DTホイールのお手に入れに使用コード: DTSALE002¥10,000オフ
夜のサイクリングのための6つヒント
Nov 30, 2019

夜のサイクリングのための6つヒント

太陽が沈んだからといって自転車に乗るのをやめる理由になりません。良質のライトと正しい姿勢で、夜になってもアウトドアでのライディング時間を延ばすことができます。満月の下で澄み切った夕方にサイクリングするのは爽快な体験です。そこで、夜行ライディングための6つのヒントを紹介します。 1、ライト  明らかに良い照明が必要になります。幸いなことに、最近では、あまりお金をかけずに非常に明るく長持ちする照明を手に入れることができます。 LEDテクノロジーはサイクルライトを変革しました。これは、常軌を逸した自転車ライトの時代とはかけ離れています。 照明のない田舎道に出て行く場合は、道を照らし、くぼみやその他の隠れた危険を明らかにするのに十分な明るさのフロントライトが必要です。 後部ライトもつけて明るくしよう。ただし両方のライトの実行時間は、予定されている乗車時間を超える必要があります。 後部のライトが不可解に故障した場合に備えて、いくつかの小さなバックアップライトを携帯するのが賢明です。 後悔するよりも安全である方が良いでしょう。 明らかに、ライトの実行時間が計画されたライドの長さを超えていることを事前に確認しておいてください。 2、反射服 夜間のライディングには照明は明らかに重要ですが、反射服の価値を軽視しないでください。 今の市場では完全な360度の反射率を提供している反射服がカンタンに手に入れます、過去数年で反射服の選択肢が大きく改善されました。数年前の調査では、ペダリングによる上下の動きが背中の大きな反射ストライプよりもドライバーの目を引くことがあることが示されているので、反射ペダル、オーバーシューズ、または足首バンドについても考えてください 。 また、自転車に反射テープを追加することも適切な手段となることを検討してください。  3、ルート計画を立つ 乗り体験から何を得るかによって、構造化されたトレーニングセッションであるか、単にマイルを獲得するかどうかに応じて、前もって計画し、自分の頭またはコンピューターにルートを設定することは有用な助けになります。夜間は3時間の長時間の安定したライドを行う時間ではないので、週末のためにそれを節約し、代わりに本当に効果的な1時間のライドのための短い集中セッションを考えてください。 繰り返し乗ることができる丘のある短いループを選択して、ライディングに何らかの構造を提供します。家に近い短いルートに乗ることは、何かが起こった場合に理想的です。 また、慎重に道路を選び、路面の粗さが悪い道路や穴の多い道路を避けることも非常に重要だと思います。  4、パートナーと一緒にまたはグループに参加して乗る 友人やグループと一緒に乗ることは、夜の乗り物に近づく良い方法です。...
もっと読む
ショッピングカート
0
カートに商品はありません