこと オフロードを豪快に走り抜けられるスポーツバイク

※ フロントサス : MTBに見られるような形式のサスペンション付のフロントフォーク

※ ドロッパ―ポスト : 本格MTBに付いているのと同じシートポストを上下できる装置。ダウンヒルの時サドルを下げて、体重移動を容易に出来るようにするもの

 

ファットバイクのフレームは、基本骨格がMTBを踏襲したものであることが見て取れ、その用途は容易に想像できた。オフロードである。

しかし、ここで新たな疑問が生まれる。

MTBよりさらに太いタイヤがなぜ必要なのか。重いだろうし、ウケを狙ったカッコだけのモノではないのか?

 

店長は、ニッと笑って、パソコンをこちらに向け、動画を再生し始めた。

画面には雪山がひろがっていた。

ロープウェイにファットバイクが積まれている。

頂上にロープウェイが着くと、雪の上に数台のファットバイクが並んでいた。

まさか???

次の瞬間、ファットバイクはスキーの林間コースを走り始める。

ある程度踏み固められた雪面を、バイクたちはハイスピードで駆け下りてゆく。

 

これが気持ち良くないワケがない!!

動画を見終わって軽い興奮状態のまま、再びファットバイクを子細に見る。

タイヤには小さな円形のくぼみが無数に見える。

ここにスパイクを打つことができるのだそうだ。

雪道で最強の存在だ。恐れ入る。

それにしても、想像を絶する太いタイヤ。さぞかし重いのでは?

 

店長が、持ち上げてごらん、と促す。

持ち上げてみる。

軽い!?

見た目の重量感とまったく釣り合わない軽さ。これならMTBと大して変わらない車重のはずだ。

 

店長が、意味ありげに微笑みをうかべる。

「乗ってみる?」

 

「No,」 と言える理由などどこにもない。

店先に置いてあるファットバイクは試乗車だった。

「タイヤの空気圧は街乗り用にちょっと高くしてあるからね」

 

またがってみる。乗車感覚はやはりMTBのそれだ。

走り出す。いきなりタイヤがすごいロードノイズをたてる。MTBの比ではない。

想像通りのクッション感に包まれた太い乗り味。しかし、決して重く感じない。

ファットバイク

なんだか視線を感じる。

街中で、これ以上インパクトのある自転車をボクは知らない。

気恥ずかしさが、高いテンションによって塗り固められてしまう。

リフトアップしたオフロードカーの乗り手も似たような気分を味わっているのではないか。

これにハマる人は必ずいる、そう確信した。

 

店に戻り、簡単な感想を伝えると、店長が再び話し始める。

このタイヤは、空気圧を変えることによって走行シーンに応じた走りが可能とのこと。

空気圧を指定の最大にすると、26インチながらMTBの29erほどの外径となり、高速走行すら可能になるという。それは、MTBタイヤの変化の比ではないらしい。

悪路でのエアボリュームが果たす役割は絶大で、サスペンションなしでもショック吸収力は充分だ。

それは、さきほどの試乗で存分に伝わって来ていた。

 

※ MTBの29er : MTBのタイヤには26インチ、27.5インチ、そして29インチのサイズがある。最大の29インチは29er(twenty niner)と呼ばれる

 

店長は、タイヤに関して、もう一つの楽しみがあると教えてくれた。

チューブレス化である。

ファットバイクのチューブの重量は1本4~500gと重く、これをチューブレス化することにより軽量化が可能になり、走りを変えるとのこと。

 

※ タイヤの軽量化 : 自転車の中でもタイヤ・ホイールの軽量化の効果は顕著で、最初に交換を検討すべきパーツと言われている

 

時計を見る。いかん、ショップで長居をしてしまった。

店を出て、自分のクロスバイクに乗り換えたとき、なんて華奢な自転車なんだろうと笑ってしまった。

 

家に帰り、ボクはICANのHPをひらく。

そこからファットバイクのカタログページに飛び、むさぼるようにオレンジ色の車体を眺め始めていた。Ⓗ

【ICANファットバイク公式HP】

 

ICANファットバイク

ICANは2種類の本格的なファットバイクを用意しています。

 

〈SN04シリーズ〉

ICANファットバイクのフラッグシップモデル。

フルカーボン、フルサスペンションを備え、装備により3つのバリエーションがあります。

重量は15.95kg、価格帯は352,590円~427,695円です。

ICANファットバイク

 

〈SN01シリーズ〉

フルカーボンの高性能モデルです。3つのバリエーションがあります。

重量は12.38kg~と軽量で、価格帯は249,970円~317,345円です。

ファットバイク

 

関連記事:自転車に乗っていたら絶対分かる!自転車あるある

 

  • Aug 03, 2021
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください

ショッピングカート
0
カートに商品はありません