リムハイト:バイクパフォーマンスの決め手と選び方

によって nicole hu で March 08, 2024

リムハイトは、ロードバイクの性能において決定的な要素の一つです。これはリムの高さを指し、その選択はバイクの挙動や乗り心地に大きな影響を与えます。本記事では、リムハイトに焦点を当て、その特徴と選び方について詳しく探ります。そして、ICANの進化した製品ラインナップも紹介します。

リムハイトの基本知識

低プロファイルリム: 低プロファイルリムは、その名の通りリムの高さが比較的低いものを指します。一般的には20mm〜30mm程度の高さがあります。低いリムハイトは軽量であり、風の抵抗が少ないため、登坂や加速に向いています。また、風の影響を受けにくいため、安定感があります。

ミッドプロファイルリム: ミッドプロファイルリムは、30mm〜50mm程度の高さを持つものです。この中間の高さは、登坂性能とエアロダイナミクスのバランスを取りたいサイクリストに適しています。風の抵抗に敏感ながら、高い安定感も持ち合わせています。

ハイプロファイルリム: ハイプロファイルリムは50mm以上の高さを誇ります。これはエアロダイナミクスを最大限に活かすための設計であり、風の抵抗を削減して高速巡航をサポートします。ただし、風の影響を受けやすいため、風向きや状況に注意が必要です。

リムハイトの影響

エアロダイナミクス: リムハイトはエアロダイナミクスに直結します。ハイプロファイルリムは風を切る効果が高いため、直線的な高速走行において優れた性能を発揮します。一方で、低プロファイルリムは風の影響を受けにくいため、登坂や変動の多い走行に向いています。

横風への対応: ハイプロファイルリムは横風に対して影響を受けやすい傾向があります。特に強風時には安定感が損なわれることがあります。逆に低プロファイルリムは横風への対応が優れており、安定感を維持しやすいです。

重量と加速性能: 低プロファイルリムは一般的に軽量であり、その軽さが加速性能に直結します。登坂やスプリントが得意な特性を持っています。ハイプロファイルリムはエアロダイナミクスを重視するため、一般的にはやや重量がかかりますが、高速巡航時のパフォーマンスが向上します。

リムハイトの選び方

ライディングスタイル: 自分の主なライディングスタイルに合ったリムハイトを選ぶことが重要です。長距離ツーリングや登坂がメインの場合は低プロファイルが適しているかもしれませんが、レース志向や高速巡航を重視するならハイプロファイルが良いかもしれません。

リムハイトホイール

ICANの進化した製品ラインナップ

ICANは常に最新の技術と素材を駆使し、自転車ホイールの製造において進化を続けています。現在の製品ラインナップには、35mmから86mmまでの様々な高さのリムが揃っています。これにより、サイクリストは自身のライディングニーズに合った最適なホイールを選択できます。

ICANのホイールは軽量でありながらも頑丈な構造を持ち、最新のエアロダイナミクスを取り入れたデザインが特徴です。耐久性とパフォーマンスを両立させた製品は、多くのサイクリストから高い評価を得ています。さらなる進化を遂げたICANのホイールで、新たなサイクリングエクスペリエンスをお楽しみください。